その情熱、実現させよう。



テクノロジーの資格 No.15 色彩検定 資格

色彩検定の資格とは?

色彩検定は、A・F・T(全国服飾教育者連合会)が1990年に実施し、2006年度に文部科学省が後援する「技能検定」になったものです。現在、1級から3級までの3段階の検定試験があり、1級が色彩検定の最高レベルです。色彩検定は、1994年に生涯学習の一環として評価されたこともあって、デザインなどを学ぶ学生はもちろんのこと、インテリアやファッション、グラフィックデザインに携わるプロフェッショナル、色彩に興味のある子どもからお年寄りまで、多くの人が検定試験に挑戦しています。これまでは、色を選んだり、色使いを決める場合は、感性に頼ることが少なくありませんでした。しかし、色彩検定がより広く認知されることにより、理論に裏付けられた色彩の活用法を用いる人が急増中。ビジネスシーンだけでなく、趣味に反映したり、生活の中に効果的な色使いを取り入れるなど、検定試験合格者は、色彩検定の知識や技能を生かしているようです。色彩検定に合格すれば、社会的に「色彩のスペシャリスト」として認められるだけでなく、就職の際の武器になるかもしれませんね。
この資格に関わる職種
インテリア関係、プロダクト関係、ファッション関係、コスメ関係、流通関係、建築関係、グラフィックデザイン関係、広告関係 など

色彩検定の資格を取得するためには?

色彩検定の資格は、年齢、職業を問わず、誰でも何級からでも気軽に受けることができます。色彩検定の試験内容は級によって異なります。1級になれば問われる知識も高度になりますが、専門的に勉強すれば、決して合格への道は険しくはありません。日本工学院では、インテリアデザイン科、プロダクトデザイン科で、色彩検定の試験対策に直結する授業を選択できます。色彩検定と同時に、カラーコーディネーターの資格をめざすことも可能です。色彩検定に合格すれば、その専門知識はあらゆる業界で生かすことができるでしょう。
【主催団体】
社団法人 全国服飾教育者連合会(A・F・T)
http://www.aft.or.jp/

プロからのアドバイス

大竹光代さん
日本工学院 デザインカレッジ
インテリアデザイン科/
プロダクトデザイン科 教員
色彩検定は、社会に幅広く受け入れられており、どんな業種・職種にも活用できる手軽な資格として認知されています。そのため、受験者も年間9万人弱とたいへん多く、合格率も高くなっています。カラーコーディネーターと同様に在学中に取得できるため、資格取得の登竜門として気軽にチャレンジしてみてください。
詳しい資料が見たい!
色彩検定に興味がある!色彩検定を取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
めざせる学科一覧

インテリアデザイン科

インテリアデザイン科では、インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの2コースを設置。充実した施設を使った実習で、インテリアのプロを育成します。
設置校:
蒲田・八王子

プロダクトデザイン科

プロダクトデザイナー、カーデザイナー、家具デザイナー、雑貨デザイナーの4専攻を設置。実践的な実習でデザインの基礎からモデリング、CAD設計にいたるまで、プロダクトデザインのスキルを学びます。
設置校:
蒲田・八王子

建築学科(北海道校)

インテリアデザインコースとテクニカルコースを設置。建築デザイナー、インテリアデザイナー、建築士、建築施工技術者など建築・インテリア分野のプロをめざします。
設置校:
北海道

この学科でもめざせます

建築学科(4年制)/建築設計科(蒲田・八王子)
機械設計科(蒲田・八王子)
環境・バイオ科(蒲田)
クリエイターズカレッジ全般(蒲田・八王子)
デザインカレッジ全般(蒲田・八王子)
ITスペシャリスト科(蒲田・八王子)
情報処理科(蒲田・八王子)
情報ビジネス科(蒲田・八王子)
CGデザイナー科(北海道)
体験してみよう!
日本工学院各校では、対象学科での資格取得状況の説明を受けたり、実際の授業を体験できるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。ぜひ、ご参加ください。
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要