その情熱、実現させよう。



航空・宇宙システムのお仕事 空を、宇宙を舞台に未来を作り上げるエンジニア。

航空・宇宙システムのお仕事とは?

飛行機や衛星、スペースシャトルに関わるシステム開発、運用を手がけるプロ。
人間が空を、宇宙を自由に飛び回るのは、もうテレビや映画の中だけではない世界になりました。子供の頃に憧れたパイロットや宇宙飛行士以外にも、航空や宇宙の分野で活躍する仕事はたくさんあります。航空・宇宙システムのエンジニアがその一つです。気象衛星や通信などで利用されている人工衛星は、打ち上げから衛星軌道に乗せて、そして実際に運用するまで、それを支える地上システムが存在して初めて動くもの。また飛行機も、離陸してから目的地までの飛行、そして着陸まで、地上システムからのさまざまなバックアップがあって初めて安全に運行できるのです。このシステムを開発、運用するのが航空・宇宙システムエンジニアです。航空・宇宙分野を支えるシステムには、高い品質や信頼性が強く求められます。少しでもミスが発生すれば、人命に関わるような大事故につながる可能性があるからです。航空・宇宙システムエンジニアは、たいへん責任の大きな仕事ですが、それだけにやり甲斐も大きく、また大空や広い宇宙につながる、夢とロマンのある仕事といっても良いでしょう。まだ専門的な技術を持つ人材も少なく、これからどんどん需要の高まる仕事といえます。
活躍のフィールド
航空・宇宙システムスペシャリストとして
ロケット・衛星関連システム開発、航空関連システム開発、社会インフラシステム開発 など

航空・宇宙システムのプロになるためには?

航空・宇宙システムというと大変難しそうですが、それを支えているのはIT・コンピュータの基礎技術。ですから、まずはIT技術の基礎を勉強することが必要です。専門学校や大学で、進みたい業界に合わせて専門的に学びましょう。パソコンに関する基礎知識からいろいろなプログラム言語、そしてネットワークや組込みシステムなど航空・宇宙システム開発に必要なスキルを幅広く習得していきます。もちろん、 各種資格は一つでも多く取得したほうが就職にも有利になります。情報処理技術者試験やORACLE MASTERなど、資格取得によりスキルアップをはかりましょう。
プロになるための5つの要素
詳しい資料が見たい!
資料請求
航空・宇宙システムの業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
 
資料請求 無料進呈中!
 
なれる学科一覧
ITスペシャリスト科(4年制)
システム、モバイルアプリ、ネットワーク、セキュリティの4専攻でITの知識と技術を深く学ぶ、ITスペシャリスト科。4年間で実践的で時代に即応するITスキルを身につけたIT業界の即戦力を育成します。(高度専門士付与学科)
ITスペシャリスト科
設置校:
蒲田
八王子
体験してみよう!
オープンキャンパス+体験入学
航空・宇宙システムの実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要