その情熱、実現させよう。



テクノロジーの資格 No.12 環境計量士 資格

環境計量士の資格とは?

水質汚染に地球の温暖化。もはや環境問題は深刻な問題となって、私たちの目の前に存在しています。環境計量士とは、環境(大気、水質、土壌など)の汚染物質濃度や騒音、並びに振動についての計量結果を証明できる資格です。経済産業省が認める国家資格で、環境計量の現場で、水や大気の汚染物質を専門とする「濃度関係」と、騒音・振動を専門とする「騒音・振動関係」の2つに分類されます。環境計量士は、環境計量の現場では調査測定分析の専門家として、ビジネスでは測定分析結果の公表や取り引きの責任者として、計量証明事業の中心的役割を担います。環境計量士の資格を持っていれば、計量計画の立案から、計量方法の研究、そして、計量結果の調査・分析、その結果をまとめた計量証明書に署名捺印することができるのです。環境問題は今、社会的にも関心が高まり、国や企業も、環境問題を無視して事業を起こしたり継続することはできません。環境測量士は、これからますます求められる、価値ある資格といえるでしょう。
この資格で活躍できるフィールド
官公庁、環境コンサルティング会社、建設会社、建築土木会社、メーカー など

環境計量士の資格を取得するためには?

環境計量士の資格を取得するためには、濃度関係、騒音・振動関係それぞれ、筆記試験に合格する必要があります。誰でも受験できますが、環境計量士として活躍するためには、しっかりとした知識と専門の機器を扱える技術を、専門学校や大学でしっかりと身につけましょう。日本工学院の環境・バイオ科では、環境計量士をはじめとする環境技術者に必要な能力を総合的に身につけることができます。分析化学、計量管理、環境関連法規などの授業で専門知識を学び、機器や装置を用いた実験で測定分析技術を習得。資格取得講座では、試験科目別に出題範囲に沿った講義と演習を行うなど、環境計量士取得のための万全なサポート体制を整えています。
【主催団体】
経済産業省
http://www.meti.go.jp/information/license/

プロからのアドバイス

天野正明さん
日本工学院 テクノロジーカレッジ
環境・バイオ科 教員
環境計量士は、環境を守る仕事の最前線で活躍できる資格です。環境計量士が分析したデータは、環境保全のさまざまな活動の指針となります。「地球環境を良くしたい。そのために知識・技術を身につけたい」というみなさんの強い思いが、美しい地球環境を後世につなげることになるのです。環境計量士の資格取得への道は決して平坦ではありませんが、やりがいのある仕事が待っていると信じて、やり遂げてほしいと思います。
詳しい資料が見たい!
環境計量士に興味がある!環境計量士を取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
めざせる学科一覧

環境・バイオ科

環境の状態を判断するための調査・分析・評価方法を実習を通して身につけます。近年注目されている生態系や環境の保全、汚染環境の修復法、地球温暖化や気候変動などについても詳しく学習。より良い環境をつくる環境・バイオ技術のエキスパートを育成します。
設置校:
蒲田
体験してみよう!
日本工学院各校では、対象学科での資格取得状況の説明を受けたり、実際の授業を体験できるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。ぜひ、ご参加ください。
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要