その情熱、実現させよう。



ラジオのお仕事 情報のエンターテインメントを発信する、音のプロフェッショナル。

ラジオのお仕事とは?

音ですべてが表現されるラジオで、プロのスキルを発揮。

ラジオのお仕事とは、ラジオ番組において、アナウンサー、DJの言葉や、音楽を良い音で送り出す仕事のこと。業界ではラジオミキサー、放送ミキサーと呼ばれ、ラジオコマーシャルやラジオドラマなどの録音を行ったり、効果音、BGMを考えたり、時には曲を作成して挿入したりもします。ラジオの世界は、テレビや映画と違い音だけで成り立っている世界です。それだけにラジオミキサーという音を扱うエンジニアの仕事はラジオの要であり、とても重要な役割を担います。ラジオ番組は、すべてディレクターから出されるキューという指示に従い、他のスタッフと連携をとりながら録音や放送をしていきます。つねにクオリティの高い音で、トラブル無く収録・放送が行えるよう、収録スタジオの機材などを定期的にメンテナンスするのも仕事の一つです。ラジオミ キサーは、ミキシングコンソールやレコーダー、マイクを操作するための専門的な知識や技術はもちろん、音楽の知識や、音のバランス感覚、感性やアイデア、想像力などが豊富に必要なクリエイティブな仕事です。生放送や公開番組も多く、集中力や体力も必要とする大変な仕事ですが、多くのリスナーに自分の音を届けられ、感動や癒しを与えることのできるやりがいのある仕事です。 今では、TVの世界、TVスタジオ、ロケ現場で放送ミキサー・音声として、活躍の場が広がっています。

関連職種
ラジオミキサー、放送ミキサー、ラジオ番組制作スタッフ、レコーディングエンジニア、MAミキサー、PAミキサー、音響効果マン(SE)、選曲家、サウンドクリエイター、レコーディングディレクター、マスタリングエンジニア など

ラジオのプロになるためには?

ラジオの現場で音のプロとして働くためには、音楽の基礎から、ラジオ番組制作の専門的な知識が必要です。ラジオ業界で使われるミキシングコンソールやレコーダー、エフェクターなどの機材は日々進化しています。以前はアナログテープが主流でしたが、現在ではハードディスクを使ったデジタル録音にほぼ変わっています。放送・録音機器の操作技術やミキシング技術習得と同時に、より多くの音に触れて耳を鍛え、センスや感性を養うことも重要です。最新の機器が揃った放送・音響系の専門学校などで、実習を積み重ね、じっくりとラジオミキサーとしてのスキルを磨くことをおすすめします。

プロになるための5つの要素

詳しい資料が見たい!

資料請求

ラジオの業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)

資料請求 無料進呈中!

なれる学科一覧

レコーディングクリエイター科 ラジオスタッフ専攻

ラジオ番組制作のすべてを学習します。ラジオCM、DJ番組、情報番組、バラエティ、ドラマなど、実践中心の授業で多彩なラジオ番組制作のプロをめざします。

レコーディングクリエイター科

設置校:
蒲田
八王子

体験してみよう!

オープンキャンパス+体験入学

ラジオの実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要