その情熱、実現させよう。



KDfDA 八王子校 放送芸術科 専用スタジオ

映像制作を学ぶための理想的環境を追求。最先端スキルを習得可能な新生スタジオ
日本工学院八王子専門学校の片柳センターフォーデジタルアーツ(KCfDA)内にある放送芸術科の実習施設が、日本工学院専門学校(蒲田校)につづき、最新スペックを備えた新スタジオへと生まれ変わりました。学生たちの学びの拠点「デジタルオープンスタジオ」には、業界最高水準のフルハイビジョンカメラやLED照明灯体を導入。また副調整室(サブコントロールルーム)は、全てを液晶モニターに一新するとともに、より授業をわかりやすくするための定点カメラなど、教育的な視点を取り入れた新システムを採用しています。ハイグレードな機材を用いた学習により、これまで以上に高度なスキルが習得可能です。

業界最高レベルの機材・設備が集結!最新の映像技術が学べる場所です。

デジタルオープンスタジオ[1F]
撮影、照明、音響などテレビ局と同等の設備を備えた大型スタジオ。フルハイビジョンカメラの導入により、よりハイレベルな撮影スキルを習得可能。環境に配慮したLED照明も採用しています。
テレビスタジオ[1F]
クロマキー合成などにも対応可能なテレビスタジオ。最新の移動式サブコントロールシステムを採用。屋外での撮影実習や中継実習など、幅広い撮影スキルを身に付けることができます。
副調整室(サブコントロールルーム)[1F]
映像、照明、音声などの操作や撮影進行、カメラのスイッチングなども担う副調整室は、液晶モニターを採用するとともに、各調整卓も刷新。学生の授業理解度を高めるため、各卓に定点カメラを配置した点も特長です。
プレビュールーム[1F]
撮影・編集した映像を試写するためのプレビュールーム。4K対応モニターを新たに揃え、快適な環境で映像チェックを行うことができます。
リスニングルーム[1F]
最新のスピーカーシステムを備えたリスニングルーム。撮影した映像の音声チェックや、音響実習などで使用します。
編集ライン[2F]
コンピュータを用いて映像編集やCG合成などを行う編集ライン。最新機材を導入し、コンピュータに映像データを取り込んで編集するノンリニア編集の知識・技術を業界標準レベルで学習可能です。

新スタジオの特長

2014年5月にフルリニューアルを果たした放送芸術科の実習施設・設備。フルハイビジョンの最新型デジタルカメラを導入したデジタルオープンスタジオをはじめ、すべてにおいて最高スペックを追求。学生のスキルアップを第一に考えた施設・設備環境をくわしくご紹介します。

フルハイビジョンカメラ
デジタルオープンスタジオの実習用カメラとして、最新のフルハイビジョンカメラを採用。カメラの数も増やしたことで、学生一人あたりの実習での使用時間も大幅にアップしました。また、照明はLED照明を33台導入。環境にもやさしいスタジオです。
液晶モニター
番組制作をつかさどる副調整室のモニターが、従来のブラウン管型から全て液晶モニターへとグレードアップしました。
XDCAM&ブルーレイシステム採用
番組実習の収録では、プロの現場で使用しているブルーレイディスク仕様のXDCAMを採用。収録機4台を常備し、撮影した映像をすぐにチェックして、編集作業をスムーズに行うことができます。
天井カメラ
副調整室の各卓に天井カメラを配置。これにより、講師がスイッチングの手本を見せる際に、手元がモニターに映し出されるので、大勢での授業でも学生一人ひとりの理解度が高まります。
LED照明
デジタルオープンスタジオの照明灯体にLED照明を導入。スタジオ全体のエネルギー使用量を抑えることで、地球環境にも配慮しています。
新編集システム
映像の編集やCG加工を行う編集ラインに、最新のAVID(ノンリニア編集機)15台を完備。マシンルームに新たに導入した素材共有サーバUnity ISIS5500(アイシス)によって映像データを一括管理し、リアルタイムで一度に15台のAVIDで編集が可能になりました。
移動式サブコントロールシステムを一新
屋外での撮影などに使用する移動式サブコントロールシステムが最新モデルへとリニューアルしました。スポーツ番組制作など、映像を中継するためのスキルもしっかり学習できます。
4K対応モニター
プレビュールームのモニターが、話題の4K対応モデルに。実習で撮影・編集した映像を、より鮮明で美しい画質で視聴できるようになりました。

From Teacher 最先端の映像技術を実践的に学べる環境です

専門学校 日本工学院の放送芸術科は、長年の教育実績があり、これまでに多くの映像技術者を輩出してきました。この間に放送業界の技術は飛躍的に進化を遂げ、今はデジタルハイビジョン時代の全盛と言えるでしょう。そこで本校でも、最先端の技術・知識を習得できるよう、教育環境をフルリニューアルしました。実習で使用するカメラには、フルハイビジョンデジタルカメラの最新モデルを採用。また副調整室のモニターもすべて液晶にし、操作卓も一新しました。各操作卓の上には天井カメラを据え置き、講師による操作が学生全員に見えやすいように工夫するなど、教育的な観点に重きを置いた仕様となっています。テレビ局と同等の最新機材をそろえたこのスタジオでは、ドラマ・バラエティ・音楽番組など、様々な番組制作実習を行い、放送スタッフのチームワークを身につけていきます。新しくなったスタジオは、オープンキャンパス+体験入学で実際に触れることができます。ぜひ一度八王子キャンパスへお越しください。

映像制作、放送コンテンツ制作が学べる学科

放送芸術科

テレビ・放送業界をめざす6つのコースを設置。テレビ・放送業界の第一線で活躍する講師陣による、ハイグレードな設備・機材を使った実習で、実践的にプロの技術を身につけ、放送業界で活躍する次世代のクリエイターをめざします。

オープンキャンパスに参加してKCfDAを体験しよう!

日本工学院 八王子キャンパス 放送芸術科のオープンキャンパス+体験入学では、デジタルオープンスタジオをはじめとするKCfDAの最新鋭の施設・設備を見学、実体験できるプログラムを実施。映像業界、放送業界に興味のある方、テレビの番組づくりなどを体感したい方はぜひご参加ください。