その情熱、実現させよう。



テニスのお仕事 プレイヤー・コーチとしてテニスの世界で活躍。

テニスのお仕事とは?

テニスに対する情熱を持ち続けられることが大切。
テニスの仕事には、プロテニス選手はもちろん、テニスコーチやマネジメントスタッフ、テニス用品メーカースタッフなどがあげられます。テニス選手は、ウィンブルドンをはじめとする世界4大大会など、さまざまな海外・国内大会でシングルス、ダブルスの選手として活躍するテニスのプロ。テニスコーチは、プロテニス選手からアマチュアのテニスクラブの会員まで幅広い人を対象に、各個人のテニス経験に合わせたテニス指導を行います。また、指導対象者それぞれに合った練習プログラム作成などもテニスコーチの仕事です。求められるスキルも、テニスの実力だけでなく、説明する力や、テニス用具などに関する幅広い知識も必要です。テニススクールに通う生徒が上達する様子を目の当たりにできる達成感は、大きなやりがいでしょう。また、テニスクラブやテニススクールのマネジメントスタッフは、テニスの知識に加え運営に関わるためのビジネス能力も求められます。経験と実績を積めば、テニススクールの独立経営も夢ではありません。いずれも、テニスに対する情熱がテニス業界を活性化するパワーになる仕事です。
関連職種
テニスプレイヤー、テニスコーチ、テニスクラブのマネジメントスタッフ、スポーツショップスタッフ、テニス用品メーカースタッフ、スポーツクラブなどのテニスコーチ、一般企業のマネジメントスタッフ など

テニスのプロになるためには?

テニスのプロになるためには、スポーツ系専門学校や大学あるいはテニススクールなどに通ってテニスの技術を学びましょう。テニス選手をめざすのであれば、テニステクニックに磨きをかけ、体力を強化するために、日々の練習は欠かせません。テニスコーチなら、コーチングの知識・技術を習得するとともに、テニス教師・テニス指導員などの資格取得をめざしましょう。テニス専門の養成校なら、豊富な経験を積んだプロから直接指導を受けることができ、テニスの技術だけでなく戦術面の知識、マネジメントも学べます。さらに、テニス環境がしっかりと整備されているので、存分にテニスに打ち込むことができます。
プロになるための4つの要素
プロからのアドバイス
坂井 利郎さん (財)日本テニス協会常務理事
日本工学院 テニスコースアドバイザー・監督
選手には技術はもちろん、マナーとファイティングスピリッツを学んでほしいと思います。人の話に耳を傾けるということは選手としてとても大切なことです。強い選手というのは自分自身に勝てる強い精神力を持った選手ですから。また、強ければいい指導者になれるというものでもありません。表情や身だしなみに気を遣うなど、指導者には指導者のマナーというものがありますし、サービス精神も必要になってきます。私がテニスからいろいろなことを学んだように、皆さんも今後、テニスからたくさんのことを学んでほしいと思います。
詳しい資料が見たい!
資料請求
テニスの業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
 
資料請求 無料進呈中!
 
なれる学科一覧
スポーツ・健康学科 テニスコース
現役のトップテニスプレイヤーと一流のコーチ陣が、テニススキル、コーチング力、マネジメント力の強化をめざし徹底指導。テニス業界のプロを育成します。
スポーツ健康学科
テニスコース
設置校:
八王子
体験してみよう!
オープンキャンパス+体験入学
テニスの実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要