その情熱、実現させよう。



医療の資格 No.6 診療情報管理士

診療情報管理士の資格とは?

診療情報管理士の資格とは、病院にあるカルテと呼ばれる診療記録を管理する能力があるかどうかを認定する、社団法人日本病院会が試験を実施する資格のこと。この資格を取得することにより、診療情報管理士として、カルテの整理・分類から個人情報の管理、医療内容のデータ化、医療情報全般の分析までの業務を行うことが許されます。最近の医療現場では電子カルテの普及や、患者さんへのカルテの開示も進み、これらの業務を担う診療情報管理士の活躍の場は広がる一方。また、診療情報管理士は、ほかの医療事務と比べて、コーディングとデータマイニングに優れているという特長があります。コーディングはカルテに記載された病名などを、WHOの国際疾病分類に従ってコード化すること。データマイニングはデータベース化された医療情報を求めに応じて抽出・加工・分析すること。診療情報管理士の資格は、電子化が進む医療の現場で、健全な病院経営、的確で迅速な診療、医療全般の質の向上にまで関係する、これからの医療業界においてますます重要になる資格なのです。
この資格に関わる職種
大学病院、総合病院、クリニック、介護老人保健施設、リハビリテーション施設、身体障害者福祉施設、医療関連企業 など

診療情報管理士の資格を取得するためには?

診療情報管理士の資格取得をめざすには、まず、社団法人日本病院会が定めた専門学校や短期大学などで学び、専門課程修了後に受験資格が与えられます。試験科目には外科学、内科学、生理学、ICDのコーディングなどさまざま。医療に関する基礎知識や診療情報管理についての基本的な専門知識が必要になりますので、しっかりと専門学校などで勉強することが大事でしょう。日本工学院医療・保育カレッジの医療事務科では、診療情報管理士試験合格を最大の目標においたカリキュラムを用意。1年次では基礎知識と技能を学び、2年次ではハイレベルなコンピュータ科目を含んだ選択科目で知識と技能をさらに強化。3年次では病院実習と徹底的な試験対策を行います。診療情報管理士の資格取得後は、あらゆる医療機関が進路の対象です。診療報酬請求事務能力認定試験や、医事コンピュータ技能検定もあわせて取得しておくと、進路の幅も広がり、就職にも有利になりますよ。
【主催団体】
社団法人 日本病院会
http://www.hospital.or.jp/

プロからのアドバイス

倉口美樹さん
日本工学院医療・保育カレッジ
医療事務科 教員
診療情報管理士は、現在、医療機関において緊急に必要とされる人材です。今後、医療機関での事務職を希望する人は、診療情報管理士の資格を取得しておいたほうが就職に有利に働くだけでなく、その後のキャリアアップにもつながっていくでしょう。もちろん資格を取るためには、たくさんの専門知識を学ぶ必要がありますが、一生の資格とキャリアになるのですから、コツコツと努力をして資格に挑み、自信を持って医療現場に飛び立っていってもらいたいと思います。
詳しい資料が見たい!
診療情報管理士に興味がある!この資格を取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
なれる学科一覧

医療事務科

医療秘書・医療事務のスペシャリストを育てるため、2つのコースを設置。医療知識やビジネスマナー、ITスキルまで徹底指導し、就職に有利な医療事務系資格もサポートします。
設置校:
蒲田 八王子
体験してみよう!
日本工学院各校では、対象学科での資格取得状況の説明を受けたり、実際の授業を体験できるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。ぜひ、ご参加ください。
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要