日本工学院 日本工学院

Menu

教育について スポーツビジネスコース スポーツ健康学科3年・2年

スポーツ企業との提携で、活きたスポーツビジネス学べる東京八王子のスポーツビジネス専門学校。

教育について スポーツビジネスコース スポーツ健康学科3年・2年教育について スポーツビジネスコース スポーツ健康学科3年・2年
  • スポーツ健康学科三年制スポーツビジネスコース
  • スポーツ健康学科スポーツビジネスコース

スポーツ健康学科三年制

スポーツビジネスコース スポーツ健康学科三年制

「マネジメント」「イベント」「メディア」の領域をICTを軸に3年間じっくりと学習。3年次には「販売・イベント専攻」「スポーツ観光専攻」「スポーツメディア専攻」の3つの専攻に分かれ、スポーツ関連用品の販売や、スポーツイベントの企画・運営にとどまらず、スポーツを目的とする観光や、スポーツ情報の発信、出版・メディアといった新しいスポーツ産業分野も視野に入れて、実践的に学習を展開。発想力とユーザー体験思考を最大限に生かした、新しい考えを持ったスポーツ経営力を身につけます。

5Sプロジェクトで「プロモーションサービス」を実践学習

MFC(メディカルフィットネスセンター)を拠点に行う「5Sプロジェクト」では、学習成果を5つのサービス領域で発揮できる環境を作ることで実践力を高め、卒業後に即戦力として活躍できる人材の育成を行います。「5Sプロジェクト」の一つとして、スポーツビジネスコースが力を入れているのが「プロモーションサービス」。スポーツカレッジを拠点に、学生がスポーツや健康に関するさまざまな情報を発信。情報誌の制作・発行や、試合のライブ配信、また、5Sプロジェクトで計画したプランやプログラムのプロモーションも行い、スポーツビジネスの多彩なシーンで活躍するためのスキル・実践力を効果的に高めます。

5Sプロジェクトについてはこちら

スポーツ健康学科

スポーツビジネスコース スポーツ健康学科

ビジネススキルの基礎を身につけるとともに、販売とイベントなどについて現場研修などの授業で実践的に学びます。スポーツイベントの企画・運営や、スポーツグッズの販売、スポーツ施設やスポーツショップなど、さまざまなシーンで活躍できるスキルを持った人材を育成します。

5Sプロジェクトで「プロモーションサービス」を実践学習

MFC(メディカルフィットネスセンター)を拠点に行う「5Sプロジェクト」では、学習成果を5つのサービス領域で発揮できる環境を作ることで実践力を高め、卒業後に即戦力として活躍できる人材の育成を行います。「5Sプロジェクト」の一つとして、スポーツビジネスコースが力を入れているのが「プロモーションサービス」。スポーツカレッジを拠点に、学生がスポーツや健康に関するさまざまな情報を発信。情報誌の制作・発行や、試合のライブ配信、また、5Sプロジェクトで計画したプランやプログラムのプロモーションも行い、スポーツビジネスの多彩なシーンで活躍するためのスキル・実践力を効果的に高めます。

各種企業・スポーツチームとの提携で学びをバックアップ

スポーツビジネスを総合的に学び、スポーツ業界への就職を実現。日本工学院スポーツ健康学科三年制・スポーツ健康学科スポーツビジネスコースは、総合スポーツ用品店「スーパースポーツゼビオ」や「ヴィクトリア」などを経営する業界の大手企業「ゼビオ株式会社」、スポーツの国際大会や公式試合、各種イベントなどの企画から設営・運営を行う業界大手「株式会社シミズオクト」と教育提携。ゼビオとの産学協力体制での、実践的な教育・研究、シミズオクトが実施するイベントでの研修やインターンシップなど、スポーツシーンでプロフェッショナルとして活躍できる実力を実践的に身につけられる学習環境を用意しています。

学生が企画・制作・配信を行うメディア「SPORTS CH.(スポーツチャンネル)」

スポーツビジネスコースの学生が、メディア実習の一環として、企画・制作・配信を行っている学生運営のライブ配信「SPORTS CH.(スポーツチャンネル)」。スポーツカレッジが主催するスポーツイベントやサッカー・テニスなどの公式試合ほか、学内・学外の実習などをライブで動画配信。取材や撮影などを学生が担当し、スポーツ関連の多彩なコンテンツを発信することで、イベントやプロモーション、ジャーナリズムなどの知識と技術、現場対応力を身につけていきます。

スポーツチャンネルはこちら

本格的なスポーツマガジンを制作

スポーツビジネスコースでは、スポーツ記者出身の教員の指導のもと「スポカレマガジン」「HEROES」などの冊子を制作。強豪として知られる本校サッカーコースとテニスコースの選手名鑑や、プロ野球元ヤクルト監督の野村克也氏やプロバスケットボールプレイヤー田中大貴選手のインタビューなどのコンテンツを満載。取材や執筆を学生が担当し、スポーツビジネスに欠かせないコミュニケーション力や構成力、発信力を磨いています。

スポカレマガジンを見る

柔軟な学びのシステムを採用

スポーツカレッジでは、個人の興味や目的に応じて科目選択を行い、所属コースを決定する独自のシステムを採用。自分の将来像をじっくりと見極めた上で、最適なカリキュラムを選べるほか、資格取得を重視して履修科目を決めたり、複数分野にわたる専門能力の習得も可能です。2年制卒業後に3年制へ編入することもでき、一人ひとりが思い通りにキャリアアップできる柔軟な学びのシステムです。

スポーツビジネスを基礎から学ぶ実践中心のカリキュラム

スポーツイベントの運営やスポーツショップでの販売、スポーツクラブ運営など、スポーツビジネス全般で活用できるスキルを基礎から学びます。ビジネスシーンに必須のプレゼンテーション能力を磨く授業や、多彩なワークショップも用意しています。

現場実習

さまざまなスポーツイベントにスタッフとして学生が実際に携わり、現場の仕事の進め方やノウハウを吸収します。

プレゼンテーション

イベントの企画や販売促進など、効果的なプレゼンテーション技法を学びます。

イベント企画

イベントの企画・提案を行うための基礎的な知識も身につけながら、地域スポーツやアウトドア実習などと関連させたレクリエーションアクティビティの企画・提案を行います。

スポーツとメディア(3年制学科のみ)

スポーツ関係者へインタビューし、取材内容をまとめたスポーツ専門冊子を作ります。

教育設計図

スポーツ健康学科三年制/スポーツ健康学科 スポーツビジネスコースでは、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら

Message from OB

商品を通じてお客様と夢の共有ができる素敵な仕事です

小澤 飛鳥さん
販売業
ゼビオホールディングス株式会社
2010年卒
東京都立久留米西高等学校

スポーツビジネスに興味があり、在学中の「ゼビオ」の授業で、ショップ店員の仕事の楽しさを知り、迷わず進路を決めました。スポーツは性別・年齢・国籍が関係なく、当店にも多種多様なお客様がご来店されます。特にゴルフ売場は年配のお客様が多く、普段あまり接することのない年代の方と会話や接客をすることが多いのですが、その際に、在学中に経験した多彩な実習が大きな助けとなるのを感じます。スポーツショップで働く上で多くの種目を体験しておくことは、お客様との会話も膨らみますし、とても重要です。スポーツ用品の販売はプロ選手になりたい、仲間と一緒に部活で勝ちたい、健康のためにゴルフを楽しみたいといったお客様の夢や目標を、商品を通して共有できる素敵な職業です。そんな職業に出合わせてくれた日本工学院にとても感謝しています。