日本工学院を詳しく知るなら 今すぐ!資料請求【無料】

日本工学院 日本工学院

Menu

高校生ものづくり川柳コンテスト

「ものづくり」の心、想い、気持ちを川柳にしてみよう。

高校生ものづくり川柳コンテスト高校生ものづくり川柳コンテスト
東京の専門学校 日本工学院TOP >高校生コンテスト >高校生ものづくり川柳コンテスト

テーマは、「ものづくりを通しての発見・気づき」

今年の「ものづくり川柳コンテスト」のテーマは、「ものづくりを通しての発見・気づき」。「ものづくり」が好きで、興味、関心がある高校生の皆さん、 ものをつくるだけが「ものづくり」ではありません。 「ものづくり」の心、想い、気持ちを川柳にして表現してみませんか? 川柳(せんりゅう)は、五・七・五の十七音を持つ詩です。 川柳には難しい言葉や季語などは不要。 普段生活で使っている話し言葉で、十七音をつくることから始めれば良いのです。 高校生の皆さんが考える『ものづくりを通しての発見・気づき』をテーマに連想・表現をした川柳を大募集します!

日本工学院×MUTOH

第6回 高校生ものづくり川柳コンテスト 応募要項

募集作品・内容

テーマは「ものづくりを通しての発見・気づき」

「ものづくりを通しての発見・気づき」をテーマにした川柳を大募集します!

川柳には難しい言葉や季語 などは不要です。高校生ならではの発想を、五・七・五の十七音で表現してください。

川柳(せんりゅう)とは・・・ 五・七・五の音を持つ詩。季語などの制限はなく、口語(話し言葉)が主体。

応募期間

2017年10月2日(月)~11月15日(水)24時まで

応募資格

高校生 ※日本語学校等も含む

応募方法

下記の「第6回高校生ものづくり川柳コンテスト」 応募フォームから、必要事項(氏名、性別、高校名、学年、 住所、メールアドレス、電話番号)及びオリジナルのものづくり川柳を入力し、応募してください。学校単位で まとめて応募を希望される場合は、下記のお問い合わせ先(日本工学院広報部)までご連絡ください。

応募フォーム

応募上の諸注意

作品は未発表でオリジナルなものに限ります。応募作品の著作権は応募者に帰属します。ただし入賞作品の発表・掲載に関する権利は主催者が保有します。

問い合わせ先

0120-444-700(日本工学院広報部)

主催

日本工学院/武藤工業株式会社

後援

公益社団法人 全国工業高等学校校長協会/公益社団法人 全国高等学校文化連盟

協力

新葉館出版(月刊 川柳マガジン)/株式会社 有隣堂

《賞品・賞金》

金賞:1点

◯賞状

◯CLE-36

◯3万円分の図書カード

銀賞:2点

◯賞状

◯2万円分の図書カード

銅賞:3点

◯賞状

◯1万円分の図書カード

団体賞

◯賞状

2018年3月頃結果発表/審査結果は個別連絡の他、日本工学院HPでも発表します。

審査委員長:
やすみりえ(川柳作家)
審査員:
黒須隆一(八王子市 前市長)
舟久保利明(一般社団法人 東京工業団体連合会 会長、一般社団法人 大田工業連合会 会長)
早川信正(武藤工業株式会社 代表取締役社長)
千葉茂(日本工学院専門学校・日本工学院八王子専門学校 学校長)

金・銀・銅・団体賞を受賞された方々には、高校へ連絡後、授賞式のご案内を送付させていただきます。

MUTOHグループの中核企業である武藤工業株式会社は、大判インクジェットプリンタ事業、製図機械〈ドラフター〉、2D~3DCADシステム 〈M-Draf〉、3Dプリンタ、計測機事業〈デジカラー〉、LED関連機器事業等幅広く展開し、社会に貢献し続けています。

ものづくり体験や見学ができる「オープンキャンパス+体験入学」に参加しよう!

蒲田校・八王子校「オープンキャンパス+体験入学」 ●蒲田校のみ ◯八王子校のみ

10月1日(日)◯/9日(月・祝)●/15日(日)◯/22日(日)●/29(日)◯  11月5日(日)/19日(日)/12月10日(日) 以降随時開催