日本工学院を詳しく知るなら 今すぐ!資料請求【無料】

日本工学院 日本工学院

Menu

教育について こども学科

近畿大学豊岡短期大学学習サポートによるカリキュラムで、保育士・幼稚園教諭めざせる専門学校。

 教育について こども学科 教育について こども学科

幼児教育に関する幅広い知識を効率的に身につける

こども学科は、厚生労働省が認可した保育士養成施設校のため、2年間の指定された科目の授業をすべて履修し卒業すると、保育士資格が取得できます。また幼稚園教諭・保育士コースでは、豊岡短期大学 通信教育部 こども学科 学習サポート校※として履修することにより、保育士資格と幼稚園教諭二種免許をダブルで取得可能。幼児・保育教育に関する幅広い内容を講義、実習を通じて効率的に身につけ、実践的な知識やスキルを高めます。
※豊岡短期大学 通信教育部 こども学科 学習サポート校は、2018年度より姫路大学短期大学部<設置認可申請中>に変更予定

就職に直結!キャリア実習で望みの進路を手に入れる

2年次後期に、保育現場で求められる社会的スキルを習得するため、保育園にて「キャリア実習」を実施します。実習生としてではなく、準社会人として有給※で勤務することで、社会人としての責任感を体得。就職活動も兼ねており、キャリア実習先への就職を希望する場合は採用試験を受けることもできます。

実際の保育園などで行われる幼児教育実習やイベントに参加

こども学科では、人材育成と地域交流を目的に、八王子市私立保育園協会と教育連携。協会と本校が策定した「保育士スタンダードスキル」に基づいたカリキュラムにより、現場が真に求めるスキルを身につけた保育士を養成していきます。また、同協会が主催するさまざまな保育イベントへ参加できるなど、より実践的な学びを実現しています。

幼児教育に加え、スポーツに強い保育士・幼稚園教諭の育成

キャンパス内には、厚生労働大臣指定保育士養成施設として、保育実習、調理実習、図画工作、模擬演習などを行う保育実習室、ピアノ実習室、多目的実習室など、幼児教育・保育に必要な施設を設置。実際の保育現場さながらの環境で、実践的に学ぶことが可能です。また、スポーツカレッジを併設する日本工学院には、多彩なスポーツ施設が充実。各種トレーニングマシンやフリーウェイトトレーニング、トレーナー実習用スペースなどを備えた施設・MFC(メディカルフィットネスセンター)をはじめ、総合スポーツ施設並みの運動設備を備える巨大な体育館、陸上競技、サッカーに対応した総合グラウンド、テニスコート、プールなどのスポーツ施設も揃えているため、ボール運動、マット運動、跳び箱などチャイルドスポーツの基礎技術と指導法を学ぶことが可能です。

施設紹介はこちら

教育設計図

こども学科では、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら

Message from OB・OG

実習体験を通して、保育の重要性を知ることができました

前沢 貴司さん
COBY(コビーアンドアソシエイツ)勤務
こども学科 2012年卒
東京都立武蔵丘高校出身

日本工学院の授業で一番印象に残っているのは、実習です。実際に現場で保育の仕事を体験してみると、頭で考えるだけではわからなかったこと、自分の課題などが明確になると同時に、保育の重要性を身を持って知ることができました。保育士は、子どもの成長を見守り、保護者の方や社会の役に立つことのできる仕事。その分責任は大きく、大変だと思うこともありますが、自分自身ももっと成長して、幼児保育の質の向上に貢献できればと思っています。日本工学院で出会った仲間たちは、私の何よりの宝物です。みんなががんばっている姿を見ていると、自分も負けられない! という気持ちに。これからも良きライバルとして、切磋琢磨していきたいです。

子どもたちといつも笑顔で過ごしていきたいです!

髙橋 たかねさん
社会福祉法人 菊美会(内定)
保育士
こども学科 2016年卒
山形県立置賜農業高校出身

中学生の頃に保育園で職場体験をする機会があり、その時に子どもと関わる楽しさを知り、将来は保育士になりたいと思うようになりました。日本工学院には多彩な学科・コースがあるだけでなく、大学も併設されていて、サークル活動などを通してさまざまな出会いがあり、多くの友人ができました。このような環境で学べたことは、保育士という仕事をする上で大いにプラスになってくると思います。就職活動は、すべてのカリキュラムや実習が一通り終わってから、先生に勧めていただいた保育園に的を絞り、受験しました。ずっと憧れていた保育士として働けることに、今からワクワクしています。子ども一人ひとりにきちんと向き合えるよう、誠実に業務にあたっていきたいと思っています。