日本工学院 日本工学院

Menu

専門学校 日本工学院 CG・映像科 3年制 教育について

CGの基礎から高度なCG映像技術まで学べる、東京のCG・映像クリエイター・デザイナー専門学校。

専門学校 日本工学院 CG・映像科 3年制 教育について専門学校 日本工学院 CG・映像科 3年制 教育について

企業との連携でゲームやテレビ映像など、プロの仕事を体験

有名企業との共同プロジェクトにより、ゲームやテレビ映像などのCG映像を制作。実際にプロの仕事を体験することで、業界で求められるスキルを実感し、また実践力を高めます。

世界最高峰の3Dゲーム開発エンジンをはじめ、CG業界が使用するソフト環境が充実

世界最高峰の3Dゲーム開発ツール「アンリアル・エンジン」をはじめ、CG業界で実際に使用されているCG・3DCGソフトを各種設置。最新のCG映像コンテンツ制作に対応する、先端技術の講習と実習を行い、プロの現場で即戦力となって活躍可能なスキルを、実践的に身につけることが可能です。

●主な使用ツール・ソフト
MAYA/UNREAL(UDK)/MotionBuilder/Mudbox/Z Brush/3ds Max/NUKE/Houdini/smoke/V-Ray/Black Magic Design Cam/3Dプリンター/Real Flow など


業界の第一線で活躍するクリエイターによる直接指導

糸数 弘樹先生

CGアーティスト

ワーナー・ブラザースを経て、2000年よりウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズに3D モデラーとして勤務。映画『アナと雪の女王』、『ベイマックス』、『シュガー・ラッシュ』、『塔の上のラプンツェル』など、数々のヒット作品を手がけている。

CG映像科の講師は、映像ディレクターの田所貴司先生、ゲームCGデザイナーの根岸豊先生、VFXディレクターの佐野和信先生、そしてCGクリエイターの糸数弘樹先生など、現役で活躍中のCG映像のエキスパートばかり。密度の濃い講義と、実践的な実習を核に、最先端のスキルを直接伝授します。


各種コンペ参加で、CG映像業界へ実力をアピール

CG映像科では、学生の各種コンペ参加を推進、徹底的にサポートしています。積極的なコンペへの参加は、実力を確認できるとともに企業などへのアピールとなり、就職につながる大きなチャンスです。

カンヌ映画祭で上映

アジア最大のCGコンベンション「ASIAGRAPH」で学生作品「SlapStick」が、カンヌ国際映画祭のショートフィルムコーナーにて上映されました。学生アニメーション作品部門で最優秀賞を受賞するなど、海外でも高い評価を受けています。


「全国専門学校CG作品コンテスト」で5作品が受賞

全国専門学校情報教育協会が主催する「第3回全国専門学校CG作品コンテスト」にて、日本工学院CG映像科は準グランプリと審査員特別賞(3作品)を受賞!さらに、静止画3D部門での審査員特別賞と合わせて、計5作品が受賞しました。昨年、一昨年のグランプリ・準グランプリW受賞に続く3年連続の受賞となります。画像は第3回全国専門学校CG作品コンテスト動画部門準グランプリ「Link to Flora」。


CG映像科とボーカロイド「IA」とのコラボレーション企画を実現

CG映像科、マンガ・アニメーション科、ミュージックアーティスト科、ダンスパフォーマンス科の学生がコラボレーションして「IA」を作成し、ライブを開催。CG映像科ではCGキャラクター・IAのモーションキャプチャーやアニメーション、またライブの背景映像や特殊効果なども映像で表現するなど、最先端のエンターテインメント・ボーカロイドを通じて、高度なスキルを実践的に身につけます。

ボーカロイド特設ページ


ミュージックカレッジとのコラボで、学生ボーカロイドが登場

2015年2月7日に東京ドームシティホールで行われた「Real Dreams 2015」。日本工学院専門学校主催の音楽イベントで、日本工学院専門学校の学生VOCALOID・ギャラ子によるスペシャル企画の一環としてお披露目されました。

海外研修やイベント参加など郊外活動多数

ハリウッドの有名CGプロダクションなどを訪問し研修を行う海外研修旅行のほか、アメリカで行われるCGの祭典「SIGGRAPH」など世界トップクラスの展示会やコンペにも多数参加。日本だけに止まらず、CGの世界トップレベルを実感することで、視野を広げ、チャレンジする気持ちを養って学習のモチベーションアップにつなげます。

教育設計図

CG映像科では、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら