その情熱、実現させよう。



音楽系の仕事 No.2 MIDI検定

MIDI検定の資格とは?

MIDI検定は、コンピュータを使って音楽を活用・制作・編集などをするための技能検定です。「MIDI」をひと言で説明すると、電子楽器とコンピュータをつなぐ「言葉」。MIDIについて学ぶことで、オリジナル曲の制作や、通信カラオケデータ制作、着信メロディやゲーム音楽の制作などに必要な技能を身につけることができます。インターネット配信、携帯プレーヤーや携帯電話、アウトドアに至るまであらゆるシーンで音楽をフル活用することが可能になるのです。コンピュータはステレオやラジカセ以上の音楽メディアとして認められていて、パソコンが普及している今日では、パソコン上で音楽を楽しむ人も増えています。MIDIは再生機でもあり、楽器でもあり、スタジオでもあり、プレーヤーとも言えるでしょう。音楽業界では、コンピュータやMIDIに関する知識を習得している人、そして、その知識を駆使して音楽の制作・監修ができる人材が求められています。パソコンを通じて音楽の新しい可能性を追求する技能を測るMIDI検定。趣味として音楽を楽しむときに十分生かせるだけでなく、すでに各企業で資格保持者が活躍し始めているのです
この資格に関わる職種
音楽制作会社(作曲・編曲・演奏など)、ゲーム制作会社(作編曲・サウンドクリエイターなど)、カラオケ制作会社(データ制作・監修)、着メロ・着うた制作会社(データ制作・監修)、電子楽器製造会社、楽器・PC販売店、音楽・PC関連出版会社、アミューズメント関連、IT関連コンテンツ制作会社(作編曲・サウンドクリエイターなど)、遊戯台制作会社(作編曲・サウンドクリエイターなど)

MIDI検定の資格を取得するためには?

音楽を効率よく伝達するためのMIDI規格を十分に理解し、活用していくためには、音楽系の専門学校などで基礎から学ぶことをおすすめします。音楽の専門学校 日本工学院では、まずオーディオとMIDIの違いを理解して、パソコンを使った音楽の楽しみ方を学ぶことからスタートし、音楽情報の数値化から最終的な制作・監修までの一連の技能を学習します。特にミュージックアーティスト科では、毎年9月に特別講義を開き、MIDI検定受験対策もバッチリ。1年次前期に4級、1年次後期に3級の全員合格をめざし、2年次には上級と言われている2級合格をめざしたサポートを行っています。

【主催団体】
社団法人 音楽電子事業協会(AMEI)
http://www.amei.or.jp/

プロからのアドバイス

國友孝純さん
日本工学院
ミュージックアーティスト科/
ゲームクリエイター科 教員
まずは、パソコンで音楽を楽しみながら活用方法を学び基礎となる4級を取得し、次にMIDI音楽制作実習で制作をしながら、必要なパソコン用語、シーケンサーソフトのMIDI用語を理解して、3級、2級とレベルを上げていきましょう。MIDI検定は、着メロや着うた、ゲーム音楽制作においては必須の資格ですから、きちんと学んで仕事に生かしたいものです。でも、資格取得がゴールではありません! そこからゲーム音楽作曲家や、J-POPで活躍する音楽家になった先輩もいます。次世代の音楽をリードするためにも、がんばってくださいね。
詳しい資料が見たい!
MIDI検定に興味がある!MIDI検定を取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
めざせる学科一覧

ミュージックアーティスト科

プレイヤー、ヴォーカリスト、ミュージッククリエイターの3コースを設置。バンド結成支援、学内オーディションなど、充実した音楽学習環境であなたの業界デビューをバックアップします。
設置校:
蒲田 八王子

音響芸術科

プロのエンジニアによる直接指導と最新鋭の機材で、明日の音響業界で活躍できるプロを育成します。レコーディング、MA、ラジオのテクニックを実践的に学ぶ3専攻を設置。
設置校:
蒲田 八王子

この学科でも目指せます

コンサート・イベント科
ゲームクリエイター科
体験してみよう!
日本工学院各校では、対象学科での資格取得状況の説明を受けたり、実際の授業を体験できるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。ぜひ、ご参加ください。
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要