日本工学院 日本工学院

Menu

建築構造・建築設備の専門学校 日本工学院

プロの建築構造・設備士めざせる東京の建築専門学校。

建築構造・設備コース 建築学科/建築設計科 建築構造・設備コース 建築学科/建築設計科
  • 2017年度学生募集
  • 蒲田
  • 八王子

建築構造・設備コース

建築学科/建築設計科
  • 国土交通省 東京都資格認定学科

建築物の生命線、建築構造と建築設備のスペシャリストになる

建物の耐震性能や構造計算などによる、安全な建築をつくり出す建築構造の技術、そして水回りや空調、電気など生活に必要不可欠なライフラインを構築・管理し、快適な住空間を提供する建築設備の技術を学習。基礎から建築デザインに関する知識を深めると同時に、耐震構造など建築構造・建築設備の専門的な知識・技術を習得。快適な居住空間と環境を守る技術者として、建築業界の第一線で活躍できるノウハウを身につけます。資格では、一級・二級建築士の国家認定を受けており、1・2級管工事施工管理技士や空気調和・衛生工学会設備士の取得もサポート。卒業後は就職はもちろん、2年制学科を卒業後は、4年制学科3年次への編入、他大学への編入など進路も多彩です。


建築学科(4年制)建築構造・設備コース

建築学科(4年制)建築構造・設備コース

4年間の充実した学習期間を使い、建築の基礎はもちろん、建築物構造の基礎や工法、そして空調や水回り、電気などの各種設備など、幅広い分野の知識・技術を、実務的な設計プロセスと関連づけて徹底学習。建築構造・設備の実務経験をもつ講師陣が、実践中心のカリキュラムで、建築のスキル全般と建築構造・設備の現場のプロセスを丁寧に指導。さまざまな有名企業や団体との産学連携により、特別講義やコンペ、実習などを行い、業界に密着した教育を行っています。卒業後、2年の実務経験を経て一級建築士をめざせます。また放送大学との併修により、高度専門士と学士の両方を取得でき、卒業後は就職はもちろん大学院進学の道も選択可能です。

建築学科(4年制)

建築設計科(2年制)建築構造・設備コース

建築設計科(2年制)建築構造・設備コース

2年間という最短の学習期間で、建築構造・設備の実務経験をもつ講師陣が、実践中心のカリキュラムで直接指導。建築構造・設備の仕事に必要となる幅広い知識と技術を基礎から学び、設計製図やCAD、構造図面の読み方や描き方、空調設備や、給排水・衛生設備、電気設備まで、さまざまなスキルを身につけることが可能です。また、資格取得を視野に入れた授業や放課後ゼミも数多く実施。卒業後は、就職はもちろん、さらにスキルアップをめざし、4年制や大学への編入も可能。卒業と同時に二級建築士の受験資格が得られます。

建築設計科

1・2級管工事施工管理技士を中心に各資格の取得を徹底サポート

工事施工管理技士とは、冷暖房設備工事、空調設備工事、給排水・給湯設備工事、ダクト工事、浄化槽工事、ガス配管工事、衛生設備工事などの管工事において、施工計画を作成し、工程管理、品質管理、安全管理等の業務を行うための国家資格。日本工学院 建築学科・建築設計科は資格認定校のため、卒業後に実務経験を経て受験が可能です。(卒業後、実務経験が4年制は1級3年、2級1年/2年制は1級5年、2級2年必要です) その他にも空気調和・衛生工学会設備士などの資格の認定を受けていて、たくさんのメリットがあります。

主な実習

住宅構造・設備実習

住宅構造・設備実習

熱効率や自然エネルギーの有効利用などを熟慮し、エネルギーをより効率的に活用できるスマートハウスの構造や合理的な設備の配置を学びます。

ビル設備実習

ビル設備実習

構造設計に必要な基礎知識、照明・配線など電気設備の基礎について学び、構造図面、設備図面の読み方、描き方について習得します。

建築構造・設備模型製作

建築構造・設備模型製作

建物の建築構造・設備などを実際にデザインし、模型を製作するこ とで実践的に身につけていきます。

BIM教育

BIM教育

材質や構造、そしてコストや仕上げ、管理情報などのデータまでを 含み、3次元で建物のモデリングを行う、BIM(ビルディングインフ ォメーションモデリング)について、基本から学びます。

コースの特徴

  • 学び
  • 施設
  • 資格
  • 就職
  • 講師

学び

建築現場で活躍するプロが、建築構造・建築設備を直接指導

建築構造・設備のプロになるためには、建築の基礎はもちろん、建築物構造の基礎や工法、そして空調や水回り、電気などの各種設備など、幅広い分野の知識が必要です。そのために、建築構造・設備コースでは建築構造・設備に関する基礎知識を、実務的な設計プロセスと関連づけて身につけていきます。建築物を建てるために必要な設計製図やCAD、構造図面の読み方や描き方から、空気の流れを制御する空調設備や、給排水・衛生設備、照明や配線といった電気設備など、各種建築設備の計画から施工までを幅広く学びます。

建築学科の教育についてはこちら

建築設計科の教育についてはこちら

施設

建築構造・設備を学ぶためのベストな環境を用意

大空間を活用した実物大の住宅建築実習を、天候を気にせずに行うことができる「ものづくり工房」(八王子校)や最新の建築技術に触れることができる「スマートハウス実習棟」(八王子校)、また、地震の揺れが建物に伝わるメカニズムを目で見て理解できる模型装置「免震比較模型」など、現場に即した充実の設備で学ぶことで、建築士や建築構造のプロとして必要となる生きたスキルを着実に身につけます。

建築学科の施設紹介はこちら

建築設計科の施設紹介はこちら

資格

二級建築士をはじめ、建築構造・設備関連など各種資格の取得をサポート

専門学校 日本工学院は、建築業界の最重要資格である「一級・二級建築士」の受験資格認定校。また、商業施設士、VectorWorks操作技能マスター認定は試験科目が免除になるなど有利なポイントがたくさん。その他、1・2級管工事施工管理技士など各重要資格の取得に向け、授業や放課後の勉強会などで徹底サポートします。

建築学科の資格についてはこちら

建築設計科の資格についてはこちら

就職

就職、進学など個々のスタイルに合わせた幅広い進路を選択可能

キャリアカウンセラーの資格を持つ専門の職員が常駐するキャリアサポートセンターが、就職をバックアップ!就職率は毎年抜群の実績を誇ります。さらに4年制3年次への編入(2年制卒業後)や、他大学への編入、大学院への進学(4年制)など、幅広い進路を選択可能です。

建築学科の就職についてはこちら

建築設計科の就職についてはこちら

講師

建築現場のプロが徹底指導するプロの技術とノウハウ

建築構造・設備コースでは、実際の建築現場で活躍するプロから、建築設計の基礎はもちろん、構造設計に必要な基本スキルや、空調や水回り、電気など各種設備の知識などを幅広く学びます。

建築学科の講師一覧ページはこちら

建築設計科の講師一覧ページはこちら

産学連携プロジェクトなど、現場に触れ、学ぶカリキュラムがたくさん

産学連携プロジェクト

建築学科/建築設計科では、大東建託との産学連携により、「住人十色のつながりプロジェクト」を実施。「学生が交流する共同住宅」をテーマに建築学科3年生がコンセプト、アイディアを図面や模型、CAD・CGなどを用いてプレゼンテーションを実施。新しいアイディア、新しい交流する共同住宅の提案に対して、実務者(プロ)の意見、アドバイス、そして表彰をいただきます。さらには工事中のナマの工事現場見学も実施。現場では、構造部材が露出した内部を見ることができ、電気・上下水道・空調の設備を入れるための準備段階などがよく分かるなど、実践力、仕事力を高めるプことができます。

建築構造・設備コースでめざせる職種

建築設備技術者、建築施工管理者、建築構造技術者、建築家(一・二級建築士)、建築設計者、建築デザイナー、住居デザイナー、ハウジングアドバイザー、インテリアデザイナー、インテリアコーディネーター、ディスプレイデザイナー、キッチンコーディネーター、家具デザイナー、建築・インテリア関係営業、建築CADオペレーター、都市計画プランナー、土木施工管理者、建築・インテリア関係営業、不動産関係営業、建築CADオペレーター、測量技術者、大工、公務員(建築系・土木系) など

主な就職先・進路

大林組、清水建設、JR東日本、京王電鉄、久米設計、熊谷組、東急建設、大東建託、ピーディーシステム、アトリエ・天工人、飛島建設、住友不動産、宇部興産、レオパレス21、ヤマダ・エスバイエルホーム、大末建設、大和小田急建設、淺沼組、観光企画設計社、サンユー建設、スウェーデンハウス、オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ、丹青TDC、タカラスタンダード、丸井グループ、大林デザインパートナーズ、天童木工、GFE一級建築士事務所、NTTドコモ、フジタ、木下工務 ほか多数

建築学科/建築設計科をもっと知る

  • 建築学科
  • 建築設計科

まずはオープンキャンパス+体験入学にご参加ください。

開催日

12/11() 1/9(月・祝)

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!

建築学科/建築設計科では、オープンキャンパス+体験入学を蒲田・八王子校で開催中!本格的なテレビ番組づくり、業界の仕事を体験しよう!各地から無料送迎バス運行中!

イベント情報

進学系イベント

もっと見る

日本工学院WebTV

日本工学院をムービーでご紹介

  • 前へ
  • 次へ

ここがポイント!

日本工学院 建築学科/建築設計科が取り組むプレゼンテーションやインターンシップ、学科の枠を越えた多彩なコラボ実習、企業プロジェクトなどの実践教育、技術熟練教育などをムービーで紹介します。

すべてを見る