デザインで未来を創る。



日本工学院×ITOKI 第5回 高校生いすデザインコンテスト
審査委員長
清水 忠男 共生環境デザイナー、博士(工学)、千葉大学名誉教授
審査員
長友 啓典 K2アートディレクター、日本工学院専門学校 顧問
櫻井 多弥男 株式会社イトーキ プロダクトデザイン室 室長
加賀 武見 プロダクトデザイナー、日本工学院専門学校 教員
真田 一穂 建築家、日本工学院八王子専門学校 教員
受賞作品
 
クリックで画像拡大
清水 忠男氏
ユニークさに引き込まれました。2種類の巻物風連続座具の一方は、百人一首を表現した取外し可能な座布団を取り込んだ巻物で、外国人を意識。他方は、多様なクッションを巻き込んだ海苔巻き風しかけで、グループのレジャー用。いずれでも、座る準備をするときから楽しい会話がはずむことでしょう。ユーモラスな表現の巧みさも抜群です。
審査員コメント長友 啓典氏
こうでなくっチェア!!単純明解なコンセプトだ。気持ちがやさしい人なんだろう。作品はその人の品格がにじみ出るものだと思っている。分かりやすい、楽しいイラストレーションがこのイスのコンセプトを上手く伝えてくれている。
クリックで画像拡大
長友 啓典氏
受け継がれていくイス。戦火で受けたことをよく学習して考えられた作品ですね。神戸とか東北の震災を目の当たりにして、このイスはリアリティをもってボクに訴えかけてきました。素晴らしい作品ですね。
クリックで画像拡大
加賀 武見
今回のテーマを少しひねったようなタイトルから不思議な世界観を感じさせます。正座するという行為に対しての現状把握。使い手の要求を的確に形にしています。問題を解決しデザインする手法は高い評価点です。日本の空間に合わせたデザイン感覚に、未来のおもてなしを感じさせてくれる提案です。
クリックで画像拡大
真田 一穂
重箱のデザイン、可変性に着目し、そのスケールをいすに転換した発想に好感が持てました。座る人の目的によって高さを変えることもでき、小物入れも用意されている点等も、日常生活をより豊かに楽しいものにしてくれると思える作品です。
クリックで画像拡大
櫻井 多弥男氏
"おもてなし"を国際交流に発展させた作品。それぞれのアイディア、画力にセンスを感じます。今、世界では民族対立問題や領土問題、エネルギー問題など解決困難な国際問題を抱えていますが、このWorld Chairが問題解決のきっかけになれば素晴らしいと思いました。
クリックで画像拡大
清水 忠男氏
「おしぼり」は、使い手の状況によって、さまざまな形に変形させられ、目的に応えます。椅子も、使い手の状況によって、「おしぼり」のように自由に変形できるはずだ、という着想が面白い。人間の行動や心理をもとに考えれば、さらに様々な新しい椅子の形態が生まれるでしょう。
クリックで画像拡大
長友 啓典氏
楽しいのが一番だ!!
クルマ、イス、男の小道具としては最高のものである。機能的な追求は血まなこでなされているが、最高時速15㎞のクルマをつくろうなんていう若者がいたことにオドロキ、ヨロコビに変わっている。
クリックで画像拡大
櫻井 多弥男氏
今回の応募の中でマンガを題材にしたアイディアは仲宗根さんだけで、その視点の新しさを評価しました。さらに様々な言語に翻訳されたマンガを読んだ人々が、感じる文化の違いを話し合い、理解し合うことで、様々な壁を乗り越えるという作品で、本当に実現して欲しいと思いました。
クリックで画像拡大

加賀 武見
ラフなスケッチでありながらも、わかりやすく特徴を表現しています。綿の素材が持つ弾力性や保温効果が機能を高め、カラフルな色彩もあっておもてなしのイスとして十分に魅力のある提案です。特に座ったヒトのスケッチがなんとも効果的で好印象です。

クリックで画像拡大
真田 一穂
ふろしきの使われ方、自由度、そして「包む」という観点を大切にしたコンセプトをいすのデザインにまとめた魅力的な作品でした。模型を製作している点や、すっきりとまとめたプレゼン表現も好感がもてました。
クリックで画像拡大
学校賞
国立東京工業大学附属科学技術高等学校   香川県立高松工芸高等学校
静岡県・私立知徳高等学校   長崎県立大村工業高等学校
石川県・金沢市立工業高等学校   (順不同)