日本工学院 日本工学院

Menu

カリキュラム紹介 スポーツビジネスコース スポーツ健康学科3年・2年

スポーツビジネス業界に必須のカリキュラムを取り入れた東京八王子のスポーツビジネス専門学校。

カリキュラム紹介 スポーツビジネスコース スポーツ健康学科3年・2年カリキュラム紹介 スポーツビジネスコース スポーツ健康学科3年・2年
  • スポーツ健康学科三年制 スポーツビジネスコース
  • スポーツ健康学科 スポーツビジネスコース

スポーツ健康学科三年制 スポーツビジネスコース

スポーツビジネスを実践的に学べるさまざまなカリキュラムを用意

スポーツ健康学科三年制 スポーツビジネスコースでは、3年間という学習期間を有効に使い、スポーツとビジネスについて実践的に学ぶことができるさまざまなカリキュラムを用意しています。各種スポーツイベントへの参加やインターンシップなど、実際に業界を体感できるチャンスがたくさんあります。

カリキュラム

電子パンフレットは、PC、タブレット、スマートフォンデバイスでも、特別なソフトウェアを使用することなく、通常のブラウザだけで実際に本をめくる感覚で文書を読むことができます。本校の電子パンフレットはmeclibのサービスを使用しています。

3年間の流れ・主な授業内容

1年次

ITスキルやグローバル対応の英語力、マーケティングやイベントの企画・提案に必要な基礎知識を習得。さらにスポーツビジネス関連のより具体的な知識習得をめざして、イベント計画の作成やスポーツ報道の内容分析などを学びます。販売士3級資格の取得に向けた専門的知識の習得も目標とします。

2年次

地域の健康増進プロジェクトやスポーツビジネスプロジェクトなどを実施し、実践力を高めます。簿記検定の基礎知識や、販売士検定2級資格の取得に向けた専門的知識の習得もめざします。社会人に必要な実践的能力の習得を重視し、簿記検定3級などの資格受験に向けた学習にも力を入れます。

3年次

マネジメント、イベント、メディアの3領域において、ICTを軸に、ユーザーエクスペリエンスの観点から高度なビジネス提案を行う能力を磨き、発想力やプレゼンテーション能力の向上にも力を入れます。新スポーツのプロモーションや体験プロジェクトの企画、イベント運営など、ユーザー体験思考を生かした魅力的なサービスの提案力習得を目標とします。

就職

主な授業内容

●メディア

スポーツとメディアの関係についてディスカッションを中心に行い、基礎的なメディア・リテラシーを習得。さらにテレビ映像やスポーツ報道の内容分析を行います。

●スポーツマーケティング

スポーツ関連商品の販売活動に必要な、マーケティングの基礎知識を習得します。

●新スポーツ経営力

スポーツにおける近年の技術革新やマーケティング展開に目を向けながら、eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)やエクストリームスポーツといった新しいスポーツ領域の開拓の現状と動向やプロモーションについて学びます。

●UXビジネス演習

スポーツビジネスにおいて、ユーザーエクスペリエンス(UX)の観点を導入したサービス提供について具体的な提案を行います。参加者のための「参加しやすさ」や「参加満足度(感動、驚き、充足感など)」の向上に重点を置き、新たなスポーツビジネスの可能性を模索していきます。

スポーツ健康学科三年制 スポーツビジネスコースの時間割

時間割 2年次 前期 (サンプル)

★授業は1コマ90分。9:30始業、16:40終業(4時限)です。(予定)
時間/曜日
1時限 ビジネススキル3 プロジェクト
アサインメント1
球技3 スイミングB インターンシップ1
2時限 スポーツビジネス
プレゼンテーション3
地域プロジェクト企画 販売士検定対策講座3 簿記検定対策講座1
3時限 企業研究 簿記検定対策講座1 国内旅行業務取扱管理者講座2 販売演習2
4時限 グローバルコミュニケーション3 MFCスタッフ実習2 MFCスタッフ実習2 MFCスタッフ実習2 MFCスタッフ実習2

スポーツ健康学科 スポーツビジネスコース

スポーツビジネスを基礎から学べる、就職に強いカリキュラムを用意

スポーツ健康学科 スポーツビジネスコースでは、短期間で実力を養成するための、スポーツとビジネスについて実践的に学ぶことができるさまざまなカリキュラムを用意しています。各種スポーツイベントへの参加やインターンシップなど、実際に業界を体感できるチャンスがたくさんあります。

カリキュラム

電子パンフレットは、PC、タブレット、スマートフォンデバイスでも、特別なソフトウェアを使用することなく、通常のブラウザだけで実際に本をめくる感覚で文書を読むことができます。本校の電子パンフレットはmeclibのサービスを使用しています。

2年間の流れ・主な授業内容

1年次

ITスキルやグローバル対応の英語力を身につけ、マーケティングやイベントの企画・提案に必要な基礎知識を習得します。さらにスポーツビジネス関連のより具体的な知識習得をめざして、イベント計画の作成やスポーツ報道の内容分析などを学習。販売士3級資格の取得に向けた専門的知識の習得も目標とします。

2年次

地域の健康増進プロジェクトやスポーツビジネスプロジェクトなどを通じて実践力を高めます。簿記検定の基礎知識や、販売士検定2級資格の取得に向けた専門的知識の習得もめざし、簿記検定3級などの資格受験に向けた学習にも力を入れます。また、学びの総仕上げとして成果発表を行い。卒業後に備えます。

スポーツ健康学科三年制3年次へ編入

就職

再入学優遇制度
卒業後、本校の他の学科に再入学できます。
詳しくはこちら

主な授業内容

●スポーツ用品論

スポーツ産業を構成する産業のうち、特にスポーツ用品の小売り業に焦点をあて、産業構造、商品特性、流通のしくみについて学びます。

●イベント企画

イベント企画・提案を行うための基礎的な知識も身につけながら、地域スポーツやアウトドア実習などと関連させたレクリエーションアクティビティを企画・提案・運営の計画を作成します。

●スポーツマーケティング

スポーツ関連商品の販売活動に必要な、マーケティングの基礎知識を習得します。

●販売士検定対策講座

販売士検定に合格するための知識を、基礎から専門分野にいたるまで学習します。

スポーツ健康学科 スポーツビジネスコースの時間割

時間割 1年次 後期 (サンプル)

★授業は1コマ90分。9:30始業、16:40終業(4時限)です。(予定)
時間/曜日
1時限 ビジネススキル2 グローバルコミュニケーション2 イベント企画2 販売演習1 スポーツビジネス研究1
2時限 スポーツビジネス
プレゼンテーション2
メディア2 イベント演習 スポーツ用品論 インターンシップ1
3時限 ITビジネス2 スポーツ・レジャーとライフスタイル 球技2 国内旅行業務取扱管理者講座1
4時限 スポーツビジネスデータ分析 スポーツマーケティング演習 販売士検定対策講座2

教育設計図

スポーツ健康学科三年制/スポーツ健康学科 スポーツビジネスコースでは、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら

開催日

6/24()
7/8() 15() 22() 28() 29()
8/4() 5() 17(金) 18() 19() 25() 26()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!