その情熱、実現させよう。



ダンスのお仕事 踊りに磨きをかけた、エンターティナー。

ダンスのお仕事とは?

多彩なダンスシーンで、パフォーマンスを魅せるダンサー。

踊るのって楽しい!でもそれが仕事になるの…?プロのダンサーは、テレビ・映画、コンサートやミュージカル、遊園地やテーマパークなどを中心に、いろいろなシーンで活躍しています。ダンスのジャンルもHipHopやブレイキングなどのストリート系ダンスからジャズ、バレエまで、さまざまなダンススタイルがあります。華麗なダンスステップと躍動的なパフォーマンス。自分の肉体ひとつで表現して観客を沸かせる、そんな魅力に溢れたダンサーの仕事は年々人気が高まり、プロダンサーをめざす人は増え続けています。しかし、簡単にプロのダンサーとして活躍できるほどダンスの世界は甘くはありません。ダンス業界は、当然実力重視の世界。実力を持った多くのプロダンサーの中から、さらに高いダンス技術やアピール性、個性や表現力のあるダンサーが求められています。また、プロダンサーの多くが、ダンサーとしてだけでなく、振り付け師としても活動していたり、ダンスインストラクターとして後進の指導にあたっていたりする場合が多く、ダンス業界全体を見据えた視点を持つことも必要とされるのです。

関連職種
ダンス&ヴォーカルアーティスト、テレビ・CM・PVダンサー、テーマパークダンサー、ミュージカルダンサー、バックダンサー、コリオグラファー(振付師)、ダンスインストラクター、スポーツジムインストラクター など

ダンスのプロになるためには?

ダンサーには、リズム感やバランス感覚、表現力、そして何よりも体力が必要です。 また、オリジナリティや困難なことにも挑戦する意欲も求められます。ダンスを学べる専門学校やダンススクールなどでしっかりとしたダンスの基礎を身につけ、身体とセンスを磨いていくことがプロダンサーへの入り口となるでしょう。ダンサーとしては、プロダクションに所属したり、いろいろなダンスオーディションを受けて自ら活動の場を求めたり、専属ダンサーとしてテーマパークなどに所属したり、またはダンススクールなどでダンスインストラクターとして活動するなど、幅広い進路があります。

プロになるための5つの要素

プロからのアドバイス

僕自身ダンスが単純に好きなので、踊っているだけで幸せなのですが、ダンスのプロとなると厳しい面もたくさんあるのも当然です。でも自分で決心した道なので、一生懸命やることを心掛けています。ダンスという自分のやりたいことでお金が稼げるなんてすごく幸せなことですし、自分のダンスを見てくれた人から笑顔が返ってくるのは何より嬉しいことだと思います。皆さんも「基礎」を忘れずに日々のダンスレッスンを大事にして、ダンス漬けの毎日を送ってください。

詳しい資料が見たい!

資料請求

ダンスの業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)

資料請求 無料進呈中!

なれる学科一覧

ダンスパフォーマンス科

SAM氏総合プロデュースによる、本格的プロダンサー養成学科。多彩なプロダンサー講師陣による、実践的な授業で、ダンス業界の第一線で活躍できるプロダンサーを育成します。

ダンスパフォーマンス科

設置校:
蒲田

体験してみよう!

オープンキャンパス+体験入学

ダンスの実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要