その情熱、実現させよう。



テクノロジー資格 No.2 工事担任者(AI・DD種) 資格

工事担任者(AI・DD種)の資格とは?

工事担任者を簡単に説明すると、「電気通信回線の工事ができる人」です。インターネットが普及し、アナログ・デジタル回線で世界中が結ばれるようになった今日、電気通信回線の端末設備工事を担当できる人の需要は増えています。工事担任者の資格を持っていれば情報通信の設備工事ができるだけでなく、保守や管理、工事の監督などの仕事にも携われるのです。生活やビジネスに情報ネットワークのインフラは不可欠。専門知識と技術を持った工事担任者は、さまざまな場面で活躍することが可能です。工事担任者には7つの資格があります。アナログ(AI)・デジタル(DD)それぞれに第1種から第3種まで(合計6つ)と、すべての工事範囲を含むアナログ・デジタル総合種という資格を合わせて合計7つです。資格の種類によって、工事を施工・監督できる範囲が異なります。
この資格に関わる職種
○電気通信設備の情報通信ネットワーク技術者、情報通信技術者
○情報通信設備の保守・管理・調整や情報通信設備工事 (光ファイバー網、IPネットワーク網、携帯電話網)の設計、構築技術者および施工管理技術者

工事担任者(AI・DD種)の資格を取得するためには?

工事担任者は国家資格です。誰でも受験できますが、資格を取得するためには、筆記試験を受けて合格しなければなりません。筆記試験は、「電気通信技術の基礎」「端末設備の接続のための技術および理論」「端末設備の接続に関する法規」の3種類。日本工学院の電子・電気科は総務省による資格認定を受けているので、指定の授業を受けることで、「電気通信技術の基礎」の試験が免除されます。また、電子・電気科電気工事コースでは、学校内において養成課程を実施しており、それを受講して修了試験に合格すれば、「工事担任者養成課程修了証(DD第2種)」を発行します。それを総務省に届け出れば、国家試験を受けなくても工事担任者の資格が取得できるのです。情報通信技術は今後ますます発展していきます。その発展と人々を結ぶのが工事担任者の仕事。資格を取得して、やりがいある仕事にトライしてみませんか?
【主催団体】
財団法人 日本データ通信協会(電気通信国家試験センター)
http://www.shiken.dekyo.or.jp/

プロからのアドバイス

井上豊さん
日本工学院 テクノロジーカレッジ
電子・電気科 教員
ブロードバンド時代の高度情報ビジネスは、高機能化・多機能化を続けています。情報セキュリティなどの最新技術への対応力のある、高いスキルを持った工事担任者へのニーズは大変高まっています。資格を取得しておけば、活躍できる場も広がるでしょう。日本工学院では、上位の資格にもチャレンジできる授業や試験対策を実施しています。もちろん、受験のテクニックだけでなく、技術と技能が真に身につくよう指導していますので、安心して勉強に励んでください。
詳しい資料が見たい!
工事担任者(AI・DD種)に興味がある!この資格を取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
めざせる学科一覧

電子・電気科

電子・電気科には、電子工学、オーディオ・家電、電気工学、電気工事の4コースを設置。電子技術や電気エネルギー技術、電気工事などを基礎から実務レベルまで総合的に習得し、プロの電子・電気エンジニア・電気工事士をめざします。
設置校:
蒲田 八王子

この学科でもめざせます

ロボット科(八王子)
体験してみよう!
日本工学院各校では、対象学科での資格取得状況の説明を受けたり、実際の授業を体験できるオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。ぜひ、ご参加ください。
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要