日本工学院 日本工学院

Menu

専門学校(専修学校)とは?

専門学校とは何か、専修学校の種類とそれらの違い、認可校と無認可校の基準などについてのご説明。

専門学校(専修学校)とは?専門学校(専修学校)とは?

専門学校とは?

 専修学校は、1976年(昭和51年)に新しい学校制度として創設されました。学校教育法の中で専修学校は、「職業若しくは実際生活に必要な能力を育成し、又は教養の向上を図る」ことを目的とする学校であるとされ、実践的な職業教育、専門的な技術教育を行う教育機関として、多岐にわたる分野でスペシャリストを育成しています。専修学校は、授業時数・教員数や施設・設備などの一定の基準(専修学校設置基準等)を満たしている場合に、所轄庁である都道府県知事の認可を受けて設置されます。

【専修学校には、入学資格の違いにより、3つの課程があります。】

  • ◎専門学校(専門課程)…高等学校卒業者(3年制の高等専修学校卒業者)
  • ◎高等専修学校(高等課程)…中学校卒業者
  • ◎一般課程…入学資格は特にはなし

上記専修学校のうち、専門課程を設置する専修学校を「専門学校」と呼びます。社会(企業)の人材ニーズに即応した柔軟かつ実用的なカリキュラムによって、より高度な専門的技術・技能の習得をめざす教育機関であり、いまや大学に並ぶ高等教育機関として、人材教育の中核的な場所を担っています。

学校数 学生数
大学 779校 2,860,210人
専門学校 3,201校 656,106人
短期大学 346校 132,681人

(平成27年度文部科学省学校基本調査)

【専門学校には認可校と無認可校があります。】

1976年(昭和51年)に新しい学校制度として創設された専門学校は、授業時間数、教員数、施設、設備など一定基準に基づき、所轄する都道府県知事の認可を受けて開設される学校です。このように所轄する都道府県知事の認可を受けた専門学校は「認可校」と表現され、認可されていない学校を無認可校と言い、法律的に学校教育とは見なされず、卒業資格は定められていません。もちろん日本工学院は「認可校」です。専門学校 日本工学院は昭和22年に開学した旧制専門学校であり、1976年(昭和51年)の学校教育法改定にともない、専修学校規定が新たに加えられ、専修学校の設置基準を満たす、東京都が認可した専門学校です。創立69年、約22万人を超える卒業生を社会に輩出し、現在39学科117の専門コースを設置。現在、約1万人弱の学生が日本工学院で学んでいます。

学科紹介