日本工学院 日本工学院

Menu

建築学科 教育について

建築学科 教育について建築学科 教育について

4年間の教育で、業界最上級資格・一級建築士をめざす教育

建築学科では、4年間の充実した学習期間を使い、建築業界で仕事をする場合、もっとも重要だと言われている一級建築士取得をめざします。授業では建築業界の実務経験をもつ講師陣が、建築のスキル全般と現場のプロセスを丁寧に指導。さまざまな業界の最前線で建築のプロとして活躍できる人材を養成します。卒業後は、就職はもちろん大学院への進学も可能です。

ダブルスクールで学士の学位も取得

4年制の建築学科では、東京大学教授をはじめ、一流講師の講義が受けられる通信制の放送大学と提携しています。カリキュラムを併修することで、同大学教養学部の学士号を取得できます。時間や場所を問わずに学べるため、自分のペースでOK。高い教養と知識が得られるとともに、就職にも大変有利です。

産学連携プロジェクトで実践力を育む

建築学科では、さまざまな有名企業や団体との産学連携により、特別講義やコンペ、実習などを行い、業界に密着した教育を行っています。

産学連携による企業課題コンペにチャレンジ

不動産業を行うメイショウエステートとの産学連携による企業課題コンペを実施。課題は決められた条件の中で1K マンションのリフォーム案を提示するというもの。優秀なアイディアを発案した学生には、審査を担当したメイショウエステートより表彰状と副賞が贈られました。

オートデスクとカリキュラムを共同開発

日本工学院とオートデスクは、最先端の設計手法を身につけた人材育成のためのカリキュラムを共同開発しています。

建築設計の新しいワークフロー・BIMを学べる教育を用意

これまでの建築3Dと違い、BIMは3次元で建物のモデリングをするだけではなく、材質や構造、そしてコストや仕上げ、管理情報などのデータまでを含むこれから主流となる新しい形の建築CADです。建築の設計、施工から維持管理まですべての工程で情報活用を行うことができ、建築の新しいワークフローとして注目を集めています。日本工学院では、今後、建築業界のスタンダードとなるBIM教育を重要視。計画、設備、環境工学、建築史、法規、構造力学、一般構造、材料、施工、設計製図、CADといった建築に関するすべての学習と連携したBIM教育を行うことで、より理解度も深まり、建築設計のプロとして現場で即戦力となるスキルを身につけることができます。

ヤマダ・エスバイエルホームによる特別講義

2014年4月、産学連携授業の一環として、ヤマダ・エスバイエルホームによる特別講義が開講。建築業界の現状などを解説していただきました。

スマートハウスでの実習

ヤマダ・エスバイエルホームとの産学連携で、ソーラーパネルや各種スマート家電、蓄電池など最新のスマート技術を結集したスマートハウスでの実習を行っています。

十三浜プロジェクトで2014年度グッドデザイン賞を受賞

十三浜プロジェクトは、東日本大震災で被災した宮城県石巻市十三浜地域の「復興への挑戦」と、東京で建築を学ぶ「学生の挑戦」がコラボレーションし始動したプロジェクト。津波などの被害で枯れた樹木を材料とし、本校学生が授業課題として小屋や遊具などの製作を行っています。現在までに、農作業用の小屋や、教育機関へ幼児向けの遊具などを提供しており、その活動内容の有効性が認められ、2014年度グッドデザイン賞を受賞しました。

森がみえるプロジェクト

建築設計科では、スマートハウス実習棟の建設など、幅広く教育提携を行っているヤマダ・エスバイエルホームとの実践的プロジェクト「森がみえるプロジェクト」を行っています。実在の分譲地を対象に学生が住宅の設計提案を行い、優秀作品は建て方演習の基本プランとして活用されるというもので、丸太が住宅になるまでを体験することにより、設計以外の建築に関るさまざまな技術を知ることを目的としています。

汎用性の高いCADのスキルを基礎から学ぶ

建築学科では、建築業界をはじめとするさまざまな業界で汎用性の高い、AutoCADやVectorWorksなど2・3次元CADの教育に力を入れています。最新のCADソフトを使った実習で、基礎から実践的に学ぶことで、現場で即戦力となるCADのスキルを身につけることが可能です。

業界でも話題のオリジナル教科書でCAD実習

授業では、本校の先生たちが学生向けに作った書籍を使用。「VecterWorks学習帳」「建築・インテリア系の3DCAD」「わかる!建築構造力学」など、市販もされているもので、その充実した内容はプロの建築士からも絶賛されています。

建築分野におけるものづくり力を標準化

日本工学院では建築分野における、ものづくり力を標準化。建築設計、建築構造設計、建築施工技術などに必要とされるスキルが把握できる「MASS」を教育に導入しています。

教育設計図

建築学科(4年制)では、学習内容をステップ式に明示した日本工学院独自の教育制度「教育設計図」を導入。建築の基礎学習から、プロのスキル習得まで、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる技術者教育を行っています。

教育設計図

ホンモノに触れ、学ぶカリキュラムがたくさん

国内の各種建築物を実際に訪ねる見学会や、海外の有名建築物を巡る海外デザイン研修など、体験型カリキュラムを多数用意。実際に見て、触れることで座学では学べないホンモノを実感することができます。

在学中からプロ現場を体験し、建築の仕事を肌で感じる

建築業界の仕事を肌で知るために、多くの提携企業や設計事務所の現場を実体験するインターンシップを実施しています。授業だけでは学べない、リアルなプロの現場を実感でき、その経験は就職にも有利です。

インターンシップ協力企業

久米設計、観光企画設計社、アトリエ・天工人、ピーディーシステム(清水建築グループ)、アルモ設計(鹿島建設グループ)、内外テクノス(大林組グループ)、環境総合研究所、アーキテクチャー・ラボ、リノベイトダブリュー、藤原成暁設計室、グラフィクスアンドデザイニング、イオン設計、清水建設、田中建設、朝日建設、丹青TDC、池下設計、馬淵建設、ライフ設計事務所、インターコア など

コンペ&コンテストに挑戦! 毎年数多くの栄冠を手にしています

学生デザインコンペにおいて建築設計科学生が最優秀賞受賞

2014 年度に行われた“主張する「みせ」学生デザインコンペ”において、本校学生が最優秀賞を受賞!受賞者の多くを大学院生が占める中での快挙です!

鵜沢 信吾

建築設計科2年
国立一関工業高等専門学校出身

おもなコンペ入賞実績

第11回専門学校卒業作品展示会 ポスターコンテスト最優秀賞/ARC250コンテスト<第2回>大賞・準賞・佳作<第3回>Bena Techno賞/学生による屋上利用提案競技<第4回>優秀賞<第5回>最優秀賞&入賞/コイズミ国際学生照明デザインコンペ<第22回>銀賞<第23回>佳作&Web賞/東京インターナショナルフラワー&ガーデニングショー2010 スモールガーデン部門ブロンズ賞/第2回大田区ビジネスプランコンテスト ナムコ賞/UR都市機構 こんなの団地にあったら楽しいよ! 特別賞/JAPANTEX2008 インテリアデザインコンペ 最優秀賞/第24 回全国都市緑化ふなばしフェア 金賞/日経アーキテクチャー主催コンペ 佳作/祇園城通りまちづくりアイディアコンペ 最優秀賞/ヒマラヤ店舗デザインコンペ 優秀賞/ UR都市機構 住棟大改造から団地の活性化を考える 特別賞/第6回主張する『みせ』学生デザインコンペ優秀賞・入賞・部門賞/蔵の谷間のトイレ設計コンペ 優秀賞/日比谷公園ガーデニングショー2007 奨励賞/ジャパンガーデニングフェア for 2007 金賞/東京デザイナーズウィーク<2005>ベスト16<2008>ベスト20/地球にやさしい住生活デザインコンペティションベスト5/第11回ブラインドカラーコーディネートコンテスト学校賞準グランプリ&入賞/ニッセンデザインアワード2009審査員特別賞/第12回専門学校卒業作品展示会ポスターコンテスト最優秀賞/第7回建築家のあかりコンペ2013佳作入選 ほか多数

Message from OB

建築業界は若い人の挑戦を待っています!


住友不動産(株)勤務
建築設計科2000年卒
神奈川県立大和東高校出身

現場監督を経験後、現在は営業所長として、住宅の販売や営業所のマネジメント、新人教育などを行っています。学生時代に学んだ建築の基礎や図面を読み書きするスキルは、現在の仕事にも大変役立っており、卒業後、一級建築士の資格も取得しました。自分の行った仕事が形として残り、地図にも残る。これが“建築”という仕事の醍醐味です。若い人には活躍するフィールドがたくさん用意されているので、ものづくりが好きな人、建築に興味のある人は、ぜひこの業界に挑戦して欲しいです。

東京オリンピックの建設に携わることが、今の私の目標です


建築設計科2013年卒
清水建設(株)勤務
神奈川県立磯子工業高校出身

入学した当初は建築について全くの初心者でしたが、基礎から丁寧に教えてくださるカリキュラムのおかげで、建築に関する専門知識・技術を段階的に習得することができました。また専門学校 日本工学院には多くの学科・コースがあり、さまざまなタイプの学生や先生との出会いが、私の視野を広げてくれました。就職活動のサポートは想像以上に手厚く、社会人としての基礎となるビジネスマナーについてもご指導いただきました。周りの方々のサポートのおかげで、第一志望の清水建設から内定をいただくことができ、心からうれしく思っています。2020年の東京オリンピックの建設に携わるのが今の夢です。

学校で学んだことがすべて自分の財産になっています


(株)西原衛生工業所
工事部勤務
建築設計科 2008年卒

今私がやっている仕事は衛生設備の現場管理者です。図面で配管のルートを描きおこし、水回りの設備をつくりあげる仕事です。今、仕事上で必要となっている大事なことはすべて建築設計科の授業で学んだといっても過言ではありません。在学中は、授業なんか役に立たない、面倒くさいなどと思った時もありましたが、就職して働くようになり、すべての授業が仕事に役に立ち、大事なものだと気付きました。今となってはもう一度授業を受けたいと思っているほどです。

スケールの大きな仕事ができるのも授業で学んだことが下地にあるから


京急建設(株)
建築本部鉄道工事部勤務
建築設計科 2006年卒

現在は、鉄道施設などの新築、改修工事の現場管理業務を担当しています。専門学校日本工学院で学んだことは、今の仕事でもおおいに役に立っています。例えば、CADの授業で学んだことが基礎となり、就職後もスムーズに業務に入っていくことができましたし、2級建築施工管理技士の資格取得対策の授業で勉強したことが、現場監督として実務を行う上で参考になっています。これからも専門学校日本工学院で勉強したことを生かして、がんばりたいと思います。