その情熱、実現させよう。



診療情報管理士のお仕事 患者さんの情報をしっかりと管理。より良い治療、円滑な診療をサポートする。

診療情報管理士のお仕事とは?

より良い病院運営の鍵を握るデータ管理のプロフェッショナル。
病院でとても重要視されるものの一つに、患者さんの診療の際にその治療内容や病状、検査記録などを書いたカルテと呼ばれる診療記録があります。この病院にとって要とも言える情報を専門に扱い、管理するのが診療情報管理士のお仕事です。患者さんの診療記録の出し入れや検査伝票の添付、そして現在では情報のデータ化、電子カルテ化が進んでいるので、病名や診療内容などをコード付けしてコンピュータに入力し、登録するのも診療情報管理士の仕事です。また担当医師が書いた診療内容をチェックしたり、医師や看護師などの求めに応じて患者さんの手術記録、看護記録を検索し情報提供したりしますので、専門的な医学知識も必要とされます。医学から情報処理、ITまで幅広い知識とスキル、そして多くの専門資格が必要となる職種ですが、それだけに今後の医療の現場で担う役割も大きく、多くの優秀な人材が必要とされている、それが診療情報管理士なのです。
主な進路
大学病院、総合病院、クリニック、介護老人保健施設、リハビリテーション施設、身体障害者(児)福祉施設、医療関連企業 など

診療情報管理士のプロになるためには?

診療情報管理士になるには、専門学校などで社団法人日本病院会の定めたカリキュラム(3年間)を修了後、診療情報管理士認定試験に合格しなければなりません。しかし診療情報管理士資格を取得するのは決して簡単ではありません。試験科目には外科学、内科学、生理学、ICDのコ−ディングなど他にもいろいろあり、基本的な専門知識が必要になりますので、しっかりと専門学校などで勉強することが大事でしょう。その他にも、診療報酬請求事務能力認定試験や初級システムアドミニストレータ試験、医事コンピュータ技能検定など医療事務系、IT系の資格を取得することが、診療情報管理士としてのスキルアップにつながります。
プロになるための5つの要素
プロからのアドバイス
須貝 和則さん 診療情報管理士 指導者
元日本診療情報管理士協会会長
東埼玉総合病院診療部病歴管理室室長
海老名総合病院診療情報管理室室長代理
診療情報管理士になるには、医学知識はもとより診療情報管理のための専門的な知識が必要になります。診療情報管理士の資格を取得して病院に勤務すれば、あなたはもう診療情報の専門家として医師や看護師から病名や情報分析のことなどで質問を受けたり、医療現場で医師と診療について正面から議論することになります。診療情報管理士は、専門職としての認知度はまだまだですが、病院がどのように診療を行っていけばいいかをコントロールできる大きな意味ある職種です。診療情報のプロとして、患者さんや病院のために努力する唯一の情報の専門職。この将来性とやりがいのある仕事に、あなたもチャレンジしてみませんか?
詳しい資料が見たい!
資料請求
診療情報管理士の業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
 
資料請求 無料進呈中!
 
なれる学科一覧
診療情報管理士科(3年制)
診療情報管理士資格に特化したカリキュラムで、合格をサポート。現代医療に必須のITスキルを身につけた、医療情報のスペシャリストを育成します。
診療情報管理士科
設置校:
蒲田 八王子
体験してみよう!
オープンキャンパス+体験入学
診療情報管理士の実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要