その情熱、実現させよう。



舞台・美術・製作のお仕事 イメージに合ったシーンを創りあげる。

舞台・美術・製作のお仕事とは?

ドラマや映画、舞台の出来を左右する仕事。

美術・製作は、観客の目に直接触れる"舞台"を創り上げる仕事。テレビ、映画、舞台などにおいて、作品全体の出来を左右する重要な役割を担います。主な仕事は、図面をデザインしてプロデュースする「装置デザイン」、スタジオにセットを創り出す「大道具」、セット内のインテリアなどを演出する「小道具」、役者が身につけるモノを扱う「持道具」など。みな、「いい作品を創りたい」という目標は一緒なので、ディレクターや監督としっかり意思統一を図るためのコミュニケーション力や、舞台装置、道具などを、シーン設定や時代背景にあわせてリアルに創り上げる技術など、舞台・美術・製作のプロには、モノづくりのための幅広い能力と知識が必要とされます。ほかにも、ライブコンサートやファッションショー、イベント会場のデザインなど活躍できる場は広く、仕事の種類もさまざま。若い人ならではの感性が求められやすいのも舞台・美術・製作の仕事の特長ですね。

関連職種
美術スタッフ、大道具、小道具、持道具、衣裳、照明スタッフ、音響スタッフ、装置デザイナー、特殊効果、舞台監督 など

舞台・美術・製作のプロになるためには?

舞台・美術・製作のプロになるために取得すべき資格などは特にありません。ですが当然、放送・映画・舞台関連の学科のある専門学校で、美術の基礎や舞台美術、表現手法、製図、立体表現などの基礎をしっかり身につけておくことは必要。実習などの現場に即した授業だと、見たり聞いたりするだけではわからないことを体感しながら学べるので特に役立ちますね。また、技術面だけでなく、歴史や文学、生活史をはじめとした、さまざまな物事に興味を持つことも大切。視野を広げ、自分を磨くことが、舞台・美術・製作のプロとしての成功の近道といえるでしょう。

プロになるための5つの要素

プロからのアドバイス

現在は劇場の舞台にある緞帳や迫りなど、電気で動かす機構の操作を担当。芝居は1回限り、毎日が勝負なので、絶えずプレッシャーがありますが、役者と舞台装置の動きがピタッと合った時の充実感はすごく大きなものですよ。学生時代は、とにかくさまざまなものに挑戦してください。自分の経験が活かされた、舞台という夢の世界を、多くの人に届けられる仕事なのですから。

詳しい資料が見たい!

資料請求

舞台・美術・製作の業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)

資料請求 無料進呈中!

なれる学科一覧

放送・映画科

テレビドラマ、情報バラエティなどの美術セットのデザイン、大道具を担当する現場スタッフが、実践を通してわかりやすく指導。映画、テレビ、CMなど幅広い分野に卒業生を輩出しています。

放送・映画科

設置校:
蒲田
八王子

演劇スタッフ科

舞台美術、舞台音響、舞台照明、そして舞台監督といった舞台制作に関わるさまざまな専門スタッフをめざす学科です。数多くの舞台制作実習を中心に、実践的にプロスキルを身につけます。

演劇スタッフ科

設置校:
蒲田

コンサート・イベント科

コンサートやイベントで総合芸術としてのステージをつくり上げるスタッフを養成します。めざす将来に合わせ、制作・PA・照明・舞台・企画の5コースを設置。ライブ実習を中心にプロのスタッフワークを学ぶことができます。

コンサート・イベント科

設置校:
蒲田
八王子

体験してみよう!

オープンキャンパス+体験入学

舞台・美術・製作の実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要