日本工学院 日本工学院

Menu

土木・造園科 教育について

土木・造園分野の技術者・エンジニアを育成する土木・造園専門学校。

土木・造園科 教育について土木・造園科 教育について

土木・造園両方のプロスキルをどちらも学べる

土木・造園業界では、広大なキャンパスと専門の施設を使った実習を中心に、土木と造園を並行して効率よく学びます。測量やCAD製図、造園技術などさまざまな土木・造園のプロスキルを基礎からしっかりと学び、現場で即戦力として活躍できる力を身につけます。また、各種資格を取得するための資格講座や公務員試験対策も万全です。

土木・造園科の重点教育

測量、製図、構造力学、地質工学から、CAD、造園技術実習、土木材料、そして公務員対策など、すべて実習に重点を置き、実践的に土木と造園の知識・技術が学べる教育を行っています。

  • 測量技術

    あらゆる工事の基本となる測量技術を身につけます。

  • 設計・製図

    土木の基本となる設計・製図技法を身につけます。

  • CAD技術

    CAD技術を身につけ、公園や公共施設の設計を学びます。

  • 機械・車両

    土木・造園工事に必要となるクレーンやフォークリフトなどの講習会を開催します。

  • 造園デザイン・模型製作

    造園設計のコンセプトのまとめ方や表現技法などを、実際にデザインし、模型を製作することで実践的に身につけていきます。

  • 資格対策・公務員対策

    土木施工管理技士や造園技能士などの資格対策講座を行っています。

  • 材料実験

    土木・造園に必要なコンクリートや鉄筋などの強度実験など、さまざまな材料を使って、構造材料を学びます。

教育設計図に基づいた技術者教育

土木・造園科では、学習内容をステップ式に明示した日本工学院独自の教育制度「教育設計図」を導入。土木・建築の基礎学習から、プロのスキル習得まで、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる技術者教育を行っています。

教育設計図についてはこちら

Message from OB

豊かな街づくりに貢献できるように、これからもがんばります!


神奈川県庁勤務
土木・造園科 2014年卒
神奈川県・川崎市立百合丘高校出身

お年寄りなど、体が思うように動かない方でも安心・安全に生活できるバリアフリーな街をつくりたいと思い、土木・造園科へ入学。街づくりをするためには公的機関で働くことが最善だと考え、神奈川県庁の土木職への道を志願しました。就職活動時には、学内で開講してくれた「公務員試験対策講座」が本当に役立ちましたし、当時、履歴書の書き方から丁寧にご指導してくださった先生方には、心から感謝しています。念願だった県庁から就職内定の連絡をもらったときは、信じられないぐらいうれしかったです。これからも街づくりに貢献できるように、日々がんばります!

Message from Student

実践的に学べる実習の数々で、土木の仕事の奥深さを学びました


北野建築内定
土木・造園科 2年
長野県立・長野工業高校出身

日本工学院で学ぶ大きな魅力の一つは、八王子の広大なキャンパスを活用して実習を行えること。キャンパス内にさまざまな施設があり、実際に作業を行うことができます。また講師の先生には、今も現場で活躍する実力派の先生が多く、授業や実習で、現場直結の実践的な知識を学ぶことができます。特に役に立った授業は「道路施工実習」です。実際にコンクリート舗装を行う実習ですが、自分で20m程度の道路を造るだけでも多くの知識が必要なことを知り、自分の課題も明確になりました。その他にも、2年間のすべての授業が自分の身となり、これから社会に出て活躍する上で大切な学びとなりました。これからも日本工学院で習得したことを忘れず、さらに経験を積んで、前進していきたいと思います。