日本工学院 日本工学院

Menu

専門学校の教育とは?

実践教育や資格取得、専門課程修了者に与えられる学位について。

専門学校の教育とは?専門学校の教育とは?

専門学校の教育

専門学校には、主に工業、農業、医療、衛生、教育・社会保険、商業実務、服飾・家政、文化・教養の分野があり、社会のニーズに応じた多種多様な学科があります。理論を学ぶことを重視する大学と比べ、専門学校の教育内容は、将来の仕事で必要となる専門知識・技術を得るための実践的な教育が行なわれており、授業の多くが実習にあてられているのが特徴です。

実践授業=資格取得

資格の取得は専門課程修了者(卒業生)の就職やスキルアップに大きな力となるため、専門学校では資格取得を支援しています。国や各省庁・公益団体・企業による各種資格認定校として指定された専門学校では、カリキュラムを履修することで取得できるものや、試験の一部免除など、資格取得に大きなメリットを持っています。これは専門学校で身につけた知識や技術力が国や各省庁に認められているということ。また、有資格者の講師による資格取得のためのサポート体制も整っています。

資格のご案内

専門学校の地位

文部省大臣が認めた専門学校において一定の専門課程修了した者には、「専門士」や「高度専門士」の称号が付与されます。「専門士」は短期大学卒業者、「高度専門士」大学卒業者と同等以上の学力があると認められる者として、大学への編入学や大学院への入学が可能となっています。

専門士と高度専門士

専門学校 日本工学院では、工業、医療、教育・社会福祉、商業実務、文化・教養の分野で39学科117の専門分野を持ち、多くの学科で実習を中心とした授業を展開しています。企業が求める人材育成を主眼に、日本工学院では専門力と人間力を兼ね備えた人材育成強化プロジェクト「チャレンジプログラム」を展開。企業のニーズに応じた学習・技術の習得「専門力」と、社会や企業で貢献できる「人間力」の育成に取り組んでいます。また入学から卒業までに習得すべきスキルを明確化し、段階を設けて着実に実力を身につけるための「教育設計図」を策定し、学生全員が着実に実力を身につけられる段階教育を実践しています。また国や多くの公益団体・企業が本校の教育を認め、数多くの学科で資格認定を受けています。

学科紹介ページ

教育設計図

チャレンジプログラム