その情熱、実現させよう。



作曲・編曲のお仕事 軽快なメロディや耳に残るサウンドを創造する。

作曲・編曲のお仕事とは?

音楽クリエイターとして、映画・CM・ゲーム・携帯電話など活躍の場は広い。

街やテレビ、ラジオなどから自分が作ったメロディが流れたら…。作曲・編曲の仕事はそんな夢が形になります。作曲家は、曲づくりのうち、メロディの部分を担当する仕事で、コンポーザーとも呼ばれています。作曲家がつくったメロディにサウンドを付け加えて曲に幅を広げる編曲家。編曲家はアレンジャーとも呼ばれ、すでにある音楽をアレンジして全くイメージの違う曲調にしたりもします。作曲家・編曲家ともに、活躍の分野は広く、歌手に曲を提供するのはもちろん、ドラマや映画のテーマソング、CM音楽、テレビゲーム音楽、携帯電話の着信メロディ制作にまでおよびます。作曲家・編曲家には、しっかりとした音楽理論や知識、音楽的センスなど多くの要素が求められます。また、最近の曲づくりは譜面だけでなく、コンピュータを使って行う場合も多く、ゲーム音楽、着信メロディの作曲・編曲には特に、コンピュータの技術が必要となってきているのです。どの分野でも共通していることは、聞いた人の心に残るメロディ、興味をひくサウンドが求められていること。これからも作曲・編曲のプロの手によって数々の名曲が生み出されていくでしょう。

関連職種
作曲家・コンポーザー、編曲家・アレンジャー、マニピュレーター、ゲーム音楽作家、テレビ・CM音楽クリエイター、映画音楽制作、着信メロディ制作、カラオケ音楽制作 など

作曲・編曲のプロになるためには?

自分が思い描くメロディを作曲・編曲して形にするにはまずしっかりとした音楽の基本 技術と知識が必要です。音楽系の専門学校や音楽大学などで専門の教育を受けることが作曲・編曲のプロへの第一歩でしょう。音楽理論、楽器レッスン、作曲・編曲などを学び、ロックやポップス、CM、テレビ、映画、ゲーム音楽といったあらゆるジャンルに対応するための幅広い知識やテクニックを身につけます。また、いろいろな音や音楽を聞くことで、音楽的感性も養わなければなりません。今や作曲・編曲の分野でもコンピュータ技術は必須になりつつありますので、デジタルミュージック作成では必要不可欠なMIDI (音楽のデジタルデータ)検定などの資格取得も作曲・編曲の力になります。

プロになるための6つの要素

プロからのアドバイス

作曲・編曲家は職人的な要素が強く、ビジネスの世界とは縁遠い部分もあるのですが、僕はこの仕事に生きがいを感じています。自分が作った曲が自分の死後も残るなんて他の仕事ではなかなかない魅力ですね。しかし今の時代、プロの世界では自分の得意ジャンルしかできないということでは通用しません。作曲・編曲の仕事といっても実際には自分で楽器が演奏できたり、予算も含めて全てを段取りしてプロデュースするような複合的なスキルも求められます。音楽は簡単じゃないですが、一緒に頑張りましょう!

詳しい資料が見たい!

資料請求

作曲・編曲の業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)

資料請求 無料進呈中!

なれる学科一覧

ミュージックアーティスト科 サウンドクリエイターコース

ミュージックアーティスト科のミュージッククリエイターコースは、ポップスやロックなどの音楽から、クラブミュージック、モバイルミュージック、ゲーム音楽制作まで学ぶことができる4専攻を設置。表現力豊かな作曲・編曲家をめざします。

ミュージックアーティスト科

設置校:
蒲田
八王子

体験してみよう!

オープンキャンパス+体験入学

作曲・編曲の実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要