日本工学院を詳しく知るなら 今すぐ!資料請求【無料】

日本工学院 日本工学院

Menu

専門学校 日本工学院 CG・映像科 3年制 教育について

CGの基礎から高度なCG映像技術まで学べる、東京のCG・映像クリエイター・デザイナー専門学校。

専門学校 日本工学院 CG・映像科 3年制 教育について専門学校 日本工学院 CG・映像科 3年制 教育について

企業との連携でゲームやテレビ映像など、プロの仕事を体験

有名企業との共同プロジェクトにより、ゲームやテレビ映像などのCG映像を制作。実際にプロの仕事を体験することで、業界で求められるスキルを実感し、また実践力を高めます。

世界最高峰の3Dゲーム開発エンジンをはじめ、CG業界が使用するソフト環境が充実

世界最高峰の3Dゲーム開発ツール「アンリアル・エンジン」をはじめ、CG業界で実際に使用されているCG・3DCGソフトを各種設置。最新のCG映像コンテンツ制作に対応する、先端技術の講習と実習を行い、プロの現場で即戦力となって活躍可能なスキルを、実践的に身につけることが可能です。

●主な使用ツール・ソフト
MAYA/UNREAL(UDK)/MotionBuilder/Mudbox/Z Brush/3ds Max/NUKE/Houdini/smoke/V-Ray/Black Magic Design Cam/3Dプリンター/Real Flow など


業界の第一線で活躍するクリエイターによる直接指導

糸数 弘樹先生

CGアーティスト

ワーナー・ブラザースを経て、2000年よりウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズに3D モデラーとして勤務。映画『アナと雪の女王』、『ベイマックス』、『シュガー・ラッシュ』、『塔の上のラプンツェル』など、数々のヒット作品を手がけている。

CG映像科の講師は、映像ディレクターの田所貴司先生、ゲームCGデザイナーの根岸豊先生、VFXディレクターの佐野和信先生、そしてCGクリエイターの糸数弘樹先生など、現役で活躍中のCG映像のエキスパートばかり。密度の濃い講義と、実践的な実習を核に、最先端のスキルを直接伝授します。


各種コンペ参加で、CG映像業界へ実力をアピール

CG映像科では、学生の各種コンペ参加を推進、徹底的にサポートしています。積極的なコンペへの参加は、実力を確認できるとともに企業などへのアピールとなり、就職につながる大きなチャンスです。

カンヌ映画祭で上映

アジア最大のCGコンベンション「ASIAGRAPH」で学生作品「SlapStick」が、カンヌ国際映画祭のショートフィルムコーナーにて上映されました。学生アニメーション作品部門で最優秀賞を受賞するなど、海外でも高い評価を受けています。


「全国専門学校CG作品コンテスト」で5作品が受賞

全国専門学校情報教育協会が主催する「第3回全国専門学校CG作品コンテスト」にて、日本工学院CG映像科は準グランプリと審査員特別賞(3作品)を受賞!さらに、静止画3D部門での審査員特別賞と合わせて、計5作品が受賞しました。昨年、一昨年のグランプリ・準グランプリW受賞に続く3年連続の受賞となります。画像は第3回全国専門学校CG作品コンテスト動画部門準グランプリ「Link to Flora」。


CG映像科とボーカロイド「IA」とのコラボレーション企画を実現

CG映像科、マンガ・アニメーション科、ミュージックアーティスト科、ダンスパフォーマンス科の学生がコラボレーションして「IA」を作成し、ライブを開催。CG映像科ではCGキャラクター・IAのモーションキャプチャーやアニメーション、またライブの背景映像や特殊効果なども映像で表現するなど、最先端のエンターテインメント・ボーカロイドを通じて、高度なスキルを実践的に身につけます。

ボーカロイド特設ページ


ミュージックカレッジとのコラボで、学生ボーカロイドが登場

2015年2月7日に東京ドームシティホールで行われた「Real Dreams 2015」。日本工学院専門学校主催の音楽イベントで、日本工学院専門学校の学生VOCALOID・ギャラ子によるスペシャル企画の一環としてお披露目されました。

海外研修やイベント参加など郊外活動多数

ハリウッドの有名CGプロダクションなどを訪問し研修を行う海外研修旅行のほか、アメリカで行われるCGの祭典「SIGGRAPH」など世界トップクラスの展示会やコンペにも多数参加。日本だけに止まらず、CGの世界トップレベルを実感することで、視野を広げ、チャレンジする気持ちを養って学習のモチベーションアップにつなげます。

教育設計図

CG映像科では、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら

Message from OB・OG

好きという気持ちがあれば、かならず成長できるはず。

竹内 良貴さん
(株)コミックス・ウェーブ・フィルム CGデザイナー
コンピューターグラフィックス科(現CG映像科)卒業後に東京工科大学メディア学部編入、2009年卒
長野県中野西高校出身
『秒速5センチメートル』(07)よりすべての新海誠監督作品に参加。『星を追う子ども』『言の葉の庭』『君の名は。』では、3DCGチーフとして、各種3Dカットを担当。
新海作品以外でも背景美術・CG制作としてTVアニメ・CM等の制作に携わる。

現在のアニメや映像制作では、CGは欠かせない技術になっています。日本工学院では、CGについてデッサンや映像の基礎から学ぶことができるので、アニメや映像が好きで作ってみたいという人には良い足がかりなるんじゃないかなと思います。授業や実習では受け身ではなく、なんでも吸収してスキルアップしようということがとても大事で、自分は将来どんなアニメや映像を作りたいのか、つねに考え目的意識を持って過ごすことで、将来は変わってくるはずです。好きというのは大きな原動力でもあるので、そこを大きく伸ばしていってほしいと思います。

CGの最新技術はもちろん、デッサンの基礎も学べるのが嬉しいですね

加藤 準也さん
(株)白組 ビジュアルエフェクトデザイナー
CG映像科 2009年卒
静岡県立浜松東高校出身
主に映画『シン・ゴジラ』『STAND BY ME ドラえもん』『GAMBA ガンバと仲間たち』などのCG 映像において、キャラクターモデリング、コンポジットなどを担当。

CMや特撮番組などを中心に、モデリング、リグ、アニメなどさまざまなパートの仕事をこなしています。CGの仕事は映像業界の中でもフルCGアニメ、2Dアニメ、実写、ゲーム、webなど仕事の幅が広く、また、作品がメディアにでて、周りから反応があるととても嬉しいですし、やりがいを感じますね。しかし、責任が重い仕事なのも事実。さまざまな重圧を乗り越えるためのプロ意識も必要です。そしてデッサンなどの基礎もおろそかにしないでください。デッサンやデザイン力は常に必要となってくるので、在学中にしっかりと養っておいた方がいいですね。

偉大な作品に名前を残すことが目標です

山内 研さん
CG映像科 2011年卒
スタジオカラー CGアニメーター/テクニカルアーティスト
沖縄県立石川高校出身
スタジオカラー制作の短編映像シリーズ『日本アニメ(ーター)見本市』のCGアニメーション作品『神速のRouge 』『カセットガール』をはじめ、長編作品『龍の歯医者』において、リギング、ライティング、アニメーションを担当したほか、多くの外部作品にも参加している。

大好きなCGやアニメ作品に携わり、スタッフとして名前を残したい。そんな思いを抱いて専門学校 日本工学院に入学しました。今では『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズなど、日本を代表する作品をつくっているこの会社で、CGアニメーターとしてさまざまな作品に携わっています。自分がつくったカットが公開されるのはとてもうれしいですね。テレビで放映された作品のエンドロールに自分の名前があるのを見たときは、とても興奮しました。将来は自分でかっこいいと思う作品を作って、監督として自分の名前を残すことが目標です。

自分が手がけた作品で多くの人を楽しませたいです。

佐藤 絢香さん
(株)小学館ミュージックアンドデジタル エンタテイメント CGデザイナー
2013年卒
長野県豊科高校出身
エポック社の「シルバニアファミリー」のCGアニメーション『シルバニア村のたからもの』をはじめとして、子供向けコンテンツの制作に参加し、モデリングからアニメーション、コンポジットを手がける。

私は現在、大手玩具メーカーのPVなど、子どもを中心に楽しめるようなコンテンツ制作を担当しています。モデリングからアニメーション、コンポジットまで映像制作に関わるさまざまな工程に携わっており、毎日とても充実しています。私が日本工学院 CG映像科を選んだ理由は、モーションキャプシャースタジオなど、最先端の設備で学べるところに惹かれたから。授業では、3DCGの勉強だけではなく、イラストやCG以外のソフトについても学ぶ機会があり、そのどれもが今の仕事で役立っています。CGデザイナーとして一番うれしいことは、自分が関わった作品で楽しんでくれた方々の声が届いた時。今はネット配信もあるので、国内だけでなく海外のお客様からの反応も聞くことができ、とても励みになります。これからも、多くの方に楽しんでいただける作品を制作していきたいです。

    

自分が手がけた作品を世界中に発信したいです。

為貝 雅也さん
(株)カプコン CGデザイナー
2014年卒 茨城県立境高校出身
コンシューマーゲームのキャラクターデザインおよび3Dモデリングを手がける。

日本工学院では、2Dおよび3Dデザインについて基礎から応用レベルまで学ぶことができました。印象に残っている授業は、グループ制作実習です。いろいろな人と意見を出し合いながら作品を制作する過程で、自分のアイディアの狭さに気づかされることもあり、この時の経験が今の仕事でも大いに役立っています。また、定期的に行われる作品講評会では、他の人の作品を見て刺激を受けたり、先生方から的確なアドバイスをいただいたりと、毎回充実した時間を過ごすことができました。カプコンでの仕事は、ゲームとしての“遊び”の部分を重視しながらデザインする必要があり、一筋縄ではいかないことも多いですが、そこがおもしろい所でもあります。将来は、アートディレクターとして自分の作品を世界中の人に楽しんでもらえればと思っています。

念願だった3DCGモデリングを担当しています!

中村 円香さん
(株)セガゲームス デザイナー
2015年卒
埼玉県立川口高校出身
『セブンスドラゴンⅢ code:VFD』、『初音ミク -Project DIVA- X』などゲームの諸作業に携わり、現在は、新作ゲームの3DCGキャラクターモデリングを担当。

高校生の頃、ある3DCGの映像作品を観てとても感動し、私もCGキャラクターを制作する仕事がしたいと思うようになりました。日本工学院 CG映像科に入学する前は、CGに関する知識はまったくあ りませんでしたが、基礎から丁寧にご指導いただいたおかげでCG業界に必須のスキルを習得することができました。学生生活で印象に残っていることは、学園祭のためにグループでゲームCG作品を制作したこと。友人たちと協力し合い、時には意見が衝突することもありましたが、チーム作業を通してコミュニケーションの大切さなど、さまざまなことを学べたと感じています。私は現在、念願だった3DCGモデリングを担当しています。社会人になった今でも、毎日が勉強中。今よりもさらに高いクオリティのグラフィックを制作できるように、あらゆることを経験して成長していきたいと思っています。