その情熱、実現させよう。



スポーツ・保育の資格 No.2 健康運動実践指導者

健康運動実践指導者の資格とは?

健康運動実践指導者とは、健康づくりのための運動実践者に与えられる称号のひとつ。医学的知識や運動生理学の知識、健康づくりに欠かせない運動指導の知識・技能を有する人に与えられる資格です。健康運動実践指導者は、健康づくりを目的につくられた運動プログラムに沿って、その人に適した指導を行うことができます。高齢化社会が進む今日、お年寄りの日常の運動は、心身ともに健康でいるために不可欠なもの。また、IT化で世の中が便利になった分、多くの社会人は運動不足になりがちで、生活習慣病に悩まされている人も少なくありません。健康運動実践指導者は、そのような人々に、健康づくりの視点から適切な実践指導を行います。特に、年齢を問わず誰でも気軽に楽しめるジョギングやウォーキング、水泳・水中運動、エアロビックダンスなどは健康運動実践指導者の得意分野といえるでしょう。健康運動実践指導者の資格取得後は、地域の健康増進センターや保健所、フィットネスクラブ、老人福祉施設などで仕事をする人が多いようです。フリーランスで、地域社会の健康づくりに尽力するのも、やりがいある道のひとつです。
この資格に関わる職種
スポーツトレーナー、パーソナルトレーナー、フィットネストレーナー、スポーツインストラクター など

健康運動実践指導者の資格を取得するためには?

健康運動実践指導者の資格は、健康・体力づくり事業財団が認定する専門学校などで学ぶのが取得の一番の近道でしょう。卒業年度に申請し、試験を受けて合格すれば資格取得となり、健康運動実践指導者として羽ばたくことができます。日本工学院では、スポーツカレッジのスポーツトレーナー科三年制、スポーツトレーナー科、スポーツ健康学科三年制、スポーツ健康学科で健康運動実践指導者の資格取得がめざせます。ともに、運動指導と介護の両面から多面的に学び、人々の健康・体力づくりに必要な知識・技能を修得します。試験対策も資格の内容に沿った授業を展開。試験直前には特別講座を開くなど、万全の体制で健康運動実践指導者資格取得をサポートします。さらに、本校は、健康・体力づくり事業財団の認定校なので、講習が免除となる特典付きです。
【主催団体】
財団法人 健康・体力づくり事業財団
http://www.health-net.or.jp/
プロからのアドバイス
三樹春幸さん
日本工学院スポーツカレッジ  専任教員
健康運動実践指導者は、一般の幅広い年齢層を対象として、生活習慣病などを予防し、健康水準を保持・増進する観点から社会に大きく貢献します。運動に興味があり、また、人と接することが好きな方には非常に適した資格と言えるでしょう。日本工学院では、資格取得のための特別講座も開いています。がんばって合格をめざし、人々の健康のための努力を惜しまない健康運動実践指導者になってほしいと思います。
詳しい資料が見たい!
健康運動実践指導者に興味がある!この資格を取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
なれる学科一覧

スポーツ健康学科三年制/
スポーツ健康学科(2年制)

運動指導と介護知識・技術などについて学ぶ健康運動指導コースをはじめ、スポーツインストラクターやスポーツビジネスなど、スポーツ業界をめざす専門性に優れた5コースを設置。
設置校:
八王子

スポーツトレーナー科三年制/
スポーツトレーナー科(2年制)

3年間の学習で、競技特性に合わせたハイレベルなスポーツ指導が行えるパーソナルトレーナーやアスレティックトレーナーをめざす、スポーツトレーナーコースをはじめ、専門性に優れた5コースを設置。
設置校:
八王子
体験してみよう!
日本工学院各校では、対象学科での資格取得状況の説明を受けたり、実際の授業を体験できるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。ぜひ、ご参加ください。
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要