日本工学院 日本工学院

Menu

教育について一覧 専門学校 日本工学院 ITカレッジ

充実した教育で即戦力のITスペシャリストを育成する東京の専門学校、日本工学院ITカレッジ。

教育について一覧 専門学校 日本工学院 ITカレッジ教育について一覧 専門学校 日本工学院 ITカレッジ

「感動教育」“ものづくり”の中で生まれる知的感動を学びの力に!

ITカレッジでは、従来のコンピュータ内で完結させるIT教育から脱却し、“ものづくり”を行う中で生まれる感動を通じて、技術力、そして創造力を育む「感動教育」をコンセプトに教育を行っています。マインドストームの正規代理店である(株)アフレルとの提携により、LEGO社の教育版マインドストームを授業に導入。自らのプログラミングによって、マインドストームが動くことで、感動が学ぶ力になる体験が、さらなるスキルアップにつながっています。

1人1台最新ノートパソコンを無償提供。場所と時間を問わず自由に学べる!

コンピュータ・ITの学習に欠かせない最新型ノートパソコン(日本工学院オリジナルモデル)をITカレッジ入学者全員に提供。マイクロソフト(株)とのソフトウェアライセンス契約により、在学中にOfficeなどのソフトウェアが無償で利用でき、バージョンアップも無償で更新されます。さらに、MOSの模擬試験ソフトやJUDE(世界中で使用されている開発ツール)などがバンドルされているので、どこでも自由に資格試験対策の学習が可能。また、卒業する際には全員にプレゼントされます。
※在学期間を通して安心してお使いいただくための補償料と一部ソフトウェア代金が別途必要となります。

最新型ノートパソコン無料提供

日本工学院オリジナルモデル
東芝「dynabook RX73」
(2018年度採用モデル)

3つのスキルを養うことで、業界で活躍するための実践力を高める

IT系学科では、ITスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキルを在学中に身につけるべき3つのスキルと考え、これらのスキルをバランス良く身につけることで、IT業界が求める実践力を持つ人材を育成。卒業後に即戦力として活躍することが可能です。ITスペシャリスト科では、ITスキルとビジネススキルを中心に、情報処理科とパソコン・ネットワーク科では、ITスキルとヒューマンスキルを中心に学びます。

●ITスキル
システム開発、プログラミング、web、AI、機械学習、IoT、ネットワーク、セキュリティなど各分野の専門知識&技術。

●ビジネススキル
各種業界の業種・業務知識、経営戦略、システム戦略、広告戦略、マネジメント能力など。

●ヒューマンスキル
社会人としての常識や仕事に対する責任感、プレゼン能力、コミュニケーション能力など。

各種IT系競技大会への参加で、専門知識の強化と真の実践力を育成。

IT系学科では、実践教育の一環として、数々の学外コンテストに積極的に参加しています。ネットワーク上で発生するトラブルの解決技術を競う「ICTトラブルシューティングコンテスト」、IT業界の未来を創造する斬新なアイディアを競う「学生ITコンテスト」、世界各国の学生が「Microsoft Office Specialist(MOS)」のスキルを競い合う「MOS世界学生大会」、全国の専門学校生が自らのビジネスプランをプレゼンテーションする「ビジネスプロデュースコンペティション」などにエントリー。専門学校生のみならず、大学生、大学院生、そして世界各国の学生と競うことで、専門知識の強化と真の実践力を育成しています。

初心者でも安心して学べる段階教育

ITカレッジでは、基礎から段階式に学んでいくカリキュラムを採用。「パソコンは初めて」「パソコンをあまり使ったことがない」という方でも安心して無理なくスキルアップできる段階教育を採用しています。

IT・パソコン初心者の方へ

担任教員が、学習・就職・学生生活を親身にサポート

日本工学院では、学生の入学から卒業までを一人の専任教師が担任を務める、クラス担任制を採用。学習・就職・そして学生生活全般まで、あらゆる面で親身なサポートを行っています。担任教員は定期的に面談を実施し、信頼関係を構築。クラス全員でスキー教室などのレクリエーションを楽しんだり、卒業後に先生のもとへ近況を伝えにくる学生も少なくありません。こうした雰囲気がITカレッジ全体の就職の良さなどに結びついています。

  • ●就職サポート

    ホームルームの時間や放課後などを利用して、履歴書の添削、適性試験、模擬試験、求人情報の紹介などを行います。特に模擬試験では、IT業界の太いパイプを通じて得た有用な情報(採用のポイントなど)をもとに実践的に指導。内定が決まるまで、あらゆる面で丁寧にサポートします。

  • ●学習サポート

    資格取得をめざす学生には、個別に過去問題を配って解説するなど、きめ細やかなサポートを実施。また、卒業制作や大学編入などに対する助言や指導も行っています。

  • ●学生生活サポート

    入学後すぐに学生一人ひとりと面談し、悩みや将来の目標など、個人の特性を把握します。より専門的な相談を行う学生相談室もありますが、まず担任教員が相談の窓口となり、学生生活の道案内的な役割を果たします。

一人ひとりの習熟度に合わせて学べるラーニングサポート

入学時のスキルレべルは全員が同じではありません。そこでITカレッジでは、それぞれの学生が、一人ひとりのレベルにあわせて、自分のペースでスキルアップできるよう、ラーニングサポートシステムを採用しています。放課後と期末に自習形式の学習時間(期間)を設け、 また週に一回資格対策だけの曜日を設置するなどして教員が学生一人ひとりの学習をサポート。さらに毎朝10分間の基礎学力トレーニングを行うなど、充実した学習サポートを展開しています。

ラーニングサポートシステム

  • ●デイリーサポート

    授業でわからなかった部分を復習したり、資格試験対策を行う学生を、教室ごとに教 員がついてサポートします。この時間を利用して、公務員試験対策などを受講することもできます。

  • ●ウィークリーサポート

    普段の授業とは別に、週に1日、資格対策講座だけの曜日を設定し、集中的に資格サポートを行います。学科・学年の枠を越えて資格対策講座を共通化することで、講座の多様化を実現しています。

  • ●期末サポート

    各種資格の講習会を数多く開催し、短期集中型の資格サポートを行います。期間(約4週間)を効率よく使えば、試験に向けて勉強したり、企業のプロジェクトなどに参加することも可能です。

ITSSをカリキュラムに導入!IT業界で活躍するための即戦力を養います

ITスキル標準(ITSS)とは、経済産業省が、各種IT関連サービスの提供に必要とされるスキルを明確化・体系化した指標で、スキルをITの職種と35の専門分野に分類し、個人の能力や経験に基づいて7 段階のレベルを規定しています。IT系学科では、多くのIT企業が注目するこのITSSをカリキュラムに反映し、レベル1~4のスキル習得を目標に即戦力を養成。一般的に大学の場合、卒業後に仕事をして初めてレベル1に到達するので、IT系学科で学ぶことが就職時に大きなアドバンテージとなります。なお、情報処理推進機構は新たな基準の策定に取りかかっており、その過渡的なものとして「セキュリティ領域」、「データサイエンス領域」についてのスキル指標として「ITSS+」が現在公開されています。

ITスキル標準

4年制学科はレベル1〜4、2年制学科ではレベル1〜2のスキルを養成

ITSSでは、11の職種と35の専門分野に分類し、個人の能力や経験に基づいて7段階のレベルを規定しています。このうち、ITスペシャリスト科ではレベル1〜4、2年制学科ではレベル1〜2のスキルを中心に学びます。大学を卒業しても、仕事をして初めてレベル1に到達するので、ITカレッジで学べば就職時から大きなアドバンテージがあります。

IT業界から講師を招く特別講義を随時開講

ITカレッジでは、IT業界の最前線に触れられるよう、業界の方々をキャンパスに招いて特別講義を行っています。過去にはAppBank、Google、マイクロソフト、アドビシステムズなどの著名な企業の方々が来校し、学生たちに直接レッスンを実施。学生たちはIT業界の実態を体感することで、知識と同時に幅広い視野を身につける良い機会となっています。

海外研修でグローバルに活躍可能な国際感覚を身につける

ITカレッジでは、希望者を対象に海外研修を実施。外国のIT企業や展示会の見学、さらに現地でベンダー資格の取得に挑む構想もあり、ITや文化、言語などグローバルな視点・感覚を養います。

まずはオープンキャンパス+体験入学にご参加ください。

開催日

4/29(日・祝)
5/6() 20() 27()
6/3() 10() 17() 24()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!

進学系イベント

もっと見る