その情熱、実現させよう。



音響・レコーディングのお仕事 ヒット曲を生み出す音づくりのプロ。

音響・レコーディングのお仕事とは?

レコーディング技術とセンスでヒットを生み出せ。
CD、DVD、テレビやラジオにネットや携帯の着メロまで、私たちの生活に欠かせないさまざまな音や音楽!音楽や音が皆さんに届くまでにはいろいろな技術を持った音響・レコーディングのプロが見えない所で大活躍しているのです。CDなどのレコーディング現場で、ミキサーやコンピュータなどの機材を使ってボーカルや楽器の音を録音してミックスし、ミュージシャンと一緒に音楽を作り上げていくレコーディングエンジニア。ラジオやテレビ、映画などの現場で、映像に合わせ、効果音やナレーション、BGMなどをミックスして、番組・作品を作り上げていくMAミキサー。効果音やBGMを考えて挿入し、作品を音で演出する音響効果マンなど。レコーディングスタジオや放送局をはじめ、音のある所に、音響・レコーディングエンジニアの活躍する場所がたくさんあるのです。音響・レコーディングの仕事は、音響・録音機器を扱う技術や知識はもちろんですが、それ以外にも専門的な音楽の知識や、音のバランス感覚、音感、感性やアイデア、想像力などが豊富に必要なクリエイティブな仕事です。一人前になるまでは大変ですが、人を感動させることの喜びを味わえる仕事ですね。
関連職種
レコーディングエンジニア、MAミキサー、放送ミキサー、PAミキサー、音響効果マン(SE)、選曲家、サウンドクリエイター、レコーディングディレクター、マスタリングエンジニア、DVDオーサリングエンジニア など

音響・レコーディングのプロになるためには?

スタジオで音響・レコーディングの即戦力となるためには音楽の基礎から専門的な知識までを身につけ、ミキシング技術もしっかりと学習しなければなりません。と同時により多くの音楽に触れて耳を鍛え、音楽的センスや感性を養うことも重要です。日々進化を遂げる音楽制作の現場。音響・レコーディングの業界で使われるミキサーやレコーダー、エフェクターなどの機材も続々とニューモデルが導入されています。そういった音響業界の進化に合わせて自分のスキルを上げることも必要で、今やレコーディング現場では必要不可欠になっているデジタルレコーディングシステムPro Tools を扱えることは音響業界で活躍する有利な条件となります。あとは経験を積み重ねること。これが音響・レコーディングのプロになるキーポイントとなるでしょう。
プロになるための5つの要素
プロからのアドバイス
我妻 拓さん レコーディングエンジニア
日本工学院 ミュージックカレッジ 講師
音響・レコーディングの仕事をする上で必要なものはまず、音楽とサウ ンド(音)が好きだという気持ちです。音楽を愛し、好きなジャンルだ けではなく人が聴かないような音楽まで聴いてみるぐらいの気持ちが必要だと思います。レコーディングは長時間の作業になるので忍耐力も必要ですが、音楽を 作っていくわけですからワクワクしないわけがありません。積み重ねた 作業が終わって作品ができた瞬間は何度味わっても感動ものですよ。みなさんも音響・レコーディングのプロをめざして頑張ってください。
詳しい資料が見たい!
資料請求
音響・レコーディングの業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
 
資料請求 無料進呈中!
 
なれる学科一覧
レコーディングクリエイター科
プロのエンジニアによる直接指導と最新鋭の機材で、明日の音響業界で活躍できるプロを育成します。レコーディング、Pro Tools、MA、ラジオのテクニックを実践的に学ぶ4専攻を設置。
レコーディングクリエイター科
設置校:
蒲田 八王子
コンサート・イベント科
コンサートやイベントに携わるスタッフを養成。コンサートPAコースでは、プロ同様の機材と豊富な実習で、コンサートのサウンドを担うPAスタッフをめざします。
コンサート・イベント科
設置校:
蒲田 八王子
体験してみよう!
オープンキャンパス+体験入学
音響・レコーディングの実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要