その情熱、実現させよう。



フィットネストレーナーのお仕事 健康指導から介護・福祉の領域まで。

フィットネストレーナーのお仕事とは?

活動の場が広がる、健康増進のパートナー。

フィットネストレーナーとは、幅広い年齢層に適切な健康指導を行うプロのこと。フィットネストレーナーの仕事は、スポーツジムやフィットネスクラブに通う人たちに筋力トレーニングや水泳、エアロビクス、ランニング、ウォーキング、ヨガなどを、対象者が希望する運動に合わせメニューを作成、指導します。また、対象者の目的もストレス解消、健康増進、健康維持など、人それぞれ違うので、年齢、体力に合わせた運動による健康指導が必要になってきます。最近では、子どもの体力・運動能力の低下や中高年の肥満などの生活習慣病が社会で取り上げられ、人々の健康に関する意識も高まり、フィットネストレーニングを望む人たちは増えています。また、高齢化社会が進む中、介護の知識を持つフィットネストレーナーの需要は高く、高齢者個々の健康指導に加え、介護を支える家族やスタッフに対してもフィットネス指導が行えるフィットネストレーナーのニーズはさらに高いといえます。フィットネストレーナーは、スポーツを通じ、人々の健康と心をサポートする仕事なのです。

関連職種
フィットネストレーナー、フィットネスケアスタッフ、高齢者向けフィットネスケアスタッフ、医療・福祉機関スタッフ、ホームヘルパー、スポーツクラブ指導員/スタッフ など

フィットネストレーナーのプロになるためには?

フィットネストレーナーのプロになるためには、健康指導が行える能力と、幅広い年齢層の身体をケアできるスキルが必要となります。そのためには、スポーツ系専門学校や大学で、フィットネストレーナーに必要な知識と技術をしっかり身につけるのが理想です。実践的なスキルを身につけるためにも、さまざまな実習が行える学校は有利です。各種スポーツ団体が認定する、スポーツプログラマー(SP)、健康運動実践指導者、障害者スポーツ指導者や介護職員(仮称)などの資格を取得することで、フィットネストレーナーとしての信頼度も増し、民間のフィットネスクラブやスポーツクラブをはじめ、広く活躍することができます。

プロになるための6つの要素

プロからのアドバイス

プロとしての毎日はとても刺激があり、私は一日一日をとても楽しんでいます。まず自分が仕事を楽しんでできなければ、いくら頑張って指導しても相手に本意は伝わらないものです。もちろんただ楽しむだけではプロのフィットネストレーナーとしては成り立ちません。プロの指導者としてフィットネスの正しい知識や技術を身につけるのはもちろん、あとは自分自身が磨かれていることが重要です。指導する人が格好良く、 美しくあること。人に憧れられるように内側から身体をつくっていくことが大事ですね。まずは自分を輝かせましょう!

詳しい資料が見たい!

資料請求

フィットネストレーナーの業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)

資料請求 無料進呈中!

なれる学科一覧

スポーツ健康学科三年制 スポーツ健康学科

各種スポーツ指導のノウハウや、スタジオプログラムに関する知識・技術、中高老年の健康指導、要介護予防運動指導 要介護予防運動指導などについて幅広く学習。またウェアラブルデバイスなど、ICT技術やサービスを用いた最新のフィットネスプログラムを実践。ICT時代にマッチしたスポーツ・健康サービスを提供できる人材を育成します。

スポーツ健康学科三年制
スポーツ健康学科

設置校:
八王子

体験してみよう!

オープンキャンパス+体験入学

フィットネストレーナーの実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要