日本工学院 日本工学院

Menu

カリキュラム紹介 放送芸術科 専門学校 日本工学院

プロのテレビ・放送業界スタッフを育成する放送芸術科のカリキュラム紹介。

 カリキュラム紹介 放送芸術科 専門学校 日本工学院 カリキュラム紹介 放送芸術科 専門学校 日本工学院

業界のプロを講師に招き、実習を中心としたカリキュラムを実践

テレビ・映像スタッフ養成校として40年以上の実績から、日本工学院の放送芸術科では、週5日間の授業の半数以上を実習に割当て、機器の基礎操作からテレビ・映画番組制作を行っています。すべての実習に、現役のテレビ・映像業界の第一線で活躍するプロスタッフが講師として指導しています。

カリキュラム

電子パンフレットは、PC、タブレット、スマートフォンデバイスでも、特別なソフトウェアを使用することなく、通常のブラウザだけで実際に本をめくる感覚で文書を読むことができます。本校の電子パンフレットはmeclibのサービスを使用しています。

2年間の流れ・主な授業内容

主な授業内容(参考)を、2017年度カリキュラムより抜粋して掲載しています。詳しくは上記カリキュラム(PDF)を参照してください。

1年次

基礎の反復トレーニング

各コースの実習を経験した上で、カメラマン・制作・映像編集・音声・照明・美術の各コースに分かれ、放送・映画の基礎を学びます。さまざまな制作現場に対応可能なプロスキルを実習を中心にした実践的な学習でしっかりと身につけます。

2年次

実習を通してスキルを磨く

40年以上テレビ・放送・映画業界を支え続けた専門学校 日本工学院ならではのカリキュラムを用意。就職活動と作品制作を軸に、インターンシップや研修などの体験を重ね、さらにスキルを磨きます。

主な授業内容

●放送映画リテラシー

テレビ、映画などにおける、カメラ、音声、照明、編集、制作、美術などの基礎知識を学びます。

●制作技術C

「作品を作る」という目的で、実践的に映像制作を学びます。

●制作技術B

各コースやテーマ別に実習を通して映像制作を行ないます。

●インターンシップ

2年間の集大成として、映像作品の制作を行います。

放送芸術科の時間割

時間割 2年次 前期 (サンプル) 蒲田校

★授業は1コマ90分。9:00始業、16:10終業(4時限)です。(予定)
時間/曜日
1時限 一般教養A1 放映リテラシーA1 キャリアデザイン1 放送映画演習1 放送映画演習1
2時限 一般教養B1 放映リテラシーB1 ワークショップ1
3時限 一般教養C1 放映リテラシーC1 特別講義1
4時限 番組制作

教育設計図

放送芸術科では、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら

開催日

10/2() 16(※八王子校のみ) 23(※蒲田校のみ) 30(※八王子校のみ)
11/6() 20()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!