その情熱、実現させよう。



セキュリティのお仕事 インターネット社会を守る、セキュリティのスペシャリスト。

セキュリティのお仕事とは?

頻発する情報漏洩や詐欺を撃退。ネット社会の安全を守る。

今や世界中の人が利用するツール・インターネット。ショッピングモールやオークションサイトでの買い物から企業間の取引、政府間の情報共有まであらゆるシーンで利用され、重要な役割を担っているネットワークが今、深刻な問題を抱えています。その多くはネットワークに巣食うコンピュータウィルスやハッキング行為、情報漏洩に詐欺など。インターネットの世界にも、現実世界と同じような危機が潜んでいるのです。危機に対する注意や備えが不十分だとネットワークやパソコンにとって危険な状況になってしまいます。そこでネットの安全を守るセキュリティ技術が注目を浴びています。そのセキュリティを専門に扱う仕事がセキュリティエンジニアと呼ばれています。セキュリティ対策の計画から構築、実施、点検、その後の監視にいたるまでをこなすセキュリティエンジニアの役割は広く、責任ある仕事。私たちの住んでいる現実世界で言う、総合警備会社のようなものです。多くの企業は、安全に、そして快適にネットワークを利用できるようセキュリティ技術を持った専門家を求めていますが、セキュリティのプロはまだまだ足りないのが現状。これからのネットビジネスにとって一番重要視されるのがこのセキュリティエンジニアの存在だとも言われているほどなのです。

関連職種
○ネットワーク系:セキュリティエンジニア、ネットワークエンジニア、プログラマ
○システム系:システムエンジニア、アプリケーションエンジニア、データベースエンジニア、プログラマ
○運用系:運用エンジニア、ネットワーク管理者、オペレータ、カスタマサポート ○その他:セールスエンジニア など

セキュリティのプロになるためには?

セキュリティのプロになるためには、ネットワークやOSなどの基礎知識はもちろん、電子認証システム、ファイアウォール、暗号化通信など専門的なセキュリティの知識を身につける必要があります。日々新しい問題に直面するので、それに対して柔軟にかつ早急に対応できるスキルを常に磨いていかなくてはなりません。セキュリティ・コンピュータ系の専門学校や大学などで専門的に学び、セキュリティに関する知識・技術を習得しましょう。またセキュリティのプロとして必要になる資格としては、Cisco Firewall Specialist、SCTA、 CCNA、情報セキュリティスペシャリストなど数多くあります。これらセキュリティ系の資格を取得しておくことは就職にも有利となり、セキュリティのプロとしての道が開けてくるでしょう。

プロになるための4つの要素

プロからのアドバイス

セキュリティの専門職に就かなくても、ITに関わる仕事であれば、すべてにおいてセキュリティとは縁があるといえます。セキュリティの知識や技術は、ウイルスやトラブルからパソコン、情報を守るために必要不可欠ですから、今後もますますビジネスのあらゆるシーンで重要視されるノウハウだと思います。私は文系から試行錯誤してセキュリティのノウハウを身につけましたので、現在、みなさんにはセキュリティを専門に学習できる環境があることはとても恵まれていると思います。ぜひ、その環境を生かしてがんばってください。

詳しい資料が見たい!

資料請求

セキュリティの業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)

資料請求 無料進呈中!

なれる学科一覧

ITスペシャリスト科(4年制)

システム、モバイルアプリ、ネットワーク、セキュリティの4専攻でITの知識と技術を深く学ぶ、ITスペシャリスト科。シスコ・ネットワークセキュリティのカリキュラムや最新機器を使った実習で即戦力となる人材を育成します。(高度専門士付与学科)

ITスペシャリスト科

設置校:
蒲田
八王子

パソコン・ネットワーク科

パソコンを中心としたセキュリティのプロをめざす、ネットワーク・セキュリティコース。ネットワーク構築に必要な理論や機器の設定方法などを学び、ネットワークエンジニアをめざすパソコン・ネットワークコースの2コースを設置。

パソコン・ネットワーク科

設置校:
蒲田
八王子

体験してみよう!

オープンキャンパス+体験入学

セキュリティの実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要