日本工学院 日本工学院

Menu

教育 プロダクトデザイン科 専門学校 日本工学院

数多くの産学協同プロジェクトを通して、即戦力のプロダクトデザイナーを育てる東京のプロダクトデザイン専門学校。

教育 プロダクトデザイン科 専門学校 日本工学院教育 プロダクトデザイン科 専門学校 日本工学院

各種企業との提携により、プロの現場を体験するチャンスがたくさん

プロダクトデザイン科ではさまざまな企業との連携で数多くの産学協同の企業課題プロジェクトを行っています。企業の方々と直接やり取りする企業課題は、日ごろ学んで得た知識と技術を試す緊張感にあふれたプログラムです。オリエンテーションから制作、プレゼンテーションまでの過程を、実際の仕事と同様に体験します。

産学連携課題で制作したインテリア雑貨が商品化

プロダクトデザイン科とインテリアデザイン科が、インテリア総合商社の大一商事と連携。インテリア雑貨のデザインに学生が取り組みました。課題は室内空間のアクセントとなるクッションのデザイン。上位数点のデザインは実際に商品化され、楽天市場ショップのインテリア商品の人気店「ラグ一」で販売されました。

モスバーガーとの連携で、テイクアウト用パッケージを学生がデザイン

プロダクトデザイン科の学生が、全国にモスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスとの連携による、企業課題にチャレンジ。「モスのおいしさをお店の外で楽しんでもらう」ことをテーマに、モスバーガーのテイクアウト用パッケージをデザインしました。客層や地域性、店舗スタッフの作業の様子などの現地調査も行い、「楽しいテイクアウトシーン」が想像できるようなパッケージの提案を行いました。

【企業課題実績】
株式会社セガトイズ、株式会社ダイト、株式会社村内ファニチャーアクセス、株式会社種沢製作所、株式会社菊池製作所、ブラック・アンド・デッカー「orb」、株式会社デザインフィル、マルマン株式会社、ポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社など

全てが学べるデザイン制作環境を用意

プロダクトデザイン科ではデザインの基礎からスケッチやレンダリング、モデリング、CADデザインなどのコンピュータまで、3年間の充実した教育期間でプロのプロダクトデザイナーを育成する教育プログラムが用意されています。また、3Dスキャナ、3Dプリンタや5軸マンシングセンタ、各種CADソフトなど最先端の設備を揃え、プロの現場で即戦力となることができる実践的な学習環境を有しています。

施設紹介はこちら

CAD
2DCADから3DCADまで、コンピュータを使った図面制作の技術を基礎から身につけます。

木工
雑貨や家具などのデザインで必要となる木を使った木工のデザイン技術・加工技術を実践的に学びます。

3Dプリンタ
3DCAD、3DCGデータを元に立体を造形する最新の機器を用いて、その操作やデザインスキルを学びます。

教育設計図

プロダクトデザイン科では、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら