日本工学院を詳しく知るなら 今すぐ!資料請求【無料】

日本工学院 日本工学院

Menu

カリキュラム紹介 ウェルネス・スポーツインストラクターコース

充実したカリキュラムで多彩なスポーツインストラクターを育成する専門学校。

カリキュラム紹介 ウェルネス・スポーツインストラクターコース カリキュラム紹介 ウェルネス・スポーツインストラクターコース
  • 3年制
    スポーツ健康学科三年制
    ウェルネスインストラクター/スポーツインストラクターコース
  • 2年制
    スポーツ健康学科
    ウェルネスインストラクターコース/スポーツインストラクターコース

ウェルネスインストラクターコース/
スポーツインストラクターコース(3年制)

ウェルネス、スポーツインストラクターのプロスキルを身につける3年間

ウェルネスインストラクター/スポーツインストラクターコースでは、3年間と言う学習期間を有効に使い、ウェルネス、インストラクターの両方の内容を合わせてじっくり学び、またJATIトレーニング指導者といったパーソナルトレーニング領域についても習得。各資格取得をめざします。

カリキュラム

電子パンフレットは、PC、タブレット、スマートフォンデバイスでも、特別なソフトウェアを使用することなく、通常のブラウザだけで実際に本をめくる感覚で文書を読むことができます。本校の電子パンフレットはmeclibのサービスを使用しています。

3年間の流れ・主な授業内容

1年次

各種トレーニングメニューの基礎知識を学び、MFC(メディカルフィットネスセンター)での実習を中心に指導スキルの基本や、ICT活用能力を習得。「オープンウォーターダイバー」「介護予防運動指導員」「幼児体育指導員」「スキー技能検定」「スノーボード技能検定」「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」「JWI資格」などの資格取得も目標にします。

2年次

運動生理学や解剖学的な見地からフィットネスについて学習し、指導内容についての理解度を深めます。さらにフィットネス指導者として必要となる3つ以上の種目をマスターし、運動プログラムの作成能力をスキルアップ。「ジュニアスポーツ指導員」や「パーソナルウェルネストレーナー」取得に向け、ウェアラブルデバイスの応用的活用を習得します。

3年次

健康運動実践指導者や、指導者マネジメントとしてのスキルをさらに高め、講習やイベントなどの企画力、そして指導現場の特徴や状況に応じた指導種目のセレクト、指導を行う能力などを身につけます。「健康運動実践指導者」「JATI認定トレーニング指導者」「JACOT認定ブロンズライセンス」など難易度の高い資格取得にも挑戦します。

就職

主な授業内容

●フィットネストレーニング

幼児体育指導法、心拍センサーを使ったグループエクササイズ、中高年を対象とした運動指導などの知識・技術について学びます。

●パーソナルウェルネス演習

クラウドシステムや、ウェアラブルデバイスを活用した指導法について学びます。

●中級ダイビング実習

スクーバダイビング「アドバンスド・オープンウォーターダイバー」資格取得のために必要な知識・技術について、講義と海洋実習を通して学びます。

●健康運動実践指導者対策

健康運動実践指導者資格取得のための知識・技術を学びます。

スポーツ健康学科三年制ウェルネスインストラクター/スポーツインストラクターコースの時間割

時間割3年次 前期 (サンプル)

★授業は1コマ90分。9:30始業、16:40終業(4時限)です。(予定)
時間/曜日
1時限 ビジネススキル5 スポーツコーチング演習1 健康運動実践指導者対策4 JATI対策1 ワークショップ
マネジメント1
2時限 アウトドアフィットネス5 スタジオプログラム3 トレーニング実技4
3時限 コンディショニング1 コーディネーション
トレーニング1
COOP実習 COOP実習 インターンシップ2
4時限 COOP実習 社会体育実習C 社会体育実習C

ウェルネスインストラクターコース(2年制)
スポーツインストラクターコース(2年制)

ウェルネス、スポーツインストラクターのプロスキルを専門的に習得

ウェルネスインストラクターコースではウェアラブルデバイスや各種アプリケーションを利用したフィットネスプログラムの実践スキルを、そしてスポーツインストラクターコースではさまざまなフィットネスプログラムを体験して、その指導法ノウハウを習得。それぞれのコースで、ウェルネス・インストラクターのプロスキルを身につけるとともに、各資格取得をめざします。

カリキュラム

電子パンフレットは、PC、タブレット、スマートフォンデバイスでも、特別なソフトウェアを使用することなく、通常のブラウザだけで実際に本をめくる感覚で文書を読むことができます。本校の電子パンフレットはmeclibのサービスを使用しています。

2年間の流れ・主な授業内容

1年次

各種トレーニングメニューの基礎知識を学び、MFC(メディカルフィットネスセンター)での実習を中心に指導スキルの基本や、ICT活用能力を習得。「オープンウォーターダイバー」「介護予防運動指導員」「幼児体育指導員」「スキー技能検定」「スノーボード技能検定」「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」「JWI資格」などの資格取得も目標にします。

2年次

運動生理学や解剖学的な見地からフィットネスについて学習し、指導内容についての理解度を深めます。さらにフィットネス指導者として必要となる3つ以上の種目をマスターし、運動プログラムの作成能力をスキルアップ。「健康運動実践指導者」「パーソナルウェルネストレーナー」「水泳指導員」などの資格取得もめざします。

スポーツ健康学科三年制3年次へ編入

スポーツカレッジWキャリア制度

就職

再入学優遇制度
卒業後、本校の他の学科に再入学できます。
詳しくはこちら

主な授業内容

●ダンスフィットネス

スポーツクラブや小学校でも必須となっているダンスの知識・技術について、幅広く学びます。

●レクリエーションスポーツ

スポーツ指導の現場でのレクリエーションの考え方と、さまざまな場面での運動方法を学びます。

●フィットネストレーニング

スポーツクラブなどで必要とされるマシントレーニングについての知識、技術について学びます。

●アウトドアフィットネス

キャンパスや学外などを利用して、屋外でのフィットネスを学びます。

スポーツ健康学科ウェルネスインストラクター/スポーツインストラクターコースの時間割

時間割 2年次 前期 (サンプル)

★授業は1コマ90分。9:30始業、16:40終業(4時限)です。(予定)
時間/曜日
1時限 トレーニング実技2 パーソナル
ウェルネス演習3
ダンス
フィットネス3
バイオメカニクス スタジオプログラム1
2時限 リラクゼーション1 パフォーマンス
マネジメント実習
スポーツ栄養2 アウトドアフィットネス3 ビジネススキル3
3時限 フィットネス
トレーニング1
フィットネス
トレーニング2
スポーツ心理学 健康運動
実践指導者対策2
メンタルスキル2
4時限 業界理解研修 スポーツ経営学 フィットネス
トレーニング3
パーソナル
ウェルネス演習4

教育設計図

スポーツ健康学科三年制ウェルネスインストラクター/スポーツインストラクターコース、スポーツ健康学科ウェルネスインストラクターコース/スポーツインストラクターコースでは、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら

開催日

6/25() 7/9() 16() 23() 29() 30()
8/5() 6() 18(金※八王子校のみ) 19() 20() 26() 27()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!