日本工学院 日本工学院

Menu

教育について 演劇スタッフ科 専門学校 日本工学院

舞台美術・ホールスタッフ教育を行う東京の演劇・舞台スタッフ専門学校。

教育について 演劇スタッフ科 専門学校 日本工学院教育について 演劇スタッフ科 専門学校 日本工学院

舞台デザイン・企画から建て込みまで舞台づくりのすべてを学べます

演劇スタッフ科では、演出家とともに「セット模型」づくりからはじめ、実際にホールで建て込みにいたるまでを、実際の公演を通してすべて学べます。

❶セット模型

演出家と相談しながらデザインされたセット模型。模型を作ることで、各スタッフ間で舞台のイメージを共有します。

❷打ち合わせ

舞台監督を担当する学生は、この模型を基に本番までの進行を検討します。今回の装置デザインは舞台美術家の島次郎先生によるもの。

❸美術製作

木材を使って、舞台の骨組みとなるセットをつくります。金づちやのこぎりはもちろん、専用の工具を使って手際よく組立てます。

❹建て込み

公演を行う学内の大ホールにセットを運び込み、実際に建て込みを行います。大きなセットを扱うのでチームワークと安全性が大事です。

❺舞台稽古

実際に役者が入ってリハーサル開始。本番を想定して、大道具の位置や、照明、音響のタイミングなどすべてをチェックして本番に備えます。

声優・演劇科と合同での舞台づくり

よい舞台があっても、演じる俳優がいなければ舞台公演は成立しません。演劇スタッフ科では、声優・演劇科の「演じ手」といっしょに実際の演劇公演を通じて実習舞台づくりを行っています。

教育設計図

演劇スタッフ科では、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら