その情熱、実現させよう。



CGのお仕事 人を楽しませる、バーチャルな世界を創造。

CGのお仕事とは?

デジタル化の波にのって、ますますCGが大活躍。
ゲームのコンテンツはもちろん、アニメや映画などでとても多く使われているCG(コンピュータグラフィックス)。今やCGは、多くの映像作品になくてはならい存在になっています。そのCGを手がけるのがCGクリエイターです。ひと言でCGクリエイターといっても、その職種は多岐にわたります。3DCGソフトMayaや2DデザインのIllustratorやPhotoshopを駆使して、2D・3DCGを制作するCGデザイナーをはじめ、CGをいかに効果的に使うかを考え、実写とCGを巧みに使って特殊映像を作り出すVFXクリエイター、爆発や雨などの画面効果を作るエフェクトデザイナー、さまざまなものに動きをつけるCGアニメーターなど、これら全てがCGクリエイターなのです。最近では映画だけでなく、テレビやCMでもCGが頻繁に使われ、映像表現にさらなる可能性を広げてくれるCGクリエイターのニーズは、ますます高まるばかり。CG関連のプロフェッショナルになれば、時代の最先端を行く技術と応用力を思う存分発揮して活躍することができるのです。
関連職種
CGデザイナー、CGアニメーター、モーションデザイナー、映像クリエイター、VFXクリエイター、エフェクトデザイナー、ゲームCGデザイナー など

CGのプロになるためには?

コンピュータ上で、3DCGソフトを使い、デザインワークをするCGデザイナー。しかし、2DCGイラストから3DCG、デジタル動画まで、CGの分野はいくつかに分かれるので、自分がCGで何をつくりたいかを明確にしておく必要があります。資格は特に必要ありませんが、CGのスキルはもちろん、デジタルの知識、表現ノウハウなどは必要不可欠。経験が重要な世界でもあるので、在学中に、CGを学びながら実務経験を積ませてくれる専門学校は有利かも。通常は、ゲーム会社に入るか映像系のプロダクションなどでの活動が主。やがてはフリーランスのCGクリエイターとして独立する道もあります。
プロになるための5つの要素
プロからのアドバイス
大浦 清さん (株)エアフレイム
代表取締役社長
ホームページ http://www.airframe.co.jp/
モニターに係わる画面デザインを軸に、コンテンツ制作やシステム開発などを行っています。自分が作った画面をユーザーが直接目にし、その反応が確実に感じられるというのは、大きなやりがいにつながります。IT業界では珍しいですよね。学生時代は、専門的な環境で勉強した方が有利。加えて、仲間を多く持つこと、自主性を持ってCG制作に取り組むことが、後に社会人、CGクリエイターとして働く際に、大きく活きてくると思います。
詳しい資料が見たい!
 
資料請求
CGの業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
 
 
資料請求 無料進呈中!
 
なれる学科一覧
 
CG映像科
CG映像科ではテレビ、CM、映画、プロモーションビデオなど、さまざまな映像分野で活躍するためのCG・デジタル映像のプロスキルを習得します。7つの専門的な専攻を設置し、デジタル映像業界の第一線で活躍可能な人材を育成します。
 
CG映像科
設置校:
蒲田 八王子
 
放送・映画科 映像編集コース
プロのテレビ(TV)・映画・映像業界で使われている最新鋭の映像編集ソフト、AvidやFinal cut Proを使って、リニア・ノンリニアの両面から幅広く映像編集技術を学び、次世代を担う映像クリエイターをめざします。
 
放送・映画科
設置校:
蒲田 八王子
CGデザイナー科
ゲーム、アニメ、CG、Web、グラフィックデザインなどの業界でクリエイターとして活躍するために必要なスキルをCGを中心に習得する6つの専門分野を設置。番組タイトル・オープニングCG映像制作など数々の制作実習を中心にしたカリキュラムで、さまざまなコンテンツ制作に対応できるマルチな能力を育てます。
 
CGデザイナー科
設置校:
北海道
体験してみよう!
 
オープンキャンパス+体験入学
CGの実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。
 
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要