その情熱、実現させよう。



臨床工学のお仕事 医療と工学の知識を兼ね備えた医療機器を扱うプロ。

臨床工学のお仕事とは?

チーム医療に欠かせない、臨床工学技士。
臨床工学技士とは、病院や診療所、大学病院、その他医療機関で、医療機器を扱う専門家です。ひとくちに医療機器を扱う仕事といっても、臨床工学技士の仕事は広範囲にわたり、ICU(集中治療室)での機器操作や、人工透析装置、人工心肺装置、ペースメーカー、輸液ポンプなどの医療機器の操作や管理、点検、修理まで広範囲に及びます。また、新しい医療機器ができるとその性能を調べて導入を検討したり、看護師にその操作方法の講習会をしたりするのも臨床工学技士の仕事です。臨床工学技士が扱うのは機械ですが、その先は患者さんの命と直結しているので、責任感や医療従事者としての自覚、モラルも問われる重要な仕事です。現代の医療現場では、医者や看護師は医学のプロとして、臨床工学技士は医療と工学の知識を兼ね備えたプロとして、どちらも医療の現場で欠かせない存在なのです。また、臨床工学の仕事は他にも、医療機器メーカーや業者に勤めて医療機器の研究や開発、販売に携わる仕事や、臨床工学技士養成校などで臨床工学の教育に携わる仕事もあります。
主な進路
臨床工学技士として、病院などにおける、
生命維持管理装置の操作や保守点検、機器管理の業務
医療機器メーカー、医療機器サービス関連会社などでの医療機器の開発
医療機器に関するユーザーへの教育や指導・販売などの業務 など

臨床工学のプロになるためには?

臨床工学技士になるためには、臨床工学技士国家資格に合格しなければなりません。臨床工学技士の受験資格を取得するためには、臨床工学技士養成の専門学校や大学で、基礎医学や臨床工学、医用工学、解剖生理学など、医療と工学の両分野の知識を身につけ、卒業資格を得ることが必要です。また、臨床工学技士資格だけでなく、医療機器の原理や安全管理の知識を証明する、第1種ME技術実力検定試験、第2種ME技術実力検定試験などの関連資格を合わせて取得すれば、臨床工学のプロとしてその実力が認められます。
プロになるための5つの要素
プロからのアドバイス
大塚 勝哉さん 日本工学院専門学校
医療カレッジ 臨床工学科 科長
医療従事者はサービス業です。もちろん臨床工学技士もそう。まず人のために何か役に立ちたいという気持ちが大切です。人の命をあずかる仕事ですから責任の重さも並大抵ではありません。常に厳しさと自己管理能力を持って働かなければならないのです。今、チーム医療において、 臨床工学技士の役割が年々大きくなっています。いろいろな医療の現場が、これからのチーム医療を牽引していく新しい臨床工学技士を待っています。
詳しい資料が見たい!
資料請求
臨床工学の業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
 
資料請求 無料進呈中!
 
なれる学科一覧
臨床工学専攻科一年制
臨床工学専攻科一年制は、医用工学系学科や生体工学系学科卒業者、看護師などの医療資格を持つ人を対象にした学科。1年間という短期間を有効に使ってハイレベルな臨床工学技士をめざします。
臨床工学専攻科一年制
設置校:
蒲田
体験してみよう!
オープンキャンパス+体験入学
臨床工学の実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要