日本工学院 日本工学院

Menu

理事長ブログ

日本工学院専門学校、日本工学院八王子専門学校の理事長ブログです。

理事長ブログ理事長ブログ
東京の専門学校 日本工学院TOP >理事長ブログ >現BMW カーデザイナーによる特別授業開催 – プロダクトデザイン科

現BMW カーデザイナーによる特別授業開催 – プロダクトデザイン科

2017年11月20日
理事長便り日本工学院専門学校日本工学院デザインカレッジ

n5

メルセデスベンツやフォルクスワーゲン、Audiと並び、ドイツを代表する自動車メーカーBMWの本拠地、ミュンヘンにあるデザインスタジオで、約30年の長きに渡り、BMW乗用車部門のエクステリアデザイン(外装デザイン)を手掛け、現在はデザイン部門のチーフディレクターとして、同社エクステリアデザイン部門を束ねる長島譲二氏(本校特別講師)が特別授業のため来校。本校が設置するプロダクトデザイン科学生を対象に特別授業を行いました。

特別授業では、「未来のインディカーをデザインする」をテーマに、学生たちが与えられたコンセプトから一つを選択し、デザインに挑みました。長島氏は、EV化、自動運転技術、AIなど、自動車技術が進化していく中で、既存の自動車技術にとらわれない、若者にしかできない驚きや感動、ビックリするような奇抜なアイディアを見せて欲しいと学生を指導。またアメリカやヨーロッパで30年以上のデザインキャリアの中で、日本人の自己主張の弱さを指摘。講評会では、学生はインカムをつけて、自分のデザインを売り込むという、欧米と同じスタイルで講評会が行われました。

学生を指導する永島譲二氏。

学生を指導する永島譲二氏。

既存のデザインにこだわらない、斬新なアイディアでサムネイルを描く学生。

既存のデザインにこだわらない、斬新なアイディアでサムネイルを描く学生。

  

インカムをつけて自分のデザインコンセプトをプレゼンテーションする学生。

インカムをつけてデザインコンセプトをプレゼンテーションする学生。

学生と同じ目線から、質問を行う長島譲二氏。

学生と同じ目線から質問を行う、長島譲二氏。

n1
現BMW AG BMW デザイン部門 エクステリア クリエイティブ ディレクター
永島 譲二 氏 (写真左)
1955年東京生まれ。美術大学卒業後、渡米し大学院に進学。1980年からアダム・オペルでコンセプトカーやラリーカーのデザインを手掛けた。1985年にルノーで「サフラン」をデザイン。その後、1988年より現在までBMWに勤め、携わったおもな作品は「Z3」(1996)、「5シリーズ」(1996)、「3シリーズ」(2005)など。直近では、ピニンファリーナとのコラボレーション「グラン ルッソ クーペ」のデザインにもかかわる。日本工学院専門学校・日本工学院八王子専門学校 特別講師

◎ 関連サイト:プロダクトデザイン科(3年制)
http://www.neec.ac.jp/department/design/product/

関連の記事Related Posts