日本工学院 日本工学院

Menu

鍼灸科 教育について

鍼灸分野のプロフェッショナルを育成する鍼灸専門学校。

鍼灸科 教育について鍼灸科 教育について

全日制ならではの豊富なカリキュラムが、即戦力となる鍼灸師を育成

日本工学院 鍼灸科が全日制なのは、臨床の現場で活躍できる、実技力を持った本物の鍼灸師を育成するためです。国家試験合格だけに固執したカリキュラムを行うのではなく、全日制という豊富な時間を利用し、臨床実習を中心にした実技演習、医療人として活躍するための人間力育成プログラム、プラス放課後の自習などでしっかりと実技を身につけることが可能です。

初心者も安心!基礎から徐々にステップアップする段階式授業

経路経穴、東洋医学概論、中医学概論などの東洋医学と、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学各論といった西洋医学をバランス良く学び、鍼灸の実技、臨床演習など、臨床実習で技術力をアップする充実のカリキュラム。また、1年次から3年次へと、段階式にスキルアップできるカリキュラム(教育設計図)を編成。初心者でも確実に理解しながらレベルアップできる学習形式は、鍼灸科の特徴の一つです。

1年次

鍼灸師としての基本を身につける

練習機や自らの身体を使い、鍼灸施術の基本練習を行います。また、オイルによる膝下のフットトリートメント実習を行い、患者さんとのコミュニケーションや接遇方法など、医療者として必要な資質を磨きます。

2年次

数多くの手技実習でスキルアップ

模擬患者さんへの手技を数多く行うことで実践的にスキルアップ。1年次の臨床実習を発展させ、より実践に近い環境での接客実習を体験します。

3年次

ベッドサイド研修

附属の鍼灸治療院内で、約3ヶ月間ベッドサイド研修を行います。3年間学んだすべてを応用に生かしながら、本格的な治療院での臨床実習を繰り返すことで、社会に出て即戦力となるレベルへ技術を高めます。

修了時

症例発表会

ベットサイド研修(臨床実習)で経験した実習内容を、各チームごとに検証し、スライドを作成、症例として発表します。自分が身につけたスキルを確認するとともに、3年間の学びの集大成となります。

医療人として活躍するための基礎を育む人間力教育

鍼灸科では、技術や専門知識を学ぶことはもちろん、社会人として、そして医療人として必須の人間力身につけるための教育を行っています。考える力や、物事に取り組む力、応用力、そしてコミュニケーション能力を磨くことで、社会で活躍する、独立した医療人を育成します。

臨床実技を重視したカリキュラムで高いスキルを習得

とにかく実技実習が豊富な、実践重視のカリキュラム。学内の鍼灸施設での施術の他、3年次には鍼灸科の教員と卒業生のスタッフが運営する附属の鍼灸治療院での臨床実習を行っています。日頃から患者さんと接することで現場が求める技術や判断力、対応力など、医療人としての総合的な能力を育てます。

女性の針灸師が増えている今、女性が学びやすい学習環境に配慮しています

はり師・きゅう師は直接体に触れる診療のため、女性のはり師・きゅう師は女性の患者さんからのニーズが高まってきています。結婚、出産後もキャリアを継続できる仕事なので、女性のはり師・きゅう師はどんどん増えています。実際日本工学院 鍼灸科では女性の学生が多く、女性を意識した施設を用意。女性用更衣室内に併設されたパウダールーム、気軽に立ち寄れるオープンカフェテラス、衛生面の確保など、女性が安心して学べる環境を整えています。

教育設計図

鍼灸科では、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら

職業実践専門課程認定学科

2014年度より、専門学校に新しい専門課程である「職業実践専門課程」が創設され、鍼灸科が認定されました。「職業実践専門課程」とは、従来の都道府県ごとではなく、文部科学省が認可を行う制度で、「職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成する」ことを目的としています。カリキュラムの編成や授業内容、教員研修などにおいて、各分野の企業と連携しながら実施することが編成要件となっており、長年、産学連携による実践教育を行ってきた本学科にとってはまさに待望の制度です。

職業実践専門課程についてはこちら