日本工学院を詳しく知るなら 今すぐ!資料請求【無料】

日本工学院 日本工学院

Menu

就職・デビュー マンガ・アニメーション科 4年制 専門学校 日本工学院

業界就職・デビューをサポートする、4年制の東京のマンガ(漫画家)・アニメーション専門学校。

就職・デビュー マンガ・アニメーション科 4年制 専門学校 日本工学院就職・デビュー マンガ・アニメーション科 4年制 専門学校 日本工学院

アニメ・マンガ業界への就職、そして在学デビューも徹底サポート!

マンガ・アニメーション科四年制では、業界の第一線で活躍する講師と学科、そして学生の就職活動をサポートする専門機関・キャリアサポートセンターとの連携で、マンガ・アニメーション業界への就職をサポート。また、コミック系出版社編集者の方々をお招きし、学生マンガ作品の講評をいただく「出張編集部」を実施。持ち込みに行かずとも、いつもの教室でプロの編集者のアドバイスを受けることができます。優秀な作品は雑誌に掲載されるので、在学中のマンガ家デビューも夢ではありません。これまでにも多くの先輩が見事、マンガ家デビューを果たしています。

数々の先輩たちが、アニメをはじめ、各種業界の第一線で活躍中!

これまでに、マンガ・アニメーション科の卒業生が、スタジオジブリ、GONZO、STUDIO 4℃、ガイナックス、スタジオぴえろ、日本アニメーション、手塚プロダクション、プロダクションI.G、マッドハウス、などアニメ業界を支える大手企業へアニメーターなどとして就職。アニメ制作の第一線で活躍しています。またマンガ・アニメーション科では、アニメ業界だけにとどまらず、さまざまな業界へ数多くの人材を輩出しています。

多くの在校生、卒業生が続々とマンガ誌デビューを果たしています。

●石塚千尋「別冊少年マガジン」(講談社)に『ふらいんぐうぃっち』連載(日本テレビ系にてアニメ化) ●平方昌宏「週刊少年ジャンプ」(集英社)に『ベストブルー』『新米婦警キルコさん』連載 ●井上菜摘「週刊少年マガジン」(講談社)に『阿部のいる町』連載 ●小野祐平「週刊ヤングジャンプ」(集英社)に『Telecastic Girl』掲載 ●ささむらもえる(サンリオキャラクターえほん)『ぐでたま ぐでたま みつけた!』『KIRIMIちゃん.すてきなステージ』 ●加茂誠「最強ジャンプ」(集英社)に『激辛!カレー王子』連載 ●酉川宇宙「週刊ヤングマガジン」(講談社)に『暴想処女』連載、「ヤングアニマル」(白泉社)に『EGメーカー』連載 ●若林稔弥「別冊少年マガジン」(講談社)に『徒然チルドレン』連載 ●オギノ「マンガボックス」(講談社)に『アクノヒガン BEYOND EVIL』連載 ●津留崎優「月刊ドラゴンエイジ」(富士見書房)に『まけんきっ! イナホとゆかいな仲間たち』連載、「まんがタイムきらら」(芳文社)に『箱入りドロップス』連載 ●宮月もそこ「マンガごっちゃ」(マイクロマガジン)に『兄がライバル!』連載 ●ちび丸「まんがタイムきらら」(芳文社)に『プレフレ』連載 ●つばな「月刊COMICリュウ」(徳間書店)に『第七女子会彷徨』連載 ●新島光「月刊ヒーローズ」(小学館)に『マジェスティックプリンス』連載(東京MXテレビにてアニメ化) ●真田一輝「まんがタイムきららMAX 」(芳文社)に『落花流水』連載、「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)に『さつきばれっ!』連載、「コミックヴァルキリー」に『ワインガールズ』連載 ●肋兵器「月刊ドラゴンエイジ」(富士見書房)に『神様のいない日曜日』連載 ●熨斗目ナオ「月刊少年マガジンプラス」(講談社)に『中村くんと林さん』掲載 ●源五郎「まんがタイムきらら」(芳文社)に『ましゅまろ×タイフーンッ』連載 ●舞嶋大「週刊少年サンデー」(小学館)に『キメルとMELT』掲載 ●瓦屋根「月刊マガジンZ」(講談社)に『秋葉少年』連載 ●あぼしまこ「月刊コミックガム」(ワニブックス)に『駅近物件 不動さん』連載 ●志塚桂「サイコミ」に『4月の恋とカチューシャ』掲載 など

主な就職先

アークトゥールス、アクワイア、旭プロダクション、亜細亜堂、アスリード、アソビモ、アテネアートスタジオ、アド・コスモ、アライブ、イマジカデジタルスケープ、ウインライト、エイティング、A-1 Pictures、オー・エル・エム、小倉工房、オリンピア、ガイナックス、KADOKAWA、カプコン、きのプロダクション、グラフィニカ、グリー、グレフ、クロステレビ、コナミデジタルエンタテインメント、コロプラ、GONZO、Cygames、サンジゲン、サンライズ、J.C.STAFF、ジーベック、シンエイ動画、スタジオ・イースター、スタジオエル、スタジオグラフィティ、スタジオジブリ、スタジオジャイアンツ、スタジオちゅーりっぷ、スタジオディーン、スタジオパストラル、スタジオ雲雀、スタジオマーク、STUDIO4℃、ゼクシズ、タツノコプロ、ディー・エヌ・エー、ティー・エヌ・ケー、T2studio、手塚プロダクション、でほぎゃらりー、テレコム・アニメーションフィルム、東映アニメーション、動画工房、トムス・エンタテインメント、Triple A、日本アニメーション、BANDAI、ぴえろ、プロダクション・アイジー、フロムソフトウェア、ボンズ、マッドハウス、マットボックス ほか多数 50音順

キャリアサポートセンターが望みの就職をサポート

キャリアサポートセンターでは、キャリアコンサルタントの資格を持つ専門の職員が、就職に関する不安や疑問にマンツーマン体制で応え、適切なカウンセリングを実施。 就職の斡旋だけではなく、学生一人ひとりの将来の夢や適性などを考慮し、適切なアドバイスを送っています。


作品講評会

大手出版社の編集担当者が学生の作品を講評。作品持ち込みや新人賞応募のためのノウハウまで学べます。


キャリアガイダンス

「就職するとは?」という大きなテーマから、履歴書の書き方、面接の受け方まで、実践的にアドバイスします。


キャリアコンサルティング

キャリアコンサルタントの資格を持つ職員が、一人ひとりの希望と適正を考慮し、最善の職業選択をサポートします。


就職模擬試験・模擬面接

「一般常識問題」「作文」「SPI」と呼ばれる適性検査を実施。模擬面接は自信がつくまで何度も挑戦可能


合同企業説明会

日本工学院では、多くの企業を集めた合同企業説明会を開催しています。就職をめざす学生と、優秀な学生を採用したい企業とが出会う貴重な機会となっています。


学内個別企業説明会

学内で企業説明会を開催します。日本工学院の学生の採用を考える企業と直接コンタクトできる絶好のチャンスです。


インターンシップ、企業・現場見学の実施

有名企業をはじめ、さまざまなプロの現場を体験可能なインターンシップの他、適職を探すために、実際に仕事の現場を見学。その仕事の内容を理解し、キャリアプランに生かします。


就職に有利となる講座を多数開講

就職対策講座を実施し、問題意識やモチベーションを高めるきっかけづくりをします。

<主な講座>

・模擬試験講座 ・模擬面接講座 ・履歴書作成講座 ・作文添削講座 ・エントリーシート作成講座 ・適性試験、一般常識講座・公務員試験対策講座、ポートフォリオ講座 など

Message from OB・OG

強い意志と謙虚な姿勢がプロのマンガ家への扉を開いた

真田 一輝さん
マンガ家
マンガ・アニメーション科 2004年卒
日本工学院在学中にデビュー。代表作『落花流水』『さつきばれっ!』(芳文社)ほか。
コミックヴァルキリーで『ワインガールズ』連載中。

「在学中にデビューする!」という目標を立て、マンガ・アニメーション科2年になってから出版社に持ち込みをスタート。数社目で念願のデビューを果たしました。自分の単行本が書店に並んだときは感激しましたね。プロをめざすなら「いつまでにデビューする」という長期目標と「そのために何日までにこれをクリアする」という短期目標の両方を持つことが大切だと思います。それから、先生の言葉を謙虚に聞くこと。たとえ納得がいかなくても、まずは受け入れてみることです。

マンガを学ぶのにベストな環境の中、スキルアップすることができました

石塚 千尋さん
マンガ家
マンガ・アニメーション科 2010年卒
青森県・私立弘前東高校出身
2012年より「別冊少年マガジン」にて『ふらいんぐうぃっち』連載中。2016年にはアニメ化され好評を博した。

日本工学院のクラスメイトは、みんなマンガが好きでやる気がある人ばかり、絵の上手いライバルたちに囲まれて、私も粘り強くマンガに取り組むことができました。マンガ家としてデビューしたのは、在学中の「出張編集部」がきっかけです。その時の作品が連載になり、そしてアニメ化されたときは、うれしさを感じるとともにマンガ家としてやっていく覚悟が芽生えました。

フリーとして活躍する今も学生時代のクラスメイトとは良き仲間でライバル

アカバネさん
イラストレーター
マンガ・アニメーション科 2011年卒
神奈川県・私立横須賀学園高校出身

日本工学院時代は、同じ志を持つ仲間たちと切磋琢磨しながら、ひたすら夢に向かって頑張っていました。 社会人になった今も、クラスメイトとは頻繁に連絡を取り合っていて、励ましあったり、仕事の近況を報告しあったりと、常に刺激を受けていますね。 私は現在、イラストレーターとして活動する傍ら、家業も継いでいます。 フリーランスという立場は決して生半可な気持ちではできないと思いますし、実際に何度も挫折しそうになりました。 しかし、自分の努力次第で夢は無限に広がります。そのことを証明するためにも、これからも努力を続けていきたいと思います。

日本工学院で学んだすべてのことが、今の仕事につながっています

網野 早紀さん
グリー株式会社 デザイナー
マンガ・アニメーション科 2011年卒
神奈川県立相原高校出身

私は現在、GREEアバターのガチャサービスのデザイナーとして、企画・制作・監修を担当しています。日本工学院の良い所は、とにかく施設・設備が充実していること。毎日仕事で使用しているPhotoshop、Illustrator、Flashなどのソフトも、最新マシンを用いて学ぶことができました。また、デッサンやクロッキーなどの授業では、デザイナーとしての基礎を習得できたと感じています。学生のうちは、とにかく毎日を大事に使って、自分の実力を磨くこと。それが、夢実現への近道になると思います。

開催日

10/22(※蒲田校のみ) 29(※八王子校のみ)
11/5() 19() 12/10()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!