日本工学院 日本工学院

Menu

学生作品 店舗・ショップデザイン インテリアデザイン科

学生による店舗・ショップ・飲食店などの店舗・ショップデザイン。

学生作品 店舗・ショップデザイン インテリアデザイン科学生作品 店舗・ショップデザイン インテリアデザイン科

店舗・ショップデザイン Shop Design

さまざまな業態の店舗やショップ、飲食店などの商空間をデザインするということ。それはお客様に居心地の良い空間をつくると同時に、商品をより良く見せるためのレイアウト、お店のスタッフの効率的な作業動線などを考えて提案、デザインを行わなければなりません。店舗・ショップデザインには、デザインスキルだけでなく、さまざまな商品知識や人間工学、そしてプロデュース能力も必要となります。
そのような店舗・ショップデザインのスキルを学び、つくりあげたインテリアデザイン科の学生作品、ぜひ御覧ください!

Tea House ~お茶を飲みながら美しい庭園を楽しむ空間~

李 佳錡 インテリアデザイン科

日本の伝統文化を発信できるカフェ

台湾にある百貨店内に日本のエスプレッソといえる抹茶をメインとしたカフェを計画しました。茶室を現代風にアレンジして、シンプルな素材感を活かし和の雰囲気を残しつつ落ち着きある店内にしました。また坪庭を巧みに使用することでどこからも見ることができ、それぞれ雰囲気の違う空間にすることができました。

From Teacher

台湾出身の留学生がしっかりと日本を研究し、インテリアの中に表現できている作品です。日本人よりも日本人らしく繊細でかつ大胆な「和」の使い方がとても素晴らしいです。台湾だけでなく様々な場所で受け入れられる日本らしいインテリアになっています。

shop01_01

shop01_02

shop01_03

Boulangerie sincerite まごころパン

久保田 沙耶 インテリアデザイン科

心ゆくまでパン&カフェを楽しめる、とっておきの場所

象徴的な大きなガラス窓を設けることで、通りを行きかう人たちに焼きたてのパンが見えます。また表参道の木洩れ日が店内に降りそそぎます。ツタが張った螺旋階段・ついつい目が行ってしまう緑の外壁・大きな傘が目印のテラス席などはフランスらしさと青山らしさを表現しました。2階のカフェスペースは木材を多用して落ち着いた空間になっています。

From Teacher

パンが好き。それを感じる作品です。パンを販売するにはどんな場所でどのように見せ、食するにもどんなシチュエーションがいいかを考えられています。とても心地いい空間となっており、目をつむればパンの香ばしいにおいが漂ってきそうです。

shop02_01

shop02_02

shop02_03

shop02_04

shop02_05

Hair&Beautysalo grant 至福の時間と最高の変化を

宇田川 沙耶香 インテリアデザイン科

女性の心と身体を潤す最上のリラックス空間

女性のためのヘアサロンとメイクとフラワーアクセサリーを扱う店舗をつくりました。店内はやわらかなカーテンにて仕切られておりお互いの目線が合わないよrうに気を付けました。また日常とは違うひとときの演出として花を多く用いることで華やかな空間となり心身共に潤ってもらいたいと考えました。

From Teacher

まさしく女性が女性の為にデザインした空間となっています。動線・視線計画がしっかり考えられ、訪れるお客に対し心配りがされたインテリアになっています。「心身共に潤ってもらいたい」ということを大切にしたコンセプトをまとめた魅力的なデザインになっています。

shop03_01

shop03_02

shop03_03

RAYS Shoes Store

桜井 慎二 インテリアデザイン科

スニーカー好きのための、居心地の良いショップをプロデュース

スニーカー専門店の為、動き・躍動感・スピード感といったイメージを外観や店内に表現しました。直線的でありながら伸び・繋がり・光・動きといったデザインが時間の経過にて変化するようにもしました。店内はゆっくりと靴を選び、試し履きをして動いて確認ができるようにスペースを広くとっています。

From Teacher

スニーカーから連想された言葉をインテリアに落とし込み表現しているのがすばらしい。光を巧みに使いスピード感のある世界を作り上げたデザインにはセンスを感じます。あくまで主役はスニーカーという基本的な概念を壊さない空間構成になっていると思います。

shop04_01

shop04_02

shop04_03

◀ 空間・ショップデザイン専攻ページに戻る