その情熱、実現させよう。



音楽系の仕事 No.7 映像音響処理技術者認定試験

映像音響処理技術者認定試験とは?

映画やテレビの世界では、あるシーンによりインパクトを与えるために、さまざまな音を使います。時には静かな音楽で癒しを演出し、時には秒針の神経質な音で緊迫感を出し、時には大きな爆発音でショックを与える……。映像音響処理技術者認定試験とは、テレビ・映画などの映像作品制作において、ポストプロダクション(映像編集・MA)の段階で必要となる技術に関する認定試験。映像そのものを編集するだけでなく、映像に対する音づけや編集技術・知識までが問われます。映像制作の世界で、今注目されている資格です。映像音響処理技術者認定試験を実施しているのは、日本ポストプロダクション協会(JPPA)。現在活躍しているさまざまな制作プロダクションは、JPPAに加盟しているので、映像制作の現場に羽ばたこうとしている人にとって、この資格は大きな武器になるでしょう。「映像音響処理の基本的な技術はわかっているんだよね」という暗黙の了解になるからです。
この資格に関わる職種
ポストプロダクション
映像編集、MA(映像に対する音付け、編集) など

映像音響処理技術者認定試験を取得するためには?

映像音響処理技術者認定試験は、誰でもトライできます。試験は年1回。映像、音響、デジテルメディア、コンピュータなど幅広い知識と技術が求められるため、映像・音響系の専門学校で専門的に学ぶことが資格取得への近道です。日本工学院 ミュージックカレッジの音響芸術科、クリエイターズカレッジの放送芸術科では、通常のカリキュラムで、認定試験の範囲をほぼカバーしています。範囲が広いため、1つの科目だけではすべてカバーすることはできませんが、積極的に授業に取り組めば、映像音響処理技術者認定試験合格への道は開けます。試験直前には、問題解説を中心とした特別講座を実施。学べは学ぶほど面白くなる映像音響処理技術。日々の授業に真面目に取り組むことプラス直前特別講座で、試験対策はバッチリです。
【主催団体】
一般社団法人 日本ポストプロダクション協会
http://www.jppanet.or.jp/

プロからのアドバイス

瀧口裕正さん
日本工学院 ミュージックカレッジ
音響芸術科 教員
映像音響処理技術者認定試験に合格しないと仕事ができない、ということではありませんが、資格を取るためには、現場で求められることを必死で勉強することになります。実は、この努力が一番重要。努力こそが自分のスキルアップにつながるからです。おそらく、試験の範囲の内容を理解した上で現場に出ていくと、「私、かなりハイレベルな新人かも……」と思えるでしょう。努力が自信につながる。それを忘れないでください。
 
詳しい資料が見たい!
映像音響処理技術者認定試験に興味がある!この資格を取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
めざせる学科一覧

音響芸術科

プロのエンジニアによる直接指導と最新鋭の機材で、明日の音響業界で活躍できるプロを育成します。レコーディング、MA、ラジオのテクニックを実践的に学ぶ3専攻を設置。
設置校:
蒲田 八王子

放送芸術科

テレビ・映画業界をめざす6つのコースを設置。テレビ・映画・映像業界の第一線で活躍する講師陣による、プロ仕様の機材を使った実習で、放送業界の即戦力をめざします。
設置校:
蒲田 八王子

この学科でも目指せます

電子・電気科
体験してみよう!
日本工学院各校では、対象学科での資格取得状況の説明を受けたり、実際の授業を体験できるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。ぜひ、ご参加ください。
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要