その情熱、実現させよう。



ミュージシャンのお仕事 魅力ある音楽を奏でるプロ。ギター・ベース・ドラム・ピアノ・キーボード…

ミュージシャンのお仕事とは?

楽器ひとつでソロとしても、グループとしても活躍できる。
ミュージシャンとはジャズ、ロック、ポップスなどさまざまな音楽のジャンルで、ギター・ベース・ドラム・ピアノ・キーボードなどの楽器を演奏する仕事です。自分でバンドやグループを組んで、自作の曲を演奏するミュージシャンもいれば、あらゆるレコーディングやライブコンサートに呼ばれてアーティストのサポート演奏をするスタジオミュージシャン(バックミュージシャン)もいますし、もちろんギタリストやドラマーなどで、ソロ活躍するミュージシャンも多くいます。ただ、趣味で楽器を演奏するのは楽しいものですが、プロのミュージシャンとしてリスナーに商品としての音楽を届け、それに対してお金をもらうということは、そうそう簡単なことではありません。ミュージシャンには、高い演奏テクニックや、深い音楽知識、そして時には作曲や編曲能力も問われます。さらにはオリジナリティや感性、豊かな表現力など、プロのミュージシャンには多くのものが求められます。スポットライトを浴びて華やかに見えるミュージシャン。その裏では、地道な努力と積み重ねがあってミュージシャンは活躍しているのです。
関連職種
ギタリスト、ベーシスト、キーボーディスト、ドラマー、パーカッショニスト、バンドアーティスト、スタジオミュージシャン、ツアーサポートミュージシャン、ローディ、インストラクター など

ミュージシャンのプロになるためには?

プロのミュージシャンをめざし、しっかりとした音楽理論の基礎と演奏能力を身につけるのなら、音楽系専門学校や大学で音楽の専門教育を受けることが理想です。音楽基礎トレーニングやリズムトレーニング、作詞作曲や演奏トレーニングなど、ミュージシャンとしての下地をしっかり作った上で、さらに個性や感性を伸ばしていきます。オーディションなどへの参加やライブ、インペグというミュージシャンコーディネーターへの登録などで、プロのミュージシャンへの道を歩み始めることができます。
プロになるための6つの要素
プロからのアドバイス
原田 博之さん ベースプレイヤー
日本工学院専門学校
ミュージックアーティスト科 講師
自分の演奏によって観客の心を揺さぶることができた時…ミュージシャンにとってこの快感を味わうことはなにものにもかえがたいものです。良いミュージシャンになるには、ぜひいろいろ学んで音楽的な引き出しを増やしてください。そして音楽だけではなく本、映画など、常にいいものに触れていくことをお勧めします。一流のものと触れあえば一流の感性が身につきます。そし てたくさんの人と関わって感性に磨きをかけてください。
詳しい資料が見たい!
資料請求
ミュージシャンの業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
 
資料請求 無料進呈中!
 
なれる学科一覧
ミュージックアーティスト科 プレイヤーコース
ミュージシャンとして楽器を極めるプレイヤーコース。ギター/ベース/ドラム/ピアノ・キーボードの専攻別にプロの講師陣による指導で、プロミュージシャンとしてのデビューをサポートします。
ミュージックアーティスト科
設置校:
蒲田 八王子
体験してみよう!
オープンキャンパス+体験入学
ミュージシャンの実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要