その情熱、実現させよう。



テクノロジー資格 No.3 電気主任技術者 資格

電気主任技術者の資格とは?

電気主任技術者の資格とは、電気設備を扱う仕事をするために必要な、経済産業省が認定する資格です。世の中の設備のほとんどが電気によって動き、コントロールされています。その電気を安全かつ有効に利用できるよう、電気関係の工事・維持・保安などの監督を行うプロを電気主任技術者と呼びます。電気事業法によって、「事業用電気工作物の設置者には電気主任技術者の資格を持っている人を選任する」と定められているため、発電や送電、配電設備などがある工場やビルなどでは、電気主任技術者の資格を持った人が必ず必要とされるのです。電気主任技術者には第1種から第3種まで3つの種類があります。違いは扱える電圧の大きさ。第1種なら日本中にあるすべての電気工作物を扱うことができます。少なくとも、この世の中から電気がなくなることは決してありません。電気主任技術者は、電気を使うすべての場所が活躍の場。一度取得すれば一生ものの資格なので、定年後にも活躍できる、非常に有効な資格といえるでしょう。
この資格に関わる職種
電力会社 、鉄道会社、電気設備管理会社、電気工事会社、発電所、変電所、ビルメンテナンス、ビルマネジメント会社、スタジアム、テーマパーク、各種研究所、鉄道電気設備関連会社、電機メーカー など

電気主任技術者の資格を取得するためには?

電気主任技術者の資格を取得するためには、(財)電気技術者試験センターの試験に合格するか、認定校で所定の単位を取得後、実務経験を経て申請する2つの方法があります。日本工学院の電子・電気科 電気工学コースおよび、北海道校テクノロジー科電気工学コースでは、経済産業省から認定を受けているので、第2・3種電気主任技術者の資格が無試験で取得できます(要実務経験)。電気工学コースの授業は、理論・実験・実習のあらゆる面から電気主任技術者の資格に直結しており、在学中に資格取得にトライする学生も少なくありません。講師陣も日頃から試験合格のバックアップをしています。第1種電気主任技術者になると難関度は相当高くなりますが、業界からのニーズが高い資格ですので、ぜひ、トライしてください。
【主催団体】
財団法人 電気技術者試験センター
http://www.shiken.or.jp/

プロからのアドバイス

只埜洋樹さん
日本工学院 テクノロジーカレッジ
電子・電気科 教員
電気主任技術者は電気業界ではトップクラスに入る最重要資格。この資格を持っていれば、電気に関する仕事全般において重宝され、大活躍できることでしょう。経験を積めば、独立して開業することも可能です。何より、業界では有資格者が圧倒的に不足しています。がんばって電気主任技術者の資格を取得し、楽しく有意義な人生を送りませんか?
詳しい資料が見たい!
電気主任技術者に興味がある!電気主任技術者を取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
めざせる学科一覧

電子・電気科
電気工学コース

電子・電気科は、電子技術や、電気工事などを学ぶ4コースを設置。電気工学コースでは、電気の基礎から鉄道や発変電システム、さらに太陽電池や風力発電といった新エネルギー技術まで、電気工学のすべてを総合的に学びます。
設置校:
蒲田 八王子

テクノロジー科

電気工学コースでは、電気の基礎から最新テクノロジーまで、電気技術者に必要な知識・技術を確実に習得します。就職率は毎年100%を達成。また道内唯一の電気主任技術者の資格認定校です。
設置校:
北海道
体験してみよう!
日本工学院各校では、対象学科での資格取得状況の説明を受けたり、実際の授業を体験できるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。ぜひ、ご参加ください。
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要