その情熱、実現させよう。



片柳放送センター 次世代映像コンテンツの発信基地 片柳放送センター完成!

映像制作のすべてがワンフロアで完結するスタジオが誕生!

日本工学院 蒲田キャンパス3号館の16階に放送芸術科の新施設「KCfBC」(片柳放送センター)が誕生しました。次世代型映像コンテンツ制作の拠点となるここには、30台の新機能小型カメラや、20台のノンリニア編集マシン、そしてテレビ番組収録用のセットが常設された「レインボースタジオ」をはじめ、ハイグレードな設備・機材を完備。プロの現場で行われる映像制作一連のプロセスを行うことのできる施設をひとつのフロアに集約しました。授業でフル活用するのはもちろん、授業で身につけた知識とスキルをベースに、放課後にも利用可能!実践的にプロのスキルを身につけることができ、次世代の映像クリエイターをめざすには最適の環境です。

ワンフロアで映像制作の一連の流れがすべて体験可能
プロの現場と同様の施設・設備を自在に使いハイレベルな学びを実現!

レインボースタジオ

レインボースタジオ

片柳放送センターの中核となる、プロ仕様の設備を備えた新スタジオ。プロの美術スタッフがデザインした歌番組と情報番組のセットを常設し、日本のスタジオでは初めてDMX信号対応ライティングレールを導入。幅広いジャンルの番組収録が可能な撮影用スタジオです。

レインボースタジオでは、放送芸術科の学生が、声優・演劇科やダンスパフォーマンス科などの学生とのコラボレーションで様々な番組制作が可能です。

副調整室

映像・照明・音声などの操作をはじめ、撮影の進行やカメラのスイッチング、スタッフや出演者の指示も行う副調整室はレインボースタジオの司令塔。

メイクルーム

出演者が着替えやメイクを行うメイクルーム。壁面に大型ミラーを備えているほか、利用しやすさを追求。レインボースタジオの向かいにあり、出演者の移動もスムーズに行えます。

楽屋

出演者がゆったりとくつろげ、番組収録前の打ち合せなどにも適した楽屋。大きな窓からは蒲田の街が一望できます。

ラウンジ

企画会議や、スタッフのミーティング、収録途中の休憩などにも利用できる多目的ラウンジです。

CGルーム

CG制作やCG合成などの作業を行う、Avid Media Composer、After Effectsなどプロ仕様のソフトを完備。ひとりに一 台のPC環境で、映像編集ソフトについてじっくりと学ぶことが可能です。

編集室

コンピュータに映像データを取り込み編集していくノンリニア編集、そしてテープを使って編集作業を行うリニア編集というプロの現場で行われている2種類の映像編集作業が体験できます。

編集室

MAルーム

  • MAルーム
  • MAルーム

5.1chサラウンドに対応した最新の音環境を持つMAルーム。音声の調整や効果音の録音、ナレーション収録などの作業を行います。アナウンスブースも併設するなどプロユースの設備が充実しており、最新のMA技術を学ぶことができます。

試写室

話題の4Kモニターを設置したプレビュールーム。完成した作品をチェックし、すぐに制作に反映することが可能です。

従来のテレビスタジオも稼働中!

蒲田キャンパス3号館地下では、テレビスタジオA・Bも稼働中。テレビ局と変わらないプロ仕様の機材を完備し、片柳放送センターとの連携で、より実践的で高いレベルの実習を行うことができます。

映像制作、放送コンテンツ制作が学べる学科

放送芸術科

テレビ・放送業界をめざす6つのコースを設置。テレビ・放送業界の第一線で活躍する講師陣による、ハイグレードな設備・機材を使った実習で、実践的にプロの技術を身につけ、放送業界・映像業界で活躍する次世代のスタッフをめざします。

オープンキャンパスに参加して片柳放送センターを体験しよう!

日本工学院 蒲田キャンパス 放送芸術科のオープンキャンパス+体験入学では、レインボースタジオをはじめとする片柳放送センターの最新鋭の施設・設備を見学、実体験できるプログラムを実施。映像業界、放送業界に興味のある方、テレビの番組づくりなどを体感したい方はぜひご参加ください。