その情熱、実現させよう。



医療の資格 No.5 医療秘書技能検定

医療秘書技能検定の資格とは?

医療秘書技能検定とは、日本の医療現場の事務スタッフに必要な能力を測る試験のひとつ。医療秘書としての知識と技能を認定する資格です。医療秘書は、医療機関の組織・運営に関することから、カルテ管理、医師のスケジュール管理、レセプトの作成などを行い、忙しい医師や看護師が治療に専念できるよう、事務的作業をサポートします。医療機関での採用において、医療秘書技能検定の取得を条件に挙げているところもあるため、医療関係の事務職・医療秘書としての就職を希望する人には、必須の資格といえるでしょう。秘書の基本として、ビジネスマナーやコミュニケーション能力も身につければ、院長秘書などもめざすことができます。医療秘書の仕事の中には、病院受付や電話応対など、気配りが求められるものも多いため、医療秘書技能検定にトライする多くは女性ですが、最近では、医療秘書として医師や看護師、患者さんを直接サポートする男性も増えてきています。
この資格に関わる職種
病院、各種医療機関、健康保健組合、クリニック、介護老人保健施設、調剤薬局、福祉施設、老人保健組合、医療情報会社、一般企業 など

医療秘書技能検定の資格を取得するためには?

医療秘書技能検定は、医療秘書教育全国協議会が実施する試験。年齢、性別、学歴に関係なく誰でも受験できます。ただし、医療秘書技能検定を取得して就職を希望するのであれば、専門学校などでしっかりと学ぶことがおすすめです。日本工学院の医療事務科および、北海道校の医療秘書科では、就職後に即戦力として働ける、医療秘書の知識・技術が身につけられるような授業を用意しています。過去問題から出題傾向を分析した演習や、試験前の補習講座のほか、本番の試験さながらに模擬試験を実施するなど、医療秘書技能検定の資格取得のサポート体制も万全です。医療現場のIT化に対応するために、最新型のレセコンシステム(レセプト作成のためのコンピュータシステム)を取り入れるなど、医療秘書・事務系スタッフとして活躍する人材を育てる環境を整えています。
【主催団体】
医療秘書教育全国協議会
http://www.medical-secretary.jp/

プロからのアドバイス

阿部麻子さん
日本工学院医療・保育カレッジ
医療事務科 教員
医療秘書技能検定の試験は暗記する項目が多いので、日々の授業に真摯に取り組み、自らも単語帳などを作って自習することが大切です。レセプトについても、授業でかなりの量を作成しますが、自分で繰り返し練習をしておくと、より安心でしょう。小テストや模擬試験で合格点に達しない場合には、きちんと補習も行ないます。みなさんのやる気さえあれば、合格は間違いありません。医療秘書技能検定を取得していれば、就職活動にも大いにプラスに働きますよ。
詳しい資料が見たい!
医療秘書技能検定に興味がある!この資格を取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
なれる学科一覧

医療事務科

医療秘書・医療事務のスペシャリストを育てるため、2つのコースを設置。医療知識やビジネスマナー、ITスキルまで徹底指導し、就職に有利な医療事務系資格もサポートします。
設置校:
蒲田 八王子

医療秘書科(北海道校)

医療事務系スタッフに必要な医療系・秘書系・パソコン系の知識をバランスよく習得。診療報酬請求事務能力認定試験などの資格合格をサポートします。
設置校:
北海道
体験してみよう!
日本工学院各校では、対象学科での資格取得状況の説明を受けたり、実際の授業を体験できるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。ぜひ、ご参加ください。
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要