日本工学院 日本工学院

Menu

MAエンジニアの専門学校 日本工学院

プロのMAエンジニア・ミキサーを育成する専門学校。

MAエンジニア専攻 音響芸術科 専門学校 MAエンジニア専攻 音響芸術科 専門学校
  • 2017年度学生募集
  • 蒲田
  • 八王子

MAエンジニア専攻

音響芸術科
  • ProTools認定 110/201/210M/210P
  • 文部科学省認定 職業実践専門課程認定学科

映画・CM・PVなど、多彩な現場で活躍できるMAミキサー・スタッフを育成

映像にナレーション、BGM、効果音といった音を加えることで、作品として完成させていくのがMA(マルチ・オーディオ)ミキサーのお仕事。MAエンジニア専攻では音声ミキシングの技術、ライブビデオやプロモーションビデオ(PV)、ミュージッククリップ、アニメーション、映画・CMなどのMA作業、映像の編集まで幅広く学習。音に対するセンスや柔軟性、創造力実践的に身につけ、即戦力のMAエンジニア・ミキサー・スタッフをめざします。

MA実習で音づくりの経験を積み、業界の即戦力に!

MAエンジニア専攻では録音技術やミキシング技術の基礎から、効果音制作、ノンリニアMAのスキルまでを実践的に習得。実習では実際にテレビ番組や、アニメーション、映画、CMなど多彩なコンテンツの音づくりを経験し、即戦力としてプロの現場で活躍可能な人材を育成しています。

専攻の特徴

最新のMA・レコーディング実習環境が揃うハイスペックスタジオを完備

海外の一流スタジオと同様に、個性的な響きのあるライブフロア、最新スペックでフル装備したコントロールルームを完備したスタジオを蒲田校に設置。さらにMAやラジオ分野にも対応するスタジオも併設され、さまざまな業界で活躍するための幅広い録音スキルを実践的に学ぶことが可能です。学校のレベルを超えたハイクオリティなスタジオ環境でのレコーディング実習は他では経験できない貴重なものです。

施設紹介はこちら

先輩たちがソニー・ミュージックスタジオのレコーディング・マスタリングエンジニアとして活躍中!

音響芸術科の卒業生が、大手レコーディングスタジオの(株)ソニー・ミュージックスタジオのレコーディングエンジニア、マスタリングエンジニアとして活躍しています。「レコーディングエンジニアは音楽を通して、素晴らしいミュージシャン・アーティストと関わります。多彩なジャンルの音楽に触れ合うので、とてもいい刺激を受けますよ。やりがいのある仕事なので、日々何事にもチャレンジしながら経験を積み、この業界をめざしてください。」とエールを送っています。

就職・デビューについてはこちら

日本工学院はPro Toolsの認定校です

レコーディング、MA、ラジオ収録、映像のアフレコなど、レコーディング業界・関係の現場で幅広く使用されているDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)のスタンダード・Pro Toolsは、音をデジタル信号としてハードディスクに録音し、パソコンの画面で、音素材を編集・加工するシステム。日本工学院は専門学校で唯一のPro Toolsの資格認定校として、Pro Toolsに特化したカリキュラムやPro Toolsインストラクターによる直接指導など、万全の体制でPro Tools資格取得をバックアップ。上級Pro Tools認定資格・201についても毎年高い取得率を誇っています。

資格についてはこちら

Pro Toolsについて詳しくはこちら

MA・レコーディング業界を中心に、進路の幅を広げる独自の教育システムを採用

日本工学院・ミュージックカレッジでは、一人ひとりの個性に合わせた教育でスキルアップし、望みの進路をてにいれられるよう、独自の教育システムを採用。学習達成度を計る〈グレードシステム〉、プロのレコーディングスタジオなどとの連携により行われる〈インターンシップ〉などを実施し、万全の体勢で学生一人ひとりをサポートしています。

MA業界のトップエンジニアが、MAとレコーディングのすべてを指導

講師は、映画、テレビなど映像業界で音のエキスパートとして幅広く活躍する、プロのMAエンジニアたち。プロの現場同様の施設・機材を使った実習を数多く実施し、MAエンジニアとしての基礎から実践までを直接レッスンします。

丸山 由美先生

音響芸術科
MA実習担当

MAの仕事の楽しさややりがいなど、すべて感じてもらえる授業です

基本的な音の流れや機材の使い方、音に対する考え方、現場でのコミュニケーションの取り方や体調管理の大切さまで、MAのプロとして必要なすべてを指導。先生としてではなく、現場の先輩として自分の経験を話し、MAや選曲効果の楽しさ、音響芸術分野の仕事のやりがいを知ってもらえるよう心がけています。「習うより慣れろ」で実習を重ねれば、Pro Toolsも自在に使いこなせるようになります。私自身もそうですし、皆さんにも「自分の仕事が好き!」といつまでも胸を張り続けていてほしいです。

音響・レコーディング系を中心に幅広い資格を取得し、大きくスキルアップ!

音響芸術科では、各種音響・レコーディング系を中心に幅広い資格の取得に力を入れています。レコーディング・音響エンジニアには必須の舞台機構調整(音響)技能士、ラジオ音響技術検定(AR検定)、第一級陸上特殊無線技士試験、映像音響処理技術者認定試験、MIDI検定、サウンドレコーディング技術認定試験、Pro Tools技術認定試験などの資格取得を完全サポート。資格対策講座や、講師の個別サポートなどにより、毎年多くの学生が数多くの資格取得に成功しています。また、日本工学院はAVID社が実施するPro Tools 110/201/210M/210P番の認定校!日本の専門学校では唯一の認定校であり、200番台を取得できる環境です。

Pro Toolsについて詳しくはこちら

めざせる業種・職種

MAミキサー、MAエンジニア、MAスタッフ、送ミキサー、音響効果マン、TV音声、アニメ音響監督 など

まずはオープンキャンパス+体験入学にご参加ください。

開催日

9/25()
10/2() 16(※八王子校のみ) 23(※蒲田校のみ) 30(※八王子校のみ)

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!

音響芸術科では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。プロが使用するレコーディング環境で、プロのミュージシャンと一緒に、Pro Toolsを使ったレコーディングを体験!そのほかにも開催日によってさまざまな体験メニューを用意。レコーディングエンジニアの仕事を体感することができます。ぜひご参加ください!

イベント情報

進学系イベント

もっと見る

音響芸術科をもっと知る

日本工学院WebTV

日本工学院をムービーでご紹介

  • 前へ
  • 次へ

ここがポイント!

日本工学院 レコーディングクリエイター科が取り組むプレゼンテーションやインターンシップ、学科の枠を越えた多彩なコラボ実習、企業プロジェクトなどの実践教育、技術熟練教育などをムービーで紹介します。

すべてを見る