日本工学院 日本工学院

Menu

就職サポート

就職に強い日本工学院ならではのきめこまやかな就職サポートのご紹介。

就職サポート就職サポート

専門学校ならではのきめ細やかなサポートで、大学や短期大学を上回る就職率を誇る!

一般的に大学では、就職活動は学生本人が主体的に行ない、大学は側面からサポートするのみ。文部科学省の学校基本調査によると、2012年3月に大学を卒業した者の就職率は63.9%で、短期大学は70.8%。これは大学、短期大学共に卒業生の3人に1人は就職していないことを表しています。一方、専門学校卒業者の就職率は77.4%。比較すると専門学校は大学に対しては13.5ポイント、短期大学に対しては6.6ポイントと大きく差をつけています。かつて大学や短期大学の就職率が50%台という不況の時代にあっても、専門学校の就職率はつねに80%近い数字を保ってきました。これは不況の中でも専門学校が就職に強いことを示しています。専門学校では、大学とは違い、業界との太いパイプを活用し担任教員や就職課などが一体となってきめ細やかな就職サポートを行ないます。特に日本工学院では就職サポートを重視しており、学科とキャリアサポートセンターが密接に協力体制を取り、社会に出てからの5年後、10年後をも見据えながら、真の自己実現のためのキャリア形成を学生とともに考えています。さらに2011年より「日本工学院就勝宣言!」をスローガンに掲げ、学生たちの「就職力」を強化するプロジェクトに取り組んでおり、全校が一丸となって一人ひとりの就職活動を後押ししています。

キャリアサポートセンター