その情熱、実現させよう。



グラフィックデザインのお仕事 アイデアと感性で、メッセージを発信するクリエイター。

グラフィックデザインのお仕事とは?

自分のデザインが街を彩る楽しみ。
よく街で見かけるポスターや、雑誌・新聞の広告、パンフレットなど、視覚的に訴えるデザインを手がけるのがグラフィックデザイナー。主に平面媒体(紙)などを扱い、企業・ブランドのロゴや商品パッケージも、グラフィックデザインの分野となります。良いグラフィックデザインは、消費者に対するイメージをアップさせ、商品の売れ行きに直接関わってきますから、グラフィックデザインの仕事は、とても責任重大な仕事といえます。現在では、そのほとんどの作業は、グラフィックデザイン業界で主流のMacintosh上で行われ、DTPと呼ばれています。グラフィックデザインに携わるには、デザイン制作会社や広告制作会社に勤めるか、あるいはフリーとして、企業などから依頼を受けての仕事となりますが、自身の感性を磨きながら作品を作り上げていくという楽しさがあります。また、広告大賞や各種コンクールなどの広告賞への公募でグラフィックデザインの力を試し、さらに自分を高めていく場もあります。
関連職種
グラフィックデザイナー、エディトリアルデザイナー、DTPデザイナー、Macオペレーター など

グラフィックデザインのプロになるためには?

グラフィックデザインの仕事で重要なのはセンスだと思っていませんか。しかしそれ以上に、一つひとつの広告がもつコンセプト(概念、理念)というものをしっかり理解し、どのように表現すれば消費につながるかを理論的に構築していく力が、グラフィックデザインの仕事をする上では大切になります。そのため、グラフィックデザインのプロになるには、DTPにおける色、文字、写真、イラストの基礎知識や表現技法、印刷の知識などを学ぶ必要があります。これらのグラフィックデザインのノウハウをものにし、さらに経験を積めば、企画・提案から関わることもでき、その分やりがいも大きくなるでしょう。
プロになるための5つの要素
プロからのアドバイス
株式会社エーシー クリエーターズグループ
グラフィックデザイナー
グラフィックデザインの仕事というのは、仕事の成果が印刷物として目に見える形で残ります。自分の作ったものが、電車や街中など多くの人が利用する場所に貼り出され、見てもらえることは、グラフィックデザインの仕事に携わる上でとても大きな喜びです。しかし、発注されたクライアントから反応がダイレクトに返ってくるシビアな仕事でもあります。自分の作ったものがお客様に喜んでいただけた時は本当にやってよかったと思います。けっして“楽”ではないけれど、“楽”しい仕事だと思いますよ。
詳しい資料が見たい!
資料請求
グラフィックデザインの業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
 
資料請求 無料進呈中!
 
なれる学科一覧
グラフィックデザイン科
よいグラフィックを描き出すためのデザイン力、構成力のほか、グラフィックが重視される広告のしくみやマーケティングまでを学びます。4つのコースでグラフィックデザインのプロをめざします。
グラフィックデザイン科
設置校:
蒲田
八王子
CGデザイナー科 グラフィックデザイン専攻
CGデザイナー科 グラフィックデザイン専攻では、ポスターやパンフレットなどの印刷物をデザインするDTPを中心に、グラフィックデザインの制作全般について学び、多方面で活躍可能なグラッフィックデザイナーをめざします。
CGデザイナー科
グラフィックデザイン専攻
設置校:
北海道
体験してみよう!
オープンキャンパス+体験入学
グラフィックデザインの実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要