日本工学院 日本工学院

Menu

カリキュラム紹介 プロダクトデザイン科 専門学校 日本工学院

多彩な産学協同プロジェクトで、即戦力のプロダクトデザイナーを育てるカリキュラムを用意。

カリキュラム紹介 プロダクトデザイン科 専門学校 日本工学院カリキュラム紹介 プロダクトデザイン科 専門学校 日本工学院

プロダクトデザインのプロスキルを幅広く学ぶカリキュラム

デザインの基礎から、プロダクトデザインの専門教育へ。そしてプロの現場で活躍するためのさまざまなスキルを実践的に身につける3年間。プロの講師による指導で、実力あるプロダクトデザイナーを育成します。

カリキュラム

電子パンフレットは、PC、タブレット、スマートフォンデバイスでも、特別なソフトウェアを使用することなく、通常のブラウザだけで実際に本をめくる感覚で文書を読むことができます。本校の電子パンフレットはmeclibのサービスを使用しています。

3年間の流れ・主な授業内容

主な授業内容(参考)を、2016年度カリキュラムブックより抜粋して掲載しています。詳しくは下記の電子パンフレットからカリキュラムブックを参照してください。

1年次

プロダクトデザインの基礎スキルを習得

すべてのプロデザインに繋がるデザインの基礎を徹底習得。画材や各種造形材料の使い方から、デッサン、平面・色彩構成、立体構成などを数多い実習を中心に実践的に学び、またデザイン作業に必須となるPhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトの使い方を身につけていきます。

2年次

プロダクトデザインの専門スキルを高める

アイディアを表現するスケッチとレンダリングの技術、3DCAD、モックアップ(完成模型)の作り方など、プロダクトデザインに必要な基本スキルを身につけ、身近なプロダクト製品のデザインをはじめ、さまざまな課題に取り組みます。

3年次

さまざまな業界で活躍するためのスキルを身につけ、経験値をさらにアップ

デザインカレッジ合同プロジェクト、企業課題に取り組みます。さらにさまざまなコンペへの挑戦、学外展示会への参加など、卒業後のプロデザイナーとしての活動へと繋がる課題に精力的に取り組んでいきます。

主な授業内容

●基礎デザイン

鉛筆による静物デッサンを通じて観察力、基礎描写力を身につけ、平面構成、色彩計画、タイポグラフィーなどグラフィックデザインの基礎から立体物のデザインまでを学びます。またPhotoshop、Illustratorの知識と基礎技術を習得します。

●プロダクトデザイン総合講座

プロダクトデザイン全般に関する知識を身につけます。

●プロダクトCAD・CG

CAD・CGソフトの基礎知識と技術を学び、自分のアイデアを表現する技術を学びます。

●プロダクト・工業デザイン実習

家電製品、工業製品に関するデザインの知識と技術を学び、マーケットリサーチ、商品企画、提案まで、家電製品・工業製品をトータルに考えて制作します。

プロダクトデザイン科の時間割

時間割 2年次 後期 (サンプル)

★授業は1コマ90分。9:00始業、16:10終業(4時限)です。(予定)
時間/曜日
1時限 キャリアデザイン2 プロダクトデザイン実習3A プロダクトデザイン実習3C 工業デザイン実習1 家具デザイン実習1
2時限 コンセプトワーク
3時限 プロダクトデザイン総合講座 プロダクトデザイン実習3B 総合実習3 雑貨デザイン実習1 資格対策講座3
4時限

教育設計図

プロダクトデザイン科では、学習内容をステップ式に明示した日本工学院独自の教育制度「教育設計図」を導入。電子・電気の基礎学習から、プロのスキル習得まで、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる技術者教育を行っています。

教育設計図についてはこちら

開催日

12/11() 1/9(月・祝)

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!