日本工学院 日本工学院

Menu

分析化学専攻 環境・バイオ科

医薬・食品・環境・化粧品などの分野で、化学分析・品質管理できる技術者を育成する東京の専門学校。

分析化学専攻 環境・バイオ科 分析化学専攻 環境・バイオ科
  • 2017年度学生募集
  • 蒲田

分析化学専攻

環境・バイオ科

さまざまな物質の分析技術・分析データ処理方法を実践的に学ぶ

分析化学専攻では、環境・食品・化粧品などに含まれる環境汚染物質や分析技術を学習。分析化学の基礎となる定性・定量分析の知識や技術、各種機器分析装置の原理・取扱い方を実践的に習得します。さらに、分析データの処理方法なども身につけることであらゆる分野で活躍できる分析技術者をめざします。分析技術は、環境、食品、医療及び化粧品業界をはじめ、幅広い業界で必要とされている技術であり、さまざまな研究機関やメーカーをはじめとする各種企業などへの就職が可能です。

専攻の特徴

  • 学び
  • 就職
  • 資格
  • 施設
  • 講師

学び

定性・定量分析を主軸に、数々の実習で実践力をアップ

分析化学の基本となる、定性・定量分析スキルを身につけるため、プロの現場同様の実習施設・設備を用意。試料の成分や濃度を調べるために使用される、分光光度計、原子吸光光度計、ICP発光分光分析装置、ガスクロマトグラフ、液体クロマトグラフなどの分析装置を実際に使用し、機器の使用方法、分析方法などを学び、実践的にプロの分析スキルを身につけていきます。

教育についてはこちら

就職

進路は大手企業やメーカー、研究機関、そして大学編入と多彩

日本工学院の40年以上にわたる環境教育の歴史が培った企業とのパイプと就職ノウハウで卒業後の就職は安心。品質管理者、環境調査技術者、各種研究職として、大手企業や研究機関などをはじめ、さまざまな業界への就職が可能です。また、卒業後にさらなるスキルアップをめざし、併設校東京工科大学や他大学への編入という進路も用意しています。

就職についてはこちら

資格

「環境計量士」などの資格取得を徹底サポート

分析化学専攻では、環境計量士、環境測定分析士など、メーカーや研究機関、大手企業への就職に有利とされる資格をはじめ、さまざまな資格取得を手厚くサポートしています。資格の講習や対策授業を数多く開講し、資格所持者の講師による指導で、合格に導きます。

資格についてはこちら

施設

一流の環境調査・研究現場同様の最新施設・設備を完備

環境科学に関する最先端のスキルを身につけられるよう、一流の環境系企業の研究施設のような充実した学習環境を整備。さまざまな実験を効率よく行えるように設計された実験室には、環境分析を行うための最新の実験機器を揃え、分析技術者・バイオ技術者に求められる技術やセンスを、確実に身につけることができます。

施設についてはこちら

講師

授業、実習では環境関連業界の第一線で活躍する講師が指導

環境関連分野の最先端で活躍するプロフェッショナルの講師が、実習を中心とした授業で、実践的に直接指導します。

講師一覧ページはこちら

分析化学専攻でめざせる業種・職種

業種

企業、メーカー、環境調査・分析機関、食品メーカー、化粧品メーカー、環境機器メーカー、医療機関 など

職種

品質管理者、研究職、環境調査技術者、分析環境調査技術者、食品分析技術者、検査技術者、化粧品分析技術者、など

主な就職先・進路

就職先

資生堂、ファンケル、三星化学工業、シャロン、ペリカン石鹸、ミツイコーポレーション、アサヌマコーポレーション、ユースキン製薬、吉田プラ工業、近代化学、アテクト、大和化学工業、シーエスラボ ほか多数(順不同)

進学・編入学

東京工科大学、東京理科大学、明治大学、東海大学、東京農業大学、淑徳大学 など

まずはオープンキャンパス+体験入学にご参加ください。

開催日

12/11() 1/9(月・祝)

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!

環境・バイオ科では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催。大気汚染物質や川の水質についての調査体験や、ルームフレグランスやリップグロス、練り香水にもトライ。環境・バイオについての学びを知るチャンスです!ぜひご参加ください。

イベント情報

進学系イベント

もっと見る

環境・バイオ科をもっと知る

日本工学院WebTV

日本工学院をムービーでご紹介

  • 前へ
  • 次へ

ここがポイント!

日本工学院 環境・バイオ科が取り組むプレゼンテーションやインターンシップ、学科の枠を越えた多彩なコラボ実習、企業プロジェクトなどの実践教育、技術熟練教育などをムービーで紹介します。

すべてを見る