その情熱、実現させよう。



ITの資格 No.7 XMLマスター 資格

XMLマスターの資格とは?

XMLマスターとは、XMLとその関連技術についての技術を測る技術者認定制度です。XMLとは、文書やデータの構造を自分で定義できる記述言語のこと。ブログなどで利用されているRSSや、医療情報(電子カルテ)で活用されているMML、企業の財務情報を扱え、銀行などでも採用されているXBRLなど、さまざまな分野でXMLの技術は使われています。またコンピュータ間で簡単にデータをやりとりできる汎用性があるため、XMLの技術は昨今、とても注目されているのです。XMLマスターは2001年に誕生した比較的新しい資格ですが、現在、資格取得者は1万人を超え、今後ますます増える傾向にあります。人気の理由は2つ。第一に、特定のメーカー・製品に左右されないため、その技術を活用できるシーンが広いこと。第二に、認定失効のない資格なので、一度取得すれば、長期にわたりその技術を活かせることです。XMLマスターは、「ベーシック」と「プロフェッショナル」の2つのレベルに分かれており、「プロフェッショナル」はさらに「アプリケーション開発」と「データベース」に分かれています。専門性が高い資格ですが、がんばって取得しておけば、「時代が必要とする技術者である」という証になるでしょう。
この資格に関わる職種
プログラマ、システムエンジニア、データベースエンジニア など

XMLマスターの資格を取得するためには?

XMLマスターは、いつでも、誰でも受けられます。試験に合格するにはXMLマスターの標準テキストで勉強する方法もありますが、XMLの構造や作成方法など、難易度の高い問題が出題されるので、IT・コンピュータ系専門学校などで、しっかりと学ぶことをおすすめします。日本工学院 ITカレッジのITスペシャリスト科、情報処理科では、資格対策講座のひとつに、XMLマスターベーシックの対策講座が開かれています。ここでは専用のテキストを使い、XMLの基礎や関連技術を、試験対策も含めて集中的に学ぶことができます。また、日本工学院はインフォテリア株式会社の開催するXMLアカデミーの認定校となっているため、講座修了後に学校内で認定試験に合格することで、XMLマスターベーシックの資格が取得できます。さまざまな分野で使われているXMLの技術を身につけている証となる資格取得を、教員一同がバックアップしています。
【主催団体】
XML技術者育成推進委員会
http://www.xmlmaster.org/

プロからのアドバイス

斎藤貴幸さん
日本工学院 ITカレッジ  教員
XMLマスターの資格は、一般的なパソコン利用者には馴染みが薄いため目立ちませんが、XMLは確実にみなさんの近くで活躍し、これからも発展しつづける技術です。XMLマスターは、高度化するITの世界の未来を担う技術者には必須の資格になっていくでしょう。ぜひ、挑戦してみてください。XMLマスターの試験は出題範囲も広く、細かな知識も問われますから、身を入れて試験勉強に取り組んでください。過去の問題から出題されることも多いので、ひと通り解いておくと安心できますよ。
詳しい資料が見たい!
XMLマスターに興味がある!XMLマスターを取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
めざせる学科一覧

ITスペシャリスト科(4年制)

システム、組込みシステム、Webシステム、ネットワーク、セキュリティの5専攻でITの知識と技術を深く学ぶ、ITスペシャリスト科。インターンシップなどの実践的体験を通して、即戦力となるIT・コンピュータのスペシャリストを育成。(高度専門士付与学科)
設置校:
蒲田 八王子

情報処理科

ソフトウェア、Web、情報の3コースを設置。ITスキルのみならず、さまざまな業種の業務知識を身につけた、あらゆる業界のシステム開発に対応できるシステムエンジニア、Webプログラマ、パソコンのプロを育成。
設置校:
蒲田 八王子
体験してみよう!
日本工学院各校では、対象学科での資格取得状況の説明を受けたり、実際の授業を体験できるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。ぜひ、ご参加ください。
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要